お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
178位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
マルティンスターク16(牡)
アディクディド16(牝)
エポキシ16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
ゴレアーダ5戦0勝
レクセル6戦0勝
ウルトラブレント16(募集取下)
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

ディアデルレイが福島民友カップを快勝

ディアデルレイ01
写真はキャロットクラブHPから転載



ディアデルレイが、約1年ぶりに勝利してくれました。
ベテランの域に達して、ローカルでは仕事人のイメージのある勝浦騎手を背にして、後続に2馬身放しての勝利。

砂を被らず、気分よく走らせればまだまだ戦えると確認出来たことは収穫です。

『調教師も良い頃にくらべると・・・』

というコメントでしたが、師のいう良い頃と言うのはいつなのか?
・・・という軽い疑問は残ります(笑)


前回の大敗があったので、今回のレースには一抹の不安があったのは紛れも無い事実で、
師も僕も不安であったろうと思います。


この後のレースが、中山ダ1800だと師走ステークス、阪神ダ1800だとべテルギウスステークスしか有りません。


年明けのポルックスステークス、はたまた東海ステークスまで待つか、この後のレースが楽しみです。



※恐らく、今回大敗していたら引退も検討されていた可能性が高いので、ひとまずホッとしています。





スポンサーサイト
  1. 2017/11/21(火) 11:13:23|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラブレンド16の募集取り下げ

ウルトラブレンドの16の2

ウルトラブレンド16の予後不良の通知が届いたのは、11月16日水曜日の16時半ごろでした。
そして、数時間後には、シルクのマイベージからウルトラブレンド16が消えました・・・。


咽頭虚脱という珍しい疾患を患い、予後不良となりました。


2歳になる前の出来事の為、募集取り下げという事になりました。



期待の大きかったお馬さんだっただけに残念で仕方がありません。
ロードカナロア産駒の出資も、今回は出来なかったことになりました。


短い命でしたが、ウルトラブレンド16の冥福を祈ってやみません。

  1. 2017/11/18(土) 07:44:26|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛馬がG1にでるという事

返し馬


愛馬がG1に出るという事に、誇らしく感じない訳がない。
天皇賞という大舞台に、シュタルケという騎手を鞍上に愛馬が出走する。

騎手云々は、決まった事なので仕方がない。外国人騎手のハードルが上がった為、なかなか手配が出来なかったのだ。

シュタルケ騎手は、第3の騎手的存在で、阪神開催と中山開催では無類の強さを発揮しているが、東京競馬場ではあまり騎乗経験がないがあまり奮った戦績はない。

昨年の天皇賞もサトノノブレスに騎乗をして10着と振るわない。


まあ、そんな事はもうよろしい、来年も現役で無い場合は、国内で走らせるのはこれが最後になるだろうから、全力で応援します。

暮れはおそらく香港。

モレイラになるか、ムーアになるか、はたまたデムルメになるか解りませんが、香港であれば、変な騎手の手配はないはず。
しかし、応援には行けない。


もう、この天皇賞でのネオリアリズムを全力で応援するしかない。



イメージとしては、ダイワメジャーのようなレースをして欲しい。



土曜日にグッズを買っておいて、 日曜日は全力で応援します。





ヘタルケなんて言われているけれど、ドイツの名手であると信じている。


ネオリアリズムを頼みます!!






  1. 2017/10/23(月) 22:24:29|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリューヴァイン16着惨敗

グリューヴァイン


グリューヴァイン号が飛翼特別に出走して16着という惨敗となってしまった。
クラブのコメントから最終的な判断を言っている辺り、おそらく6歳の3月を待たずして引退という事になるのだろう。

願わくば、繁殖入りして欲しい。
何だかんだと言っても、3勝を挙げている訳ですし、地方に行っても賞金があるだけに厳しいと思います。


マルティンスタークからの血脈を残して欲しい。

先だって引退したマルムーティエは高知競馬に行ってしまったし、その下3頭は全て牡馬なので、
何とか、・・・何とか繁殖にしていただけないか?



今、引退したら種付けまでに余裕もできるので、丁度良いお嫁入りの時期のような気がします。


さて、どうなジャッジがくだされるか・・・来週待ちたいと思います。

  1. 2017/10/21(土) 21:53:02|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キングスバリューは優勝、モルジアナは復活の兆しありの3着

キングスヴァリュー
写真はシルクさんのHPから転載


先週の土曜日、愛馬キングスバリューが見事に2歳未勝利戦を優勝しました。
メサルティムに続き、この世代2頭目の勝ちあがりです。

ひとつ前の世代が全滅してしまったので、まずはホッとしました。
父はキングカメハメハで、僕が一口馬主を始める理由のひとつがキングカメハメハ産駒に出資したいという事だったので、思い切って出資した経緯があるお馬さんです。

渋った馬場も、問題なく伸びてくれてよかった。
そして、良馬場の時に連発していた上がりが33秒台や32秒台のレースにならなかったのは良い事だと思います。
・・・といっても34.0秒というギリギリでしたが・・・(笑)

この後は、いったん放牧に出して、リフレッシュされています。






日曜日は、モルジアナが京都のダート1200mの藤森ステークスに出走しました。
今回は、じっくり脚を溜めて最後の直線に賭けるレースを、レース前から調教師と騎手の間で話しあっていたようです。

そして、後方2番手で外を廻すレース。

直線に向いた所で最後方になったものの、そこから物凄い脚で3着。
あと、もう少しで纏めて交わしたんじゃないかっていうくらいの豪快な末脚でした。


脚抜きが良い不良馬場とはいえ、上がりが34.8秒という異次元の脚。
ピッチ走法かつ、脚の回転が早い怪我前のモルジアナの走りそのものでした。



次走は、いったん休養して得意の中山競馬場との事。


現役生活もあと半年となっているので、勝ってOP馬として繁殖入りして欲しいとおもっています。



  1. 2017/10/21(土) 08:19:09|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト