FC2ブログ
         

お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブとシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければもんぺが描いている事を明記してくれるまたは、コメント・メールでひとこと報告いただければ2次使用を許可しています。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただいたことがあります。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
56位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブとシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければもんぺが描いている事を明記してくれるまたは、コメント・メールでひとこと報告いただければ2次使用を許可しています。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただいたことがあります。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

出資馬

2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
2015年出資馬
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
シハーブ(牡)
ウィクトーリア(牝)
エンクレーバー(牡)
アディクション(牝)
プラネットエー(牝)
2018年出資馬
リグージェ(牡)
2019年出資馬
シルクユニバーサル18(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝(ドンフォルテスの母)
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
ゴレアーダ5戦0勝
レクセル6戦0勝
ウルトラブレント16(募集取下)
グリューヴァイン23戦3勝
モルジアナ17戦4勝
レッドレイヴン28戦6勝
ブライトエンブレム14戦2勝
札幌2歳S優勝(G3)
ゼーヴィント13戦4勝
ラジオNIKKI賞優勝(G3)
七夕賞優勝(G3)
ネオリアリズム22戦8勝
札幌記念(G2)
中山記念(G2)
クイーンエリザベス2世C(香港・G1)
アドヴェントス13戦3勝
※中央所属のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

アンカツ風邪で明日の騎乗お休み僕もお休み。

今日は、俄然期待していたキタサンガイセンというお馬さんの応援の為、ウインズへ自転車で出陣。

給料前ので、先週アンカツのアドマイヤオーラと撃沈した、
オイラの薄っぺらのサイフに幸あれー!!

と、キタサンガイセンの単複をしこたま買う。

不安は、菊ちゃんという鞍上のみ!

今日は中京の10Rがオイラのメインレース。

隣の馬が暴れて、タイミングがつかめないままスタート。
後方からの競馬になる。

4コーナー曲がったときはコース取りが上手くいかず、
チグハグな競馬に・・・。


「キクちゃーん!!しっかりぃ!!」


キタサンガイセンは、懸命に走る。


ゴール前きっちり差し切って1着ゴール。

少しだけ潤った。


明日は騎乗機会3回連続2着を確保しているアンカツを2着にして、
少し買おうと思っていたのですが・・・

風邪でお休みになりました。


それを受けてオイラもお休み。
  1. 2009/01/10(土) 21:29:36|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年明けから憤りを隠せない裁定・・・

競馬というものを仕事にしていれば、
あれほどの不見識かつ、人の心の機微が解からなくなるのだろうか?

ダイワスカーレットとウオッカ。

2008年度の競馬はこの2頭によって回り、
盛り上がったのは間違いないではないか。

4歳牡馬優秀馬スクリーンヒーロー。
3歳牡馬優秀馬ディープスカイ。

年度代表馬がウオッカになる事はなんら問題ない。
実際2cm差でダイワスカーレットに勝ったのだからね。
それにG1を2勝文句のつけようがない。

が、何故に7人の裁定員の内、3人がダイワスカーレットに特別賞を贈る事に反対をしたのであろう?

以下が反対した3人の言い訳。

(1)年度代表馬の得票が3分の1に達していない 
(2)年間通しての活躍がない 
(3)特別賞を出さないことによって逆に記憶に残る部分がある

意味が解からない。(1)については、たった1頭しか書けないのだ。
79票差があろうと、真の意味では僅差というのが何故解からない?
(2)とはなんだ?年間を通しての活躍だ?競走馬をなんだと思っているんだ?春の大阪杯を本当に見たのか?メイショウサムソン、エイシンデュピティ、ドリパス、アサクサキングスを完封して、天皇賞では、ディープスカイに勝ち、有馬ではスクリーンヒーローに完封しているのに、そのような戯言が信じられない。37年ぶりの牝馬の有馬記念の重みはそんなちんけな言いがかりをつけられるものなのか?
(3)については言葉の意味すら不明だ。
人間の記憶は、記録があるからこそ残るのだ。
ああ、オレは一生忘れないだろう。
しかし、多くの人は忘れる。これは断言する。
特別賞なんてなくしてしまえば良い。


オレは、ファンを無視した競馬記者だけで決められる制度にも疑問だ。
うがった観方をしたら、松田国英さんと競馬記者の有馬の記者会見での因縁が尾を引いたとしか思えない。
もっと、公正な裁定を望みたい。


オレはこの裁定をした競馬記者が信じられない。
  1. 2009/01/08(木) 20:34:54|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年を振り返って(競馬編)

2008年の競馬を振り返ってみる。

愛馬回顧
今年は、マルティンスターク中心の1年。春はアルメリア賞を3着した後、骨折。夏に復帰して2戦足踏みするも、その後は2連勝!
堀川特別を勝った時は本当に感動すら思いました。
また、今年最後の出走のゴールデンブーツでは、抽選なのに夢の安藤勝巳とコンビを組みました。
最後の直線の追込は、最後は坂で止まったものの、1600万下、オープンに行っても通用する末脚を繰り出してくれました。(結果は4着)
現況は放牧中。


インディゴライトは、デビューこそ出来ましたが、ダート2戦は惨敗。
新潟の初芝で、着差程の負けではないレースをして、最後はスーパー未勝利で三浦くんがのってクビ差の4着。実に惜しいレース。
この馬は地方に転戦し、旭川競馬で1勝し、門別で2回惨敗、水沢で2着2回で、規定により中央復帰が叶いそうです。


アーリーレナは未出走引退。セレスチャルローブは、最後にDホワイトが乗ってくれたけれど、残念ながら未勝利引退。


色々あったけど、充分楽しみました。


アンカツ回顧
アドマイヤモナークで日経新春杯で初重賞を奪取し、その後、アドマイヤキッス、アドマイヤオーラでポンポンポンと重賞を取ったが、キッスが急遽し、ダイワスカーレットが大阪杯後勝利後故障してからしばらく精細を欠く。
運にも見放され、夏の北海道では尽く重賞に出られなかった。
除外や、故障が続いたのは本当に寂しかった。
ユビキタスはユニコーンSで快勝したもののその後、喉鳴りにななったぽい・・・
そんな中での、藤沢和雄との急接近は本当にうれしかった。
サトノコクオー、プラテアード、マチカネニホンバレ、カジノドライブ藤沢厩舎のダート4天王全てに手綱を取った。
いずれかの馬でドバイに行くのだろうと思っていたが、ダイワスカーレットがドバイに行くと白紙かな・・・。

ただ、アンカツが劇的に復活する。そう、『ブエナビスタ』という超一級の牝馬が来た事だ。
抽選という最大の障害を飛越した時、その視界は大きく広がった。
その週のアンカツは冴え渡っていた。
土曜日にマコトスパルビエロで快勝すると、次の日は乗り変わりで手綱を取ったコレデイイノダ(ブービー人気)勝利に導き、大穴を演出。
そして迎えた阪神JFで、ヤマカツリリーで果たせなかったこのレースで勝利!最後の直線は他馬を問題にしない圧勝。

もうこうなると、アンカツは留まる事を知らない。
今年最後の日の有馬記念は最高だった。
詳細は、またダイワスカーレット回顧で記載します。


今年はプライベートは最低でしたが、競馬は楽しみました。
来年もよろしくお願いします。


ダイワスカーレット回顧
今年はたった3戦しかしませんでしたが、その内容は圧巻です。
当初はフェブラリーSからドバイワールドCを目指すというアグレッシブなプランがあったが、怪我でフェブラリーSを回避して白紙に。
その後のレースで選んだのは、産経大阪杯。
相手が物凄い。
メイショウサムソン、アサクサキングス、エイシンデュピティ、ドリームパスポート、ヴィクトリー、インティライミといった、当時最高水準の相手に逃げ切りをかましたのだ!
しかも、スタミナ豊富な菊花賞馬アサクサキングスの執拗なマークと、それが力尽きたら同タイプのエイシンデュピティが襲い掛かるも、それを振り切って優勝。
化物だ…。
正直、ヴィクトリアに向かうのが惜しいとさえ思った。
しかし、ヴィクトリアは愚か、骨瘤で春は全休。

復帰は、天皇賞になる。
今までで、最悪。

そうアンカツが呟く程凄い入れ込みと発汗だった。
一方、ライバルのウオッカは今まで見た中でもっとも充実し、
スケールの大きさを伺わせる。
最強の出来。

しかし、信じられないような粘り腰を発揮して2センチ差の2着。
しかも、アンカツは最後は追って無かった。
これが、後の有馬記念の圧勝に繋がったと信じている。

オレは、あのレースでまたアンカツが絶妙な匙加減で、
ダイワスカーレットを教育したと思っている。
最後の最後で追わなかったのは、大阪杯のようにならないように
気を使った為、そして無理に走るのではく、馬の走る事に対する
モチベーションを維持する為に敢えてゴール手前で追うのを止めるのだと思う。
アンカツが乗った馬で、後に乗り替わりで激走する馬がいるのは、
アンカツの教育の賜物だ。


そして、有馬記念は文句なく圧倒。
挑んでくる歴戦の猛者を尽く退けた最強の逃げ。
最強馬の誕生だ。


すばらしいお馬さんだ。




最後に、大晦日に大井競馬場に行って来た。
中野から自転車で(笑)
最後に地方競馬で万馬券を当てる事が出来ました。
うれしかった・・・。



今年はプライベートは最低でしたが、競馬は楽しみました。
来年もよろしくお願いします。
  1. 2008/12/31(水) 07:37:21|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

12/13のキンカメとアンカツ

最近土曜日しか競馬の更新をしていないのですが・・・
気を取り直して更新しようと思います。
アンカツのユキチャンの2着は惜しかった。
アタマ差!
明日のブエナビスタでは圧勝を願います。
雨さえ持ってくれれば良いのですが・・・。
今週は思わず自転車をリニューアルしたので、あまり手を出せないのが辛いところですが、なかなか面白いメンバーが揃ったと思います。


さて、まずはキンカメ産駒から、土曜日は阪神しか出走しないんですねー。

1R 
サラ系2歳 未勝利 牝[指定] 馬齢 1200m ダート・右
トウカイミステリー  武 幸四郎
クイーンバイオ  池添 謙一

いきなり2頭出走。トウカイミステリーは前走は2番人気に支持されるも、中団からそのまま中団でレースを終える。クイーンバイオは全く見せ場もなく終了。どちらかと言えばトウカイミステリーに一変があるかもしれません。クイーンバイオはダート替わりでどうかな。池添が続戦しているので、希望はあるのかな。


3R
サラ系2歳 未勝利 (混合)[指定] 馬齢 1600m 芝・右 外
サンライズスカイ  角田 晃一
トウショウデザイア 池添 謙一
サイキョウアサカゼ ☆浜中 俊
ブライダルベール 岩田 康誠
 
なんとこのレースは4頭出し、今度はなかなかの好素材が揃った感じで人気も手頃。なんとかここで1勝が欲しいところだ。


5R
サラ系2歳 新馬 (混合)[指定] 馬齢 1200m 芝・右
チケットチャンス  松岡 正海

調教ではイマイチの動き、距離も短い気もする。キンカメ産駒は1回使ったあと成長するからこの馬も次戦からが買いかも知れません。



では次にアンカツ。日曜日に阪神ジュベナイルにブエナビスタで出走。恐らく1番人気。未勝利を勝ったばかりの馬が圧倒的1番人気というのは笑わせてくれる。
しかしアンカツならやってくれるハズだ。強敵はディグラーティアにイナズマアマリリス。
この2頭は強い。さてどうなるか・・・お手並み拝見!


2R 2歳未勝利 ダート1400m 
ガッチリガッチリ

ようやく成績が安定してきたお馬さん。
後方からの競馬なので、距離延長はいいでしょう。
ただ先行馬に力のあるお馬さんがいるのでどうか・・・。


3R 2歳未勝利 芝1600m 
ダノンロゼ

メンバーはたいした事ないが、キンカメ産駒が沢山出走なので、
複雑な心境だ(笑)


7R 3歳以上500万 ダート1400m 
ラインステッチ

最近懇意にさせて頂いている、藤沢和さんところのお馬さん。
本当にありがたいが、この馬は本当に微妙な走りをするお馬さんで、
どうにかしてあげて欲しい。


9R 境港特別 芝2200m 
ハギノジョイフル

しばらく三浦くんが手綱をとっていましたが、戻ってきました。
どうにかこうにか1000万下でもメドを立てて欲しいです。


10R 元町S 芝2000m 
シルバーブレイズ

流石にスマートギアには負けるとは思うが、どうしても実力以上に人気になってしまうお馬さん。
頑張って欲しい。


11R ベテルギウスS ダート2000m 
マコトスパルビエロ

昨年の輝きが戻れば、ここでも戦える逸材のはず。
頑張って欲しい。


12R 3歳以上1000万 ダート1400m 
リーガルスキーム

NHKマイル挑戦から歯車が狂ったお馬さん。キャロットのお馬さんだけに応援はするが・・・。
  1. 2008/12/13(土) 09:00:13|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああ、僕の運気の無さが・・・

約400人のマルティンスタークの出資様の皆様に謝罪しなければ・・・
僕の運気の無さがマルティンの4着という結果になってしまいました。

と、自嘲していまいました。


結果だけみれば、
前走のような惨敗喰らった後だけに、4着でも満足できる自分がいますが、あのもの凄い勢いで飛んで来た脚をみると、ちょっと残念で仕方ありません。
ここで突き抜けていれば、アンカツが続戦もあったかも知れません。
でも、馬場次第ではオープンも見えて来ました。


寒い時期が到来したので、そろそろ放牧してリフレッシュして欲しいですが、今後はどうなんでしょうかね?


アンカツもリーチクラウザンで外に膨らみながらも、化物のような馬の能力で勝ちました。
豊が復帰したら取られてしまうのでしょうかね?
もしそうなら、ブレイクンアウトをアンカツに頂けませんかね?


キンカメ産駒はスガノメダリストが、2勝目を挙げる事が出来、新馬戦でもケイアイドウソジンが勝ち上がって、昨日のオッキオディガットの勝利もあって今週3勝を挙げて好調だったかな。


このニュースだけが今の僕には良いニュースかな・・・。
  1. 2008/12/07(日) 18:46:16|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト