お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
206位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

バルク6着・・・

コスモバルク、出遅れるも追い上げ6着・・・
がんばりました。

しかし、地方の馬に松岡というのは、少し違和感がある。
そんなに松岡に乗らせたいなら、
中央に転厩させればいい。

五十嵐冬樹というジョッキーはいささかクレバーな騎乗をする事で
中央の騎手達には不評の多い男だが、一昨年は優勝、昨年は2着という
素晴らしい騎乗をして来たジョッキーではないか・・・

稲葉厩舎あたりに入れるのであれば諦めもつくのだけれども、
些か酷ではないかと思う。

もうバルクの競走馬生活も長くは無い・・・
最後は冬樹に乗って貰いたい。

無理かな・・・。


  1. 2008/05/19(月) 21:56:05|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カジノドライブの海外重賞勝利!

G2とはいえ、日本調教馬がアメリカのダートの重賞を勝った意義は大きい。
快挙だと思う。

デザーモも、無敗のケンタッキーダービー馬の主戦ジョッキーでなかったら乗り続けたいというようなニュアンスの言葉を残している。

ユーチューブで映像を観たが、圧勝だった。

素晴らしい馬だ。

こうなると、サクセスブロッケンあたりもダービーなどと言わないで、
米国に挑戦して欲しいとさえ思う。

日本のダート馬は、やはり厳しい。

ユニコーンSをもっと格式高く設定して欲しいとも思う。
3歳ダートG1級レースは、盛岡のダービーグランプリが無くなったので、
大井のジャパンダートダービーしかない。
地方では破格の5000万の優勝賞金も、やはり格調からいって中央の芝のG1に及ばない。

やはり、ダートの三歳G1は欲しい。
そして、それに見合うだけの馬が日本でも現れ始めている。
惜しいと思う。
ユニコーンSをもう少し早く行って、勝ち馬はアメリカ3冠レースの遠征費用を負担するとか・・・まあ、非現実的なプランなんですが・・・。

まあ、話は元に戻して、カジノドライブはこのままアメリカ三冠最後のレースに向かい、騎手は武豊を指名しているらしい。
デザーモの馬との戦いが楽しみだ。
  1. 2008/05/14(水) 02:13:42|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョンヘンリーが逝く

アメリカの名馬、ジョンヘンリーが32歳という天寿を全うした。
かの寺山修司が、ジャパンカップ来日の時、
心待ちにした名馬だ。

僕より1歳年上の名馬は、1歳の時去勢されている為、
その子孫はいない。

しかし、その活躍は、9歳時にG1を4勝するなど、
常識の外にいたお馬さん。

アメリカでの殿堂入りをしている。

脱水症状などで、不機嫌生きていたと、
記事をみると面白い。

当時の黒人の一般的な名前から取ったという(一説には、英雄?)
ジョンヘンリーは、同期には1978年の3冠馬で、また20世紀最後の三冠馬だったアファームド、さらに1つ上にも三冠馬シアトルスルーがいて他には、アリダーと米競馬黄金期デビューし、
マイナーな競馬場を主戦とする処から始まり、
6歳で本格化、
アメリカのアイドルホースにまで上り詰めたお馬さん。

83戦39勝、GIは世界記録の16勝で芝、ダート問わず活躍。81、84米国年度代表馬。収得賞金は当時の世界記録約660万ドル(現在のレートで約7億7220円)。

ちなみに、この馬は1100ドル・・・役13万円で買われたお馬さんでした。
  1. 2007/10/10(水) 20:22:52|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安藤勝己桜花賞連覇!!!

第67回桜花賞、
このレースを観て、松田博資調教師の、「プロなんだからギリギリまでまいいんだ。」
という言葉をまず思い出す。
それは、競馬においてシビアな位置取りをするアンカツの乗り方を評した言葉だ。
アンカツは、馬任せ、自然体・・・そういう乗り方を理想とする一方、やはり荒っぽい、勝負の世界で生きてきた男の乗り方を同時に出来る男だ。


かつて、ディープインパクトにプレッシャーを与える為に馬体をぶつけるという事もG1という舞台で行った事もある。


ディープインパクトはそのプレッシャーを跳ね返して栄冠を勝ち取った。


そして今回、
圧倒的な強さを誇るウオッカに対してやりやがった。


審議にもならない絶妙それは、その強敵に1分の隙を与えるに十分だった。


第4コーナーをまわって直線へ・・・、
アンカツは振り返る。
ウオッカは少し離れた左後方に、その無敵の末脚を繰り出そうをした。


「!?」


アンカツはそのウオッカにダイワスカーレットの馬体を寄せにかかる。
当てるような動きではないが、絶妙なタイミングで詰めた。


しかし、四位さんとウオッカには充分な牽制になった。
四位さんのウオッカはその末脚を1度リセットし、横に離れた。
その隙にアンカツとダイワスカーレットは、トップスピードに乗る。
しかし、ウオッカも不世出の牝馬、
すぐダイワスカーレットの取り付く。


しかし、


しかし、


ここが前走(チューリップ賞)とは違った。
ダイワスカーレットは、ここでウオッカを突き放したのだ。


あとは、来週の皐月賞の本命馬の一角のアドマイヤオーラを撃破したパターン。


充分な貯金(差)をつけて押し切るパターン。


いくらか詰め寄られるも、ダイワスカーレットは先頭でゴール版を横切った。


去年よりいくらか早くガッツポーズ。
そして後ろのウオッカを振り返る。


すげえ!
すげえとアンカツ!


四位さんは、「寄られた事は関係ない・・・。」
そう言ったが、僕はそう思わない。
勝負師・アンカツのエゲツ無い騎乗の術中に嵌ったのだ。


しかし、やはり言おう。
「プロなんだからギリギリまでまいいんだ。」
綺麗に乗って勝つ。


それは確かに理想なのだけど、
これは勝負の世界である。


ボクサーに避けずに殴り合えと言えるか?


否だ。


当てに行くと思わせる。
それだけでは、全く何の問題も無い。


ちなみに、横から当たるのは反則でも何でも無い。


勝負の世界は厳しい。
アンカツの騎乗はやはり正しいのだ。
魂がこもっていた。

感動したよ。


※あと武のアストンマーチャン。ありがとう君は僕に教えてくれたよ。
桜花賞はスピードで勝てるレースでは無い事を・・・。
思えば、数年前乗ったアンカツのムーブオブサンデーも君のように直線で垂れたよ。ありがとう、もう間違えない。







  1. 2007/04/08(日) 23:05:42|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラフランコ・デットーリ

20061123004228.jpg

上の写真は東スポ杯ヴェルトマイスターとデットーリ。


神が、今年ノリにノッている女傑に跨り、JCへ参戦する。
ウィジャボート。
去年は骨折明けで、調教がてらのJC参戦だった。
しかし5着とふんばり、次走の香港Cでは2着のシックスセンスを大きく離し、
快勝している。
今年は去年とは出来そのものが違う。
オーナーのダービー卿も強気の参戦だ。
怖い。
かなり怖い。
ディープ、ハーツ、サムソン日本の3強はこの馬にどう対処するのか・・・
注目だ。
デットーリの騎乗も含めて、侮れないだろう・・・。
  1. 2006/11/23(木) 00:47:43|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト