お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
394位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
218位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

小説・零細馬主の憂鬱・・・「第一話 セレクトセール」

『お台は1000万円、いらっしゃいませんかー。1000まーん、1000まーん』
静内北海道市場セレクトセール。その会場で、まだ30代半ばといった2人の男がコソコソと話し合っていた。
山崎進というIT系の会社を経営する馬主歴3年目の男と、安彦克己というビルオーナー業している男で、初めてセレクトセールにやって来た男だった。
克己は胸のポケットに引っ掛けてあったボールペンを手に取って進をチラリと見る。
進は克己の意図を察する。
「かっちゃん、この馬いくの?」
「う、うん、行くよ。」
今、上々されているのはアドレスサンデーの05という牝馬だった。
アドレスサンデーと今年のデビューが初年度産駒のジャングルポッケが父の産駒だった。
ひとつ上の全兄は昨年の森台グループのセレクトセールで1億円の値をつけた評判馬だった。
「ど、どうやるんだっけ?しんちゃん?」
「バカ、合図の仕方は教えただろ?なんなら自分で値段を提示しても良いんだぜ。・・・つーか、ボールペン握ってもう、やる気マンマンじゃないか。」
進は力む克己の姿を見て苦笑する。
「う、うん。まあね、ちょっと確認しただけだよ。」
『では1000万から始めます。1000まーん1000まーん』
克己は、そっとボールペンを立てる。
『1000万頂きました。1100まーん、1100まーん1100万はいませんかー?』
オークショニアーが克己のサインに反応する。
「うほ、やっちゃったよ。ドキドキだね、しんちゃん。1000万円だって・・・。」
「ばか、これからだよ。父のジャングルポッケは初年度産駒がまだあまりデビューしてないから未知数だけど、母系はしっかりしてるし、半姉のアドレスメガミは重賞の2着だぞ、このまま落とせる訳がねえやろ。」
「そ、そうだね。」
『1100万頂きました。さて1200万いませんか?1200まーん1200まーん、はい1300万、1400万、1550万。』
案の定、今日のセールで特に注目を浴びていたお馬さんであったようだ。次々と声がかかり、セリの値がドンドン上がる。
「あわわわ、どんどん上がって行くよ・・・どうしようしんちゃん・・・。」
克己が進の袖を引っ張る。
「まあ、この馬だけが上々されている訳でもないし、止めるのも手だよ。」
『2000まーん2000まーん2000万円の方いらっしゃいませんか?』
価格はどんどん上がる。
「やめとくかい?」
少し意地悪く進が克己に声をかける。
「ううううう・・・・いや、いくで!」
克己は少し深呼吸をして、
「2100万!」
吹っ切れたようにビットを開始する。
「2200万!」
しかし、あるバイヤーも引く気はないようだ、すぐ切り返して来る。
「2300万!」
「2400万!!」
「2500万!!!」
価格は沸騰する。
「お、おいおい、良いのかい?かっちゃん。予算2500万までしか用意してないんだろ?森台のセレクトセールじゃないんだから余り熱くなっても・・・走るかどうか分からないよ。」
「う、うん、分かっているよ・・・これで決まれば良いのだけれども・・・。」
克己は苦い顔を進に向ける。
「2600万!」
克己がうなだれる。完全に予算オーバーだ。しかし、克己はすぐ顔を上げてもうひと声を絞り出す。
「2700万!」
「お、おい!?」
心配そうに山崎は克己をみる。
「だ、大丈夫だよしんちゃん、200万くらいなら都合がつくよ。」
それなら良いけど・・・と山崎は引き下がる。
「2800万!!」
「かっちゃん・・・。」
心配そうに山崎は克己をみる。しかし克己もこれ以上は行けない。大丈夫、解かっているよと進に呟きボールペンを膝の上に置いた。
『2900まーん2900まーん、いかがですかー?宜しいですかー?』
オークショニアーが克己を見る。克己は、諦めたように首を振って下りる合図をする。
『ございませんね?』
パン!
『では2800万円。東京都の伊達様。ありがとうございました!』
ハンマーが下ろされた。
進と克己の肩の力が抜ける。
「かっちゃん、びっくりしたよ。どこまで引っ張るのかね・・・、オレのせいで破産なんて嫌だからね?」
進が馬を持ちたいという克己を連れてこの静内セレクトセールに連れてきた張本人だった。
「ははは、解かっているよ。でも、悔しいなー、あのお馬さん、気にいっていたのにな・・・。」
克己が落とせなっかったお馬さんは、ドールホビーと名づけられ、後に阪神JFとオークスを勝つ名牝となるお馬さんであったが、この時点では知るよしも無かった。



数時間後・・・・


「しんちゃん、やったね?!」
進は、ブルーライターの05を1800万円。クジラハゴロモの05を1600万円でセリ落としていた。
「うん、後は走るかどうかだね。でも、かっちゃんも1000万でノンステップラブの05落としてたじゃない。落とした時興奮したでしょ?」
「うん!・・・でも、700万くらいで止めるべきだったかな?ちょっと熱くなりやすいみたい。やっちゃった感があるよ。」
克己は苦笑する。
「はははは、まあまあ、ホワイトバブルって勝ち上がり率も良いし、案外良い買い物だったかもよ。さて、初めての馬も買えたし、どうする、もう帰る?」
そうだね・・・と克己が言いかけた時、
『次は、ラテルネコの05・・・父シンボリクリスエックス・・・お台は500万からです。500まーん、500まーん・・・。』
と、ラテルネコの05という小柄な牝馬が上々されセリが始まった。
ラテルネコ・・・たしかアドレスコンドルとかキャラメルアート・・・それにトップイズツヨシとか兎に角、仔出しが良い馬だったな・・・。
克己はカタログの血統表にみる。
「しんちゃん・・・もう少し良いかな?ちょっと・・・参加したいんだ。」
克己はボールペンを握る。
「了解」
腰を上げた2人は再び腰を下ろした。
そして克己はすっとボールペンを持つ手を上げる。
『500万頂きました・・・600まーん600まーん』
「600万!」
すかさずビットする男が現われた。
「あ、あいつ・・・。」
それは、アドレスサンデーの05をセリ落とした伊達という男だった。
「あ、あんにゃろー。700万!!」
伊達もちらりと克己を見る。
「800万」
「1000万!!」
伊達はもう1度克己をみる。
「1100万」
「1400万!!」
伊達は肩をすくめて、隣の男と話しを始める。
よし、よし諦めろ!
克己は心から願う。
『1500まーん1500まーん。いませんか?よろしいですか?』
オークショナーは伊達を見るが、伊達は隣の男を話しを続けている。
そのまま降りてくれい!
伊達は、オークショナーを見て首を振った。
克己の勝ちだ。
『では、1400万。東京都安彦様、ありがとうございました。』
「よっしゃー!!」
克己は進と握手をする。
「リベンジおめでとう」
「ありがとう」
「ようこそ馬主の世界へ」
克己は力強く頷く。
山崎と克己は1歳馬を2頭つづ購入した。
「しんちゃん、これで馬主の資格取れなかったらどうしよう?」
「まあ、そんときは地方競馬しかないわな(笑)」
「ちぇ、大丈夫だよ・・・くらい言ってよな。」
進と克己は満面に笑みを浮かべた。
 

第2話へ続く・・・(不定期連載です)




この物語はもちろんフィクションです。









スポンサーサイト
  1. 2009/10/08(木) 00:25:44|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<グッドゲーム08!! | ホーム | オディール>>

コメント

こんばんは♪ よしお です。
つまり、これは、かっちゃんがマニアック王になるまでの
物語ということなんでしょうか。

お前のアレと一緒にすなっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

どんな展開になるのか楽しみに待つこととします。
アドマイヤヨシオ号は出てくるのかな?(ドキドキ)

出てこねぇよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
  1. 2009/10/12(月) 00:11:17 |
  2. URL |
  3. よしお #BXLmtraE
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

よしおさん!

読んで頂きありがとうございます、
不定期にひっそりと連載していくつもりです。
かっちゃんとしんちゃんの悲喜こもごもなお話になる予定なんですが・・・

いやー、このお話にコメントを入れて戴けるなんて・・・

アドレス軍団の総帥はよっちゃんで良いですか?(笑)
  1. 2009/10/15(木) 00:37:28 |
  2. URL |
  3. monnpe #-
  4. [ 編集]

ちょっと、誤字とセリフのミスがあった為修正しました(笑)
  1. 2009/10/15(木) 01:13:36 |
  2. URL |
  3. もんぺ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/670-250b56b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト