お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
206位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

夢を叶えて

20060416211522
騎手生活22年。
男のキャリアである。男は裏方の仕事が多く、滅多に華やかな舞台に立つ機会に巡り合わなかった。
決して下手ではない、調教などはとても上手いと評されていた。
しかし、男にはなかなかチャンスが与えられなかった。
2006年皐月賞…
男にチャンスが巡って来た。
男が相棒と掴み取ったチャンスだ。
デビューからずっとコンビを組んで来た相棒。
男はこの馬の能力が百パーセント出せるように調教、そしてレースをして来た。
そして、男の相棒はそれに応えるように一戦事に着実に力をつけていく。
メイショウサムソン。オペラハウス産駒で、テイエムオペラオーに続くG1奪取を、テイエムオペラオーと同じ皐月賞を目指して、
偉大な先輩の後を追うように、この舞台に立つ。
男の今年の勝利は3つ。
その内の2つがこの相棒とのものだった。
経験のない大舞台だったが、
相棒との信頼関係は絶大だった。
スタートから6番手で上手く折り合う。
まって・・・
まって・・・
まって・・・
最後の直線・・・
男は満を期して負う。
そして、逃げるフサイチリシャールを交す。
中山の坂がとてつもなく高く感じる。
後ろから1頭近づいてくる。
怖い。
無我夢中で追う。
相棒の勝負根性に火が点く。
そして、そのまま栄光のゴール・・・。
振り返ると、これまた裏方の仕事が多い、若者が手綱を握っていた。
すまん・・・
でも最高!
男は今年4勝目を挙げた。
なんと、4勝のうち3つが重賞で、すべてがメインレースだった。
石橋守・・・。
男はしっかりと表舞台に居た。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 21:15:22|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ある競馬に携わる男達の戦い | ホーム | 輝け一等星!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/55-b26e3330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト