お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
163位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
マルティンスターク16(牡)
アディクディド16(牝)
エポキシ16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
ゴレアーダ5戦0勝
レクセル6戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

さあ、スカーレットよ!!

まず信じる事から始める。

ギャンブルとしては接するなら絶対にしてはならないのが、
熱くなる事。

冷静な分析と、静かなる度胸が、
ギャンブルに克つ事が出来るただひとつの手法であり作法。

競馬にいたっては、まずは前走のレースを何度も見る事が、
受験生における過去問を解くように一番大事なところ。
その行為が、新聞というデータ以外には出る事のない大事な感覚を培う。

だが、人というのは残念ながら、
覚悟というものがあり、矜持というものがある。

まず今回勝つのは10中8、9はウオッカ。

そして2、1はディープスカイ。

何故なら、あのナリタブライアンもトウカイテイオーも故障明けの天皇賞では良い所なく馬群に沈んだからだ。

そもそも、ウオッカの毎日王冠は負けるべくして負けたとみている。
スーパーホーネットに力負けしたのでない。
最後の50m、武が無理させなかったんだ。
だからこそ、スーパーホーネットはマイルCSに回って天皇賞には参加しなかったと見ています。


またディープスカイは距離の壁が顕著にあるようだ。
神戸新聞杯であまり伸びなかったのは、その為だろう。
距離短縮の今回は充分勝負になると思う。


まず勝つのはこの2頭のうちどちらかだ。


相手は、ドリームジャーニー、カンパニー、アドマイヤフジにモナーク。ポップロックにタスカータソルテ、トーセンキャプテンまで押さえればまず外さない。


だが、


だがそれでも、


ダイワスカーレットで勝負をする。


大阪杯で確信した。
2000mでは無敵だと。


1円にもならない僕の内なる心が熱く語りかけてくる。
幻聴かもしれない。


随分と弱気な文章だと思う。


明日は少なくともギャンブラーではない。

一、ファンとして早朝から府中へ繰り出します。


ひさしぶりにドキドキして寝れませぬ(笑)
スポンサーサイト
  1. 2008/11/02(日) 00:28:52|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2cmの攻防 | ホーム | 天皇賞>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/528-d89fc102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト