お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
206位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

愚者のひとりごと

夢競馬のコピー

 今日は、だらだらと日本ダービーについて独り言を呟きます。 

 
 ドゥラメンテが第82回東京優駿(日本ダービー)を優勝しました。
 2着には、サトノラーゼン。3着にはサトノクラウン。


 とても素晴らしいレースだったと思います。


 ドゥラメンテの父はキングカメハメハ。2004年の日本ダービー馬で、ちょうど本格的に競馬を始めた頃のダービー馬でした。
 母は、アドマイヤグルーヴ。この馬も、2004年のエリザベス女王杯を昨年に続き勝っていて、良く覚えています。


 キングカメハメハは僕の特に好きなお馬さんで、その産駒を応援していました。
  

 キングカメハメハの産駒は、すぐにディープインパクトが種牡馬になった為、クラシックで勝ち負けできるお馬さんはなかなか出てきませんでした。
 また、ディープデビューする前にデビューした初年度産駒のフィフスペトル。セカンド世代のローズキングダムやルーラーシップにしても、遂にはクラシックを勝つ事は出来ませんでした。

 もちろん、ロードカナロアやアパパネ、ホッコータルマエなど素晴らしいお馬さんを輩出する一流の種牡馬であったことは間違いありません。ただ、クラシックをとる事が出来るお馬さんが出てくるまで、2007年の初年度産駒から数えて、2013年生れのドゥラメンテが出てくるまで・・・7世代を待たなければなりませんでした。

 でも、ようやく・・・ようやくクラッシクを獲るお馬さんが出てくれました。
 本当に嬉しい。
 どれだけ嬉しいかというと、今日のダービーが終わって、落ちてたゴミを拾ってゴミ箱に捨てるくらい機嫌よくなりました。


 母アドマイヤグルーヴ・・・というか祖母のエアグルーヴは、狂気を持っているお馬さんでその血を引いていることは、皐月賞の斜行でその存在がドゥラメンテも内包している事が露呈していたので、不安はありました。
母は、オークスで入れ込んで自滅して惨敗。叔母のポルトフィーノは騎手を落馬させましたし、叔父のルーラーシップは出遅れが酷かった。
 もろもろの不安はありましたが、結果は皐月賞→ダービーと2冠達成でした。


 
 しかし、2着、3着を獲ったサトノ軍団の里見さんはどういう思いだったでのでしょうか・・・


 少なくとも、社台さんはとして1番理想的なダービーだったのではいかと思います。
 優勝馬は手元のクラブで持ち、2着、3着はお得意様の個人馬主様・・・。セレクトセールに向けて良い材料になったのでないでしょうかと思います。


 それにしても、ダービーの1枠1番は凄い・・・。
 連対率がハンパないですね、今年もまた1番枠の伝説が継続しましたね。


 
 福永騎手、またダービー勝てなかったですね。
 火山の噴火、地震という天変地異があったので、福永騎手が勝つのかと思いしたが・・・
 勝てなかったですね。

 



スポンサーサイト
  1. 2015/06/01(月) 00:02:23|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカンファラオが37年ぶりに米国三冠達成との事。 | ホーム | 第82回日本ダービー観戦記>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/1599-ea892cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト