お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
182位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

血統を溯ってみたら野菜?

 一口馬主を始め、この時期は血統表を凄く眺めます。
例えば、「レッドレイヴン」の血統を眺めていくと、父はSmart Strike(スマートストライク)、その父はMr. Prospector(ミスタープロスペクター)とさかのぼって行きます。
さらに、父系をずっと溯っていけば、サラブレットの3代始祖といわれているEclipse(エクリプス)へたどり着きます。※3代始祖という概念は諸説あり、その先の(Darley Arabian(ダーレーアラビアン)まで溯る説もあります。
日本のお馬さんの父系を溯ると高確率でこのエクリプスに当たります。

 そのエクリプスの仔に、不思議な馬名のお馬さんがいます。
そのお馬さんの名前は、「Pot-8-Os」。

 このお馬さんの名前は何とよむでしょうか?

 結構有名かも知れませんが、競走馬時代は「Potoooooooo」という表記だったそうです。


なぞなぞみたいな名前ですね。
珍名の祖先といっても過言ではないのかもしれません。
このお馬さん、1773年生まれなんですが、日本でいうと江戸時代に小田切さんみたいなイギリスのオーナーさんがいたという事になりますかね?


エクリプスの直仔として、4歳から10歳までで34勝(一説には28勝)をあげ、種牡馬でも大成功を収めます。
特にワキシーから続く系統は今日までにエクリプスの血をつなぎ、サンデーサイレンス系、ミスプロ系など連綿と続いています。




さて、読み方ですが、知っている方はまあ、読み飛ばしてください。
このPotooooooooという名前は、ある野菜を食べたこのお馬さん厩務員が、このお馬さんにある野菜の名前をつけて世話をしていたのですが、その厩務員はその野菜のつづりがわからず(もしかしたら植民地出身の厩務員だったのかも知れませんね)、世話をする桶に「Potoooooooo」とつけて世話をしていて、それを知ったオーナーのアビンドン伯爵が面白がってそのまま馬名登録したらしいんですね。

その野菜の名前は「じゃがいも」つまり、「ポテト」。
「Pot」+「oが8個」で、Potoooooooo(ポテイトーズ)。
血統表では、「Potoooooooo」とは表記せず、「Pot-8-Os」、「Pot」の後に8個の「O」があるという略語になっているようです。


面白いですよね。


スポンサーサイト
  1. 2014/09/23(火) 19:00:18|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レッウォーリアの引退は保留 | ホーム | スーパー未勝利のレッドウォーリアは2着>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/1525-ee9eb00a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト