お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
178位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
マルティンスターク16(牡)
アディクディド16(牝)
エポキシ16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
ゴレアーダ5戦0勝
レクセル6戦0勝
ウルトラブレント16(募集取下)
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

凱旋門賞前の緊張

日本一勢いのある馬と、日本一強い馬が、欧州競馬伝統のレース、
凱旋門賞に出走をする。


京都大賞典でゴールドシップが負けたように、競馬に絶対はない。
それは、今日殆どの競馬ファンが味わった最も新しい記憶だろう。


しかし、今日ほど凱旋門賞にかてるのでは?


と心が浮き立つのは、ディープインパクトが挑んだ凱旋門賞まで遡らなければならない。
結果、勝とうが負けようが失格の運命にあったディープインパクトなのだが、
もし、あのレースで勝っていて、後に取り消されるなんて事になったら前代未聞の出来事だったので、
結果は良かったのだと思う。




さて、今日の凱旋門賞ですが、オルフェーブルとキズナが出走をする。

日本ダービーを勝ち前哨戦を勝ったキズナ。
日本に最も勢いのある馬と言って良いでしょう。
斤量も、3歳という事で軽いのも魅力。


ニエル賞が3番、凱旋門賞が11番枠、3.11キズナなんて言葉も聞こえてきている。(馬番とゲート番号が異なるのはややこしいですね。)


勝つかもしれない・・・






オルフェーブルは怪物である。



今日のゴールドシップにもあるように、ステイゴールドとメジロマックイーンの配合は、びっくりするぐらいの大ポカもあるが、勝つ時は、もうなんというか笑ってしまうくらいあっさり勝ってしまう。



もう、その時のパフォーマンスは、世界を充分に感じる事が出来る勝ちっぷりにで、ため息がでるくらい無敵感を感じる。



勝つかもしれない・・・






ああ、あともう少しでこの結果が解ります。







座して待ちます。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/06(日) 21:53:48|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<凱旋門賞・完敗! | ホーム | ディアデルレイ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/1377-929b0adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト