お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
146位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ゴレアーダ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
マルティンスターク16(牡)
アディクディド16(牝)
エポキシ16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

第80回日本ダービー・・・その5(最終回)

63.jpg






さて、第80回東京優駿・日本ダービーが始まります。

パドックはいつもとは一線の画する華やかな雰囲気に包まれていました。

少し緊張しましたね。

エピファネイアのふじさんや、同じくレッドレイヴンのセワシさんも緊張気味にみていたのでしょうか・・・。
(※レース前に少しお会いして、お話をしました。)

流石にエピファネイアのふじさんは自信に満ち溢れていましたね。






64のコピー



そしてお馬さん達が入場して来ました。

レッドレイヴンも入場して来ました。

ふと、
キャロットクラブの会員としてではなく、東京サラブレットクラブの会員として、このような舞台に立てるとは2年前には考えていませんでしたので、不思議な思いを抱きました。


そして、レッドレイヴンに出資してよかった。

そう、強く思いました。







65のコピー




パドックに出てきたレッドレイヴンは若干調教助手の青木さんに甘えている仕草を見せていましたが、

他の名馬達に比べても遜色のない、素晴らしい馬体を披露していました。






66のコピー





レッドレイヴンが新馬戦を勝った時、2年ぶりの勝利に歓喜しました。

このレース100回以上観たかもしれません(笑)







67のコピー






レッドレイヴンが百日草特別を勝った時、

クラシックを始めて意識しました。










68.jpg





東スポ杯で2着になった時、大外が影響しただけで、
次回はコディーノに勝てるのではないかと思いました。


次回は共同通信杯かスプリングSと思っていました。



しかし、体制が整わず青葉賞から始動し、青葉賞で惨敗・・・。


なので、もう無事に帰ってきてくれれば良い・・・。



そう思いました。








69.jpg






うん、まずは良い感じ。

パドックを周回している時点ではなかなか堂に入った良い雰囲気です。






70.jpg






なんと、この青木助手とレッドレイヴンくんは、第1回ベストターンダウト賞という栄誉を得る事が出来ました。

ベストターンダウト賞は今回から実施された初めての試みですが、、「馬がよくしつけられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬が行われているか」が審査基準だそうです。

海外の大きなレースでは多くの国で採用されている賞だそうです。

自分としては、少し甘えすぎじゃない?

と思っていましたが、人それぞれですね(笑)









71のコピー




パドックには多くの人が詰め寄せています。

それぞれに今日があり、ダービーがあり、僕にはレッドレイヴンとのダービーがあります。









72のコピー





騎手がパドックれ姿を現しました。

内田博幸騎手とレッドレイヴンくんを全力で応援します。


エピファネイアの騎手は・・・本当に少しだけの応援です(笑)






73.jpg






内田騎手は、青葉賞の惨敗を経て、後ろからの競馬をすると公言していました。

僕はそれで良いと思いましたので、もう内田騎手を信じるだけです。







74.jpg





手前では、ロゴタイプのC・デムーロくんと田中剛調教師が話しをしていますね。


ロゴタイプは相当強い馬だと思いますが、M・デムーロが2400mという距離に関しては難色を示していましたね。

その点はどうでしょうかね。









75.jpg





内田騎手がレッドレイヴンくんに騎乗した辺りから、レイヴンくんの気合が入ったのか、

いつもの通り嘶き始めました。








76.jpg






内田騎手が何とか宥めながら周回を回って行きます。


大丈夫でしょうか、レースでかかったりしないでしょうか。







77.jpg





そこはもう、内田騎手を信じるしかありません。







78.jpg






・・・・し、信じます。







79.jpg







馬場入場が始まります。

ここで席に戻ろうとしましたが・・・・



なんという人でしょう。

通路に人が溢れ、なかなか席まで辿りつけません。



返し馬の写真どころではありません!




ああ、間に合ってくれ!






81のコピー






何とは間に合いました・・・。


ホッ。



しかし、物凄い人です。確実に昨年より入っていると思います。






82のコピー






ファンファーレが鳴り、各馬はゲートに入っていきます。

レッドレイヴンは17番枠に入ります。



もっとも入って欲しくなかった枠ですが、決まってしまったものは仕方ありません。








83.jpg





さあ、スタートです。

2:24.3秒のドラマが始まりました。



レイヴンのスタートは悪くありません。







84.jpg






しかし、公言通り、内田さんはレイヴンを後方んも位置につけます。









85.jpg







心配したかかる様子もありません。


パドックであれだけハッスルしていたのに、不思議なもんです。


青葉賞ではかかっていたのですが、きっちり修正できたようです。







86.jpg





後方から腹を括るレースは嫌いではありません。

伊達にアンカツファンを10年していた訳ではありません。


恐らく、典さんファンとアンカツファンにはこういうレースに凄く耐性があると思います(笑)








87.jpg






それにしても、愛馬が日本ダービーを走っている姿を見るのがこんなに感動するのか・・・












88.jpg








もう、頑張れ!

無事に戻って来い!



それだけしか、思えません。








89.jpg









3コーナ前でメイケイベガスターが撒くって行きましたが、動じる事なくまずは、1頭交わします。








90.jpg







さあ、直線に入りました!


内田騎手は内に進路を取り、追い始めます!







91.jpg






一瞬「お!」と思いました。






92.jpg





ここから、前の壁を突き破るか!?



そう、期待を抱かせる一瞬の輝きは確かにありました。



しかし、そこまでの底力を、まだレッドレイヴンは持っていませんせんでした。









結果は11着。

勝ち馬かあ僅か0.6秒でした。








93.jpg






僕とレッドレイヴンの日本ダービーは終わりました。


結果は伴いませんでしが、ここ10年で一番面白かった。


そして感動しました。



また、日本ダービーに出られるお馬さんに出資したい・・・そう思いました。










さて、ここからは勝ったお馬さんをリスペクトして行きます。








94.jpg





と、その前に2着に惜しくも敗れたエピファネイアも頑張りました。

お疲れ様!







95.jpg




さあ、第80回日本ダービー馬の凱旋です。

鞍上はミスター競馬・武豊騎手。

なんと5回目のダービー制覇です。



きっと、2着に敗れた騎手は早く引退してくれないかな・・・

と思っていると思います(笑)







96.jpg







負傷した佐藤哲三騎手から譲り受けた名馬を、名手が栄冠に導きました。







97.jpg








悔しいけど絵になる人馬です。















99.jpg








全盛期は過ぎたと言われた名手ですが、

この大舞台でその存在感を見せつけましたね。








98.jpg








大外から、エピファネイアを差しきったその姿は、

数年前の全盛期に見せていた騎乗そのものでした。








100.jpg






それにしても、ダービーの1番枠ってのはすごいですね。

これは、もう何かあるとしか思えないくらい良い枠ですね。







101.jpg






第80回日本ダービー馬はキズナでした。







102.jpg








第80回日本ダービーのダービージョッキーは、武豊騎手でした。












103.jpg








第80回日本ダービーの勝利調教師は佐々木 晶三師でした。







104.jpg







そして、第80回日本ダービーのダービーオーナーは前田晋二さんでした。






105.jpg






馬券の勝者と敗者、

レースの勝者と敗者・・・










106.jpg






第80回日本ダービーが終わりました。










107.jpg





全てが終わり、

お約束の鳥千のフライドチキンを食べました。








108.jpg





この日の事は一生忘れないと思います。


これは、第80回出走馬の名前がプリントされたTシャツです。

宝物です。













80.jpg






レッドレイヴン号、内田博幸騎手、青木助手、そして藤澤和雄師・・・・


本当に夢をありがとうございました。


レース後。レイヴン君は座石をしてしまったとの事。


ゆっくり療養して、秋には成長した姿を見せて欲しい。





そして、また夢の続きをどうか見せほしい。








長くなりましたが、これで、もんぺの第80回日本ダービー観戦記を終了いたします。





ありがとうございました!!
スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 14:34:30|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レッドウォーリアままならないデビュー | ホーム | 第80回日本ダービー・・・その4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/1337-762ff9f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト