お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
108位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

第62回安田記念・・・最下位と2着

グランプリボス2着



コスモセンサーが絶好のスタートをきり、同厩舎のシルポートの逃げにいきなり待ったをかけそうになったのはちょっとびっくりしましたね。
ただ、お互いを確認したら、コスモセンサーの松岡騎手は、小牧騎手に先頭をすんなり譲りました。
まあ、これは仕方がない事ですね。


そうは行かないと、岩田騎手がリアルインパクトを駆って、シルポートの後ろにつけて簡単には逃がしません。
園田以来のライバル関係はここでも健在のようです。



アンカツのペルーサは普通にスタートを切って、押して押して先団に取り付く。
ここは、「出していく」・・・
と公言していたので、これは公約を果たした事になる。



グランプリボスは、中団のグループの後方で、内側をぴったり走らせ、
直線を待ちます。





直線に入り、リアルインパクトとシルポートが内で激闘を繰り広げ、この2頭が押し切るか?
と思わせる。
アンカツのペルーサは、一瞬伸びかけるけれども、直線では完全に馬が嫌気をだしていて、
JCと同じような形で最下位へ転落していく・・・。


ペルーサは残念なはら心の病を負った模様です。
ちょっと、重症のような気がします。
ダンスインザムードを立ち直らせた厩舎なので、今後の調教に注目をします。



さて、レースに戻ります。



ペルーサとグランプリボスの単複を握り締めていた僕は、ここでペルーサの馬券は紙屑となりました。



と、その時、





ボスが動きました!



ストロングリターンとグランプリボスが馬場の真ん中を切り裂いて、
壮絶な叩き合いをしながら飛び出して来ました。




「ウチパク!ウチパク!!」




僕はあらんかぎりの声を上げて応援しました。





隣から、「この叩きあいは先週見たかった!」
という声が聞こえました。



確かに、ワールドエースと福永騎手とゴールドシップの内田騎手の叩きあいです。




でも、今はそんな事は関係ありません。



「ウチパク!」



単複W的中と複勝のみでは、大きな違いがあります。



ずっと、◎はグランプリボスと公言していました。



ここは勝って欲しい!



「!?」



しかし、だんだんと前に出てきたのは、福永騎手のストロングリターンでした。



「ぷぎゃーーーーーぁ!!」




ゴール直前に少し巻き返しましたが、明らかにグランプリボスは2着でした。



惜しかった。
そして頑張りました!!



複勝の730円もついたので、そこそこ懐は暖かくなりしたので、
まあ、よしとします。



京王杯の負け分も取り返してくれました。




でも、ジワリと悔しさは滲み出て来ますね。


ウチパクもレース後に「押し切らなければならなかった・・・」と発言していました。





ペルーサの最下位の馬券と2着の馬券を握り締め、天を仰ぎ立ちすくんだ、
府中のもんぺでした・・・・。






スポンサーサイト
  1. 2012/06/04(月) 00:02:00|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安田記念 | ホーム | ROUNDERS「屍の上を越えて・・・」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/1105-f8fcd469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト