お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
146位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

武豊

武豊



「糞ガキ達に負けてられるか!…という思いがある。」
武豊が、あるTVの特番でインタビューでいった言葉い意味は大きい。
今の現状に全く納得していない。
そして、頂に立った男の矜持を含んだ重い言葉だと思った。



社台系の馬に乗らなくなった…。
ハブられている。
縁が切れた。





そう取り沙汰されている武豊と社台グループ。
実際、社台グループは完全に外人と福永騎手に良いお馬さんを優先して回しているように思える。
福永騎手は変わったと思うし、成長もしたと思う。
けれど、最強の馬を乗るにはいくらか足りないピースがあるように思えてならない。
僕的には武豊ほど、強い馬を強く勝たせられる騎手はいないと思う。


馬と人は絆は深い程、良い結果が出る。
それは、もんぺに異論はない。



オペラーには和田騎手しか考えられないし、ヒシミラクルには角田騎手。
ダイワスカーレットにはアンカツ…。
そのコンビは最強…というコンビは確かにある。




けれども、そういうお馬さんと騎手との関係は、逆に枷になる時もある。



武豊は、最強の馬に乗るに足る騎手で、そこには欠けることもなく、
足りないピースがない騎手です。



ステイゴールドは、熊沢騎手よりはやっぱり武豊が乗ると強かったし、
メイショウサムソンも石橋守騎手では精神的に限界があったように思えるし、
ウオッカも武豊でなければダイワスカーレットには勝てなかったと思います。




その基盤はやはり、タフな精神だと思います。
どんなに人気になっても、どんな大舞台に立っても、
そこにおける自分の役割を楽しめる稀有な男が武豊という騎手だとおもいます。




それ故に、自分が思い描いたレースを自分主導で実行できるのです。



全身肝っ玉のようなアンカツとは違う意味で、大舞台に力を存分に振舞える人なんだと、
僕は思います。




生産界、オーナー会のトップに君臨する社台グループがこの男手放した…。




でも、



「メイショウ」の松本オーナーはそんな武豊騎手に対して全面的に協力を申し出ている。


「エイシン」の栄進堂や「スズカ」永井さんもバックアップを申し出ている。




未だ彼には、手が差しのべられています。



武豊騎手は個人馬主の星をなろうとしているんじゃないかな。





競馬の将来を考えた結果、社台所有のお馬さんだけが勝つ構図は、
社台自身の将来においても悪影響を及ぼす。


つまり、個人馬主に馬を売っても、有力騎手・有力厩舎は自分が囲い込んでいるっていうのでは、
ちょっとした悪徳商法になってしまいます。





社台はあえて、この騎手を自分の所では使わないと宣言し、個人馬主さんに馬を買ってもらおうとしたのではないかと斜めに観ることも出来ます。





今年の騎乗は往年の光る騎乗をする時があります。




アンカツファンの僕は、いつもこの武豊に警戒をしていました。




この男には気をつけろ。




それが、僕の武豊に対する思いでした。







ダラダラと書いていても仕方がないので、この辺で筆をおきます。




武豊は間違いなく、天賦の才を持つジョッキーです。
好きか嫌いかでいえば、嫌いです。



アンカツファンの僕にはそういうしかありません(笑)




スポンサーサイト
  1. 2012/06/02(土) 00:46:47|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<6/2 1R1点勝負・・・1000円負けたら終了 | ホーム | ダービーDay・その3>>

コメント

すごく同感です。先日の番組は自分もとても響きました。

今年、何とかG1をとって欲しい。
ローズが安田を勝てば何かが変わる気もしますが…。
そういう意味では今週とても興味深いです。
サンデーの所有ですしね。

あ、自分はユタカファンです(笑)。
  1. 2012/06/02(土) 12:06:22 |
  2. URL |
  3. からあげ #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

からあげさん


からあげさんもあの番組みてましたか!
あれは良かったですね。
そして、その放送の翌日は武さん往年の騎乗を取り戻したかのうように、
良い騎乗をきましたね。



ローキンの武豊は僕も興味深くみています。
武豊んみ対する嫌いは、
何と言うか、無視できない嫌いなんですよね。



アンカツの最大のライバルとしての感情なので・・・


アンカツ、武豊がまたG1の優勝を争えるようになって欲しいものです。
  1. 2012/06/02(土) 16:18:39 |
  2. URL |
  3. もんぺ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jetlag2006.blog60.fc2.com/tb.php/1101-0877ec31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト