お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
105位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

皇帝の御落胤(2011/02/27のひとりごと)

シンボリルドルフ
シンボリルドルフ のコピー


今日の特別レースだけ、出馬表を眺めていたら、シンボリルドルフ産駒のコンプリートランを発見。
ルドルフの2004年の最後の産駒です。
調べて見る限り、唯一の中央登録馬。
3歳は未勝利で地方に行って、浦和で1勝して5戦消化後中央へ再登録。


今回乗る大野騎手でルドルフ産駒最後の中央勝利を2009年1月18日に記録。
単勝118.9倍の万馬券を演出。


まだ頑張っていたんですね。
なんとか頑張って貰いたいものです。


さて、上の写真ですが、昨年のJCの時に府中競馬場に来られたルドルフ皇帝陛下。
貫禄たっぷりで、何と言うか威厳がありました。
伝説を作ったお馬さんです。
感慨深いものがありました。


-------------------------------------------------------------
話は変わりまして、2/26の小倉12レースのメジロガストン騎乗の黛騎手・・・
やってしまいましたね。
騎乗停止1ヶ月という事になりました。


「馬が内側にもたれていましたが、手綱が長かったので、持ち替えようとして、あのような格好になってしまいました。不正な意図はありません」黛騎手コメント


僕は、アレは小さくガッツポーズしてしまったように見えてしょうがなかったんですがね(笑)
不正をしようとして・・・とは思いませんでしたが、あんなに接戦なのに余裕みせるから・・・
と苦笑したものなのですが、JRAは不正の可能性を世間に誤解をさせてしまう騎乗だと重くみたようで、
即時騎乗停止で、今日2/27から停止のようですねー・・・。


そういえば、1ヶ月前のラフォルで田辺さんが明かに油断した騎乗(結局は1位)をした時も10万円を過怠金としてとられていたようです。
キャロットの仲間でも、冷や汗を流した方が多かったようです。
アンカツも気をつけて欲しいものです。(笑)



・・・そういえば、過怠金って何処に、何の財源になるのでしょう?
一番迷惑を受けたのは馬券を買っているファンなのだから、ファンに還元できるような使い方をして欲しいな・・・。


----------------------------------------------------------------------
アンカツ


アンカツは今日は3戦1勝着外2回でした。
リッカアニュールは結構期待していたので、この結果には少し残念です。
来週はオールアズワンで弥生賞へ向かうハズ。
頑張って欲しい。



-----------------------------------------------------------------------
中山記念
ヴィクトワールピサ
から
レッドシューター
キョウエイストーム
複軸にして、
リーチザクラウン
キャプテントゥーレ
リルタヴァル
アロマカフェ
マルカボルト
ダンシングロウ
ミッキードリーム
トーセンキャプテン

の3連複。


結果
1着・ヴィクトワールピサ
2着・キャプテントゥーレ
3着・リーチザクラウン
不的中
寸評
予想外にスローな流れに・・・しかし何と言うか、ヴィクトワールピサ・・・
何でダービー負けたのか解らない(笑)



阪急杯
ガルボ
から
ビービーガルダン
サワノパンサー
フラガラッハ
から
ビービーガルダン
サワノパンサー
スプリングソング
サンカルロ
ワンカラット
ショウナンカザン
コスモセンサー
ケイアイデイジー


の3連複。


結果
阪急杯
1着・サンカルロ
2着・ガルボ
3着・フラガラッハ
何とか的中・・・まあ、買いすぎによりさほどプラスなし(笑)
寸評
フラガラッハはこれから強くなる。サンカルロはこの開幕週で後ろから外を回して完勝。
やっぱり強い!
ビービーガルダンはもう全盛期の強さは無いですね。
ワンカラットは太い!!
スポンサーサイト
  1. 2011/02/27(日) 13:26:25|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナガラダンディでアンカツ今年10勝目!!

ナガラダンディ
ナガラダンディ


昨日、度重なる体重増に危機感を覚え、自転車で中山競馬場まで行くという暴挙をしてしまいました。
片道30~40キロくらいでしょうか、2時間半(片道)かかりました。もう、ヘトヘトでした。
府中より格段に遠い道のりで、寒かった・・・たぶんもう2度としません(笑)辛かった。
何が辛いって、橋を渡るのに、明かに自転車の事を考えない作りなっているという事。
車道はおっかないですし、歩道はもの凄い急な階段を使わなければならない箇所が数箇所ありました。
あれには萎えました。
もっとも、悪い事だけでなく、初めて「スカイツリー」なるものを間近で観ました。
亀戸側からですが、なかなかの圧巻。そして、帰りの橋の上から東京方面をみるとその威容を誇る「スカイツリー」はなかなか味わいのある姿をしていました。




さて、アンカツですが、1Rから騎乗しましたね。
騎乗馬は「ナガラダンディ」。ルールオブロー産駒。
調教師の小原伊佐美さんのお馬さんはこの馬しか乗ってません。
馬主さんが、どうも笠松時代から縁のある方らしく、デビュー戦から手綱を取っているようです。



阪神 3歳未勝利 ダート1200メートル


前回はもっさりしたスタートで後手を踏んだのだけれど、今回はいきなり好スタート。
1番人気のファイアーアローが後方待機したため、目の前にいた3番人気のサクセスリアンの後ろにピッタリついて4番手でレースを進める。


直線に向いてサクセスリアンがブルボンノキセキを捉えにかかったと同時にナガラダンディを駆るアンカツはサクセスリアンを捕まえにいく。
そして、そのブルボンとサクセスの後ろで福永騎手のカネトシファイターが2頭を間を狙って突っ込んで来る。
しかし、外で余裕を持って追うナガラダンディが一番脚色が良く、突き抜ける。



そして余裕を持ってゴール。




アンカツこれで今年10勝目!!
この調子で頑張って欲しい。







  1. 2011/02/27(日) 12:16:32|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アンカツがキョウジで9勝目!!

今年2回目のキョウジ!!
キョウジ2



※重賞イラスト、キャロットイラストは不定期の更新にします。
すみません。
アンカツは絶対描きます!!
なんか、記事の質が低下してしまっていたような気がしたものでしから!(笑)
また、マンガも描きたいしね。




さて、今日のアンカツは2戦1勝。
アドマイヤはスタートでこけてしまったねー。そして、百万馬券の影の立役者になってしまった。
無念(笑)



さて、キョウジのレースを振り返ってみましょう。



京都12R ダート1800メートル


アンカツのキョウジはかなり良いスタートで飛び出した。
今回も後方一気の戦法ではなく、先行策なのかと思って観ていたのだけれども、
チャーミーハズキがテンから飛ばして先頭に立つと、
その流れに重賞を勝ったばかりの武のダノントレビアンが追走していくのを見て、
控える事を選択。


隊列が、チャーミハズキを先頭に行く前衛と、キョウジをマークする後衛に綺麗に分かれる展開になる。
もう、キョウジは変幻自在の競馬をできるようになったのか、ぴたりと折りあい、
3コーナーに入る辺りで加速すると、後ろから吉田稔騎手のフェイドレスシーンがキョウジに並んで来る。
ここで、アンカツは前を譲らず、そのまま直線まで加速し自力でフェイドレスシーンを振り切って、
前衛の集団を纏めて飲み込む。


ゴール板前で腰を上げる余裕で優勝。



決まってみれば、好スタートを切ったキョウジとユジニックブルーの1,2着でしたね。



素晴らしい騎乗だった。
マジカルポケット、ビービーガルダンを手放してどうしたものかと思いましたが、
きちんと結果が出せるのなら何も言いますまい。
しかし、このペースだと、やはり年間100勝には届かない・・・。



頑張ってほしい・・・。






  1. 2011/02/26(土) 17:21:25|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中山開催が始まります。

中山開催が始まりますね。

昨年の春の中山開催枠番順に複勝圏内に飛び込んで来た回数を集計してみました。
75レース

01番  12回
02番  21回
03番  24回
04番  13回
05番  18回
06番  21回
07番  13回
08番  12回
09番  12回
10番  19回
11番  12回
12番  09回
13番  12回
14番  05回
15番  04回
16番  08回


まあ、外枠にいくほど頭数が揃わなかった場合出走も低いのですが、2番、3番、6番、10番は比較的良い枠かもしれません。また16番は8回と少ない機会の割には来ているような気がします。



仮に2番・3番・6番・10番の馬連を買った場合は・・・。75レース×600円として45000円の投資で・・・払い戻しは、127,040円。
うーむ・・・どうなんでしょう?1つ9万馬券があったから大幅プラスですけどね(笑)
  1. 2011/02/24(木) 21:26:34|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悩みに悩み…

結構悩んだ揚句、グッドゲーム09のキャンセル募集に参加してみました。


これがダメなら09産はシーズアン一頭でいいかなと思います(>_<)
  1. 2011/02/24(木) 11:34:19|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダイヤモンドS・キタサンアミーゴは3着

ダイヤモンドS2011
キタサンアミーゴ


アンカツがキタサンアミーゴを直線に向けた時、内によれてしまった。
そこからのアンカツの追い方が凄い。


まっすぐ走らせた。


これは本当に凄い事。父フジキセキを考えると、ドリパスと同じで異端児とはいえ、
3400mという距離はもう脚が上がっても良い。
実際、直線でふらふらになりそうになった。


しかし、まっずく走らせた。



いったんゲシュタルトに交わされた時、惨敗がよぎった。




しかし、そこから盛り返し、3着を確保。



先着されたコスモの馬2頭も含めて、素晴らしいレースだった。






さて、アンカツは勝ち星も無かったけど1回も複勝圏を外さなかった。
実に面白いというか、もどかしい結果になった。


そして、
マジカルポケットもビービーガルダンも手放してしまったようだ。
領家師と切れてしまったのかと不安になっていましたが、
オールアズワンは調教に乗っていたので、弥生賞はこの馬で出るようだ。


皐月を狙える馬だと思いますので、是非獲ってほしい。



これからどうなるのだろう。
  1. 2011/02/23(水) 21:14:51|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トゥザグローリー京都記念勝利!!

京都記念
京都記念


このレース。僕はダノンシャンティを応援していた。
あの入れ込みで4着ならば、上々だけれども、英国遠征の前哨戦としては不満が残る。


ああまでテンションが上がる馬だったのだろうか?
大阪杯では圧勝を期待する。


日本にいるならば、安田記念→宝塚記念でブエナ撃破に向かって欲しいものである。




さて、今回の勝ち馬のトゥザグローリー。
いやー強くなった。




もっと大きなところを目標にこれからは走る事になるのだろうけれども、
頑張って欲しい。










ふー、なんとか金曜日までに間に合った。
疲れた(笑)






フェブラリーS1人で観戦かなー・・・・。
  1. 2011/02/18(金) 20:49:54|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナカヤマナイト共同通信杯優勝

共同通信杯
共同通信杯


ダノンバラードは酷い負け方をしましたね。
ディープ産駒は1回走ったら次は走らない・・・ってのが上級クラスでは暗黙の了解となっているのかと疑ってしおまう程の大敗ぶりだったね。


しかし、ダノンバラード、サトノオー、ペルシャザールが飛んでも予想外に配当は上がらなかった。




みんな馬券上手。





すごいなー。
  1. 2011/02/18(金) 19:29:10|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴルトブリッツでキャロットクラブ9勝目!!

ゴルトブリッツ
ゴルトブリッツ3


この馬が、地方で連勝し、中央に戻って500万下を突破した時に、
吉田師は東京大賞典出走を決意した。


地方で2勝の実績があったとはいえ、中央ではまだ1勝の身でありながら、
G1に果敢に挑戦した。


結果は7着。
この結果が良い結果なのか、悪い結果なのかはその時は分かりませんでしたが、
1回のレースは10回の調教に勝るという言葉が示す通りの結果はこのゴルトブリッツは化けた。
もともとに資質に加え、G1で1流の走りと競った実績はノンストップでオープン入りを可能になさしめた。
今にしてみれば、良い経験にはなったのだろう。



すごい。



地方に行って、戻って来てここまで出世したキャロットクラブ所属のお馬さんは、僕は知らない。


おめでとうございます!!
  1. 2011/02/17(木) 21:15:47|
  2. キャロット・イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レインボーペガサスでアンカツ8勝目!!

レンボーペガサス
レインボーペガサス



よくぞここまで戻って来た。
これが、このレースが終った時の僕の感想だ。


きさらぎ賞を勝つまでは一介のダート馬だったという印象だったのだけれども、
皐月賞4着ダービー5着の成績をつきつけられ、アンカツがクラシックパートナーに選ぶに足るお馬さんだったと反省した時が非常に懐かしく思います、


だから、
1600万下でうろうろしてはいけないお馬さんだ。



脚部不安から1年半もの間休養をしていたが、
復帰からいきなり3着。
その後大敗を挟んで2着、そして優勝。


今回のレースはなかんかシビアな内容のレースで、
後ろから次々に襲いかかるお馬さん達を振り切っての勝利。


馬の自力が違ったという感じだ。
これで重賞に挑戦できる下地は整った。
もう1度、タイトルを獲って欲しい。



まあ、でも・・・よかった。
おめでとう!


そしてオープンにお帰り!!

---------------------------------------------------------------------------------------------

話は変わりますが、ペルーサは典さんに戻った模様。
日経賞→天皇賞は典さんの予定と発表されました。


まあ、これは仕方ない事。


ダノンシャンティ、レインボーペガサス、ジャミールで春の古馬戦線は戦っていくのだろう。


頼むぞ!
  1. 2011/02/16(水) 21:04:52|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランリョウオーでアンカツ7勝目!!

ランリョウオー
ランリョウオー



かの北斉の名将・高長恭こと蘭陵王から命名されたと思われる。
武勲・人気は主君をも上回り、その名声を恐れた主君から毒薬を贈られ自殺した悲劇の名将であるが、
もんぺは、今回はかなり危険な1番人と踏んでいました。


前走がプラス20キロ以上で5着。
これが好走ととらえて良いのか、走らなかったのかは迷った末、
『走った』と考えで、2走ボケの可能性を危惧しました。


しかも500万下の身でありながら1000万下への挑戦・・・。


ちょっと、厳しいのでは?
そう思ったのですが、後方から全馬飲み込んで圧勝・・・。



なんか、凄い馬だな。
びっくりしました。



けれど、ここまで人気になるのか?
びっくりです。
  1. 2011/02/15(火) 21:17:54|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キョウジでアンカツ6勝目!!

キョウジ
キョウジ


なんか、すごい転回は向いたレースでした。
中団後ろにつけて淡々とレース運びをしている間に、
先行勢が次々に先頭を叩き潰しては自分が自滅していった・・・。


最終的にはトップオブサヘブンと叩き合いになり、
競り落として優勝!!



いや、なんというか・・・



ラッキー?




いやいや、おめでとうございます。
  1. 2011/02/15(火) 19:17:29|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クイーンC・2011

クイーンC
クイーンC


この日は仕事があったので、朝にPATで買って帰宅して観戦。
買い目はホエールキャプチャとラテアートからの総流し。
ラテアートは、バクシンオー産駒というのが気になりましたが、
調教の動きが良かったのと、Mデムーロという鞍上の魅力に負けました。
人気もほどほどだったし・・・完全に欲ボケでした。



全く見る目なし。(笑)


ホエールキャプチャの素晴らしいパフォーマンスに比べてラテアートは酷かったですね。
残念無念・・・。


ダンスファンタジアは内に閉じ込められただけではすまない・・・
ちょっと力不足を露呈したレース。
ただ、母と同じで不可思議な負け方をした後、平気で次好走するのでこのクラシックでは取捨が難しい馬なんでしょうね。
本当に良く分かりませんね。


さて、今日は共同通信杯と京都記念がありますね。
非常に楽しみです。


--------------------------------------------------------------

アンカツ、「キョウジ」「ランリョウオー」「レインボーペガサス」で優勝。
キャロット、「ゴルトブリッツ」「トゥザグローリー」でメイン・重賞勝利。

凄い日だな・・・。


ゆっくり描いて行きます。
  1. 2011/02/13(日) 09:01:43|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐賀記念2011

佐賀記念イラスト
佐賀記念


今日は、東京では雪が降っていて、寒くて仕方が無いのですが、
朝から歯医者に行ったりして、そこそこバタバタしていました。


でも、2時にはする事がなくなったので、佐賀記念でもやってみる事にしました。
単勝:メテオロロジスト 500円
三連複:メテオ・スバル・セレスハント・300円
三連単:メテオ→スバル→セレスハント・200円

を購入。



根拠は、武さんはこのレースにめっぽう強い騎手であり、メテオの先行力があったし、スバルは後ろからの馬で頭までは想像は出来ませんでした。セレスは、福永の昨今の騎乗ぶりをみるとあると思ったからです。




レースはメテオが逃げて、番手にスバルという予想だにしなかった隊列でしたが、
ゴールを駆け抜けた順番は理想通りのメテオ→スバル→セレスハント!!??




ありがとうございます!!


武豊騎手は上手いなー。願わくは中央の舞台でもこれくらいのパフォーマンスをお願いします!!!(笑)



--------------------------------------------------------------
どうでも良いつぶやき。


雪も降っているので、今日は昨日借りたDVD「もやもやさまーず」を観ていたんですが、
テレ東のアナウンサーの大江アナ・・・


なんか、凄く癒されるキャラだー。


ちょい注目(今更か?)
  1. 2011/02/11(金) 17:43:28|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3/12の競馬の注目処

有馬記念
※これは過去に描いたイラストです。


雪で明日の開催も危ぶまれていますが、どうなんでしょうね?
もっとも、明日も仕事なんですが・・・。


やはり明日の注目は、御神本騎手とCデムーロ(弟)が府中に現れる事ですね。
Mデムーロ(兄)も明日は府中参戦予定なので、兄弟の騎乗も注目です。
ただ、Cデムーロは騎乗する2頭とも船橋から持って来たお馬さん。
出川 龍一師のスクランブルエッグだけではなく、川島正行師のランニングシューズと本番前も用意してもらった。
馬主は2頭とも吉田一族の模様。
ちょっと中央の競馬場で買えるお馬さんなのかは不明ですね。


そうなると御神本騎手は本当に楽しみ。
中央の騎乗にも合うスタイルなので、注目したいと思います。



また、騎乗停止をくらっていた蛯名と武豊が今週から復帰しますね。
それも楽しみですね。
  1. 2011/02/11(金) 12:44:37|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京新聞杯2011

東京新聞杯
東京新聞杯


このレースは、ゴールスキーとダノンヨーヨーから3連複を総流しした後、
スマイルジャックからワイドを6点買いました。
このコースの回収率が良い田中勝のキャプテンベガ・吉田豊のリクエストソング。
調教師部門では加藤征師のダノンムロー。和田正のカウアイレーン。
父部門ではキンカメのキングストリート。
あとなんとなくオーシャンエイプス。


ああ、激アツだった。
ゴールスキーさえこなければ・・・


キャプテンベガとのワイドも当っていたのに・・・。


スマイルジャックとキングストリートのワイドでも2910円だったので良いか・・・
と思いつつも、しかし、
これだったら馬連で良かったか・・・
馬券は買い方が一番難しい。


と悔しい結果に・・・。




レース自体はさすがはスマイルジャック。
一番良い競馬をしたお馬さんが勝ちました。



ダノンヨーヨーは、このメンバーでこの馬場で大外から後方一気はきつかったようだ。
ゴールスキーはリスポリの東京コースの経験不足がモロに出た感じだった。



今週は若干のマイナス・・・。



残念・無念。




・・・・ふう、ようやく今週分のノルマ達成(笑)
もう金曜日なのに・・・。
  1. 2011/02/11(金) 09:00:17|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重賞イラスト・きさらぎ賞2011

きさらぎ賞
きさらぎ賞


柴原の駆るリキサンマックスの大逃げから始まったきさらぎ賞。
しかし、名手M・デムーロにはこの奇策は効かなかった。


3コーナーから進出を開始して、ゴール前で交わしてトーセンラーの勝利!!




我らがアンカツのコティリオンは直線で一瞬良い脚を使いかけたが止まってしまい、
内をついて外に出したところで脚が上がってしまって6着。残念。



馬券もトーセンラーとコティリオンの3連複総流しで壊滅・・・。




残念でした。
  1. 2011/02/10(木) 23:24:52|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダノンシャンティ京都記念

ダノンシャンティ
シャンティ
※このイラストは過去に描いたものです。


安藤勝己はこのコースで勝率20パーセントを超えており、複勝率にいたっては60パーセントを誇る。
全ての騎手の中でも最もこのコースを得意とする騎手である事は間違いない。
かつての京都記念でもハイレベルのメンバーだった2008年の京都記念でも勝っている。
(この時、負かしたお馬さんにはウオッカ、ドリームパスポート、アイポッパー、フサイチホウオー等がいる)
ただ、松田国英調教師もフジキセキもベスト10圏内からは外れてしまう。


能力が全開ならこの全馬直線で飲み込む事も可能かもしれないが、
果たしてその能力は戻って来ているのか・・・。



がんばって欲しい。
  1. 2011/02/09(水) 22:08:10|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重賞イラスト・小倉大賞典2011

小倉大賞典
小倉大賞典


池江パパの小倉2000メートルの強さは無類とは解っていたのだけれども、
2頭とも軸にする勇気はなく・・・ワイドだけ押さえて、
ナリタクリスタルとリルタヴァルから総流しをしてしまいました。


もう直線で馬群に飲み込まれてしまったナリタクリスタル・・・。



しっかし・・・残念な事にリルもバトルバニアンも2,3着・・・



まあ、ワイドは当ったんだけど・・・


1400円の配当だったのでマイナス100円・・・



微妙だ・・・(笑)
  1. 2011/02/09(水) 20:43:18|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフロディーテでキャロットクラブ8勝目

アフロディーテ
アフロディーテ


レース序盤は5番手を追走。

直線向いたら弾けた。

もう何と言うか、この血統はすげーな。


いいなー・・・。



4着に来たアソルータも良いお馬さん。



がんばれ!






※何とか描けたのでUPしました。・・・・でも文章は短い(笑)
  1. 2011/02/08(火) 19:32:06|
  2. キャロット・イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マルセリーナでアンカツ5勝目!!

マルセリーナ
マルセリーナ


マルセリーナは幾分か後方よりからスタート。
しかし、それほど最初から早い流れではなかった為、
すーと、中団まで馬なりで進出。


直線は大外へ廻して、Mデムーロのノーブルジュエリーを目標にして、
エンジン全開。


これくらいの相手を差せないと、同厩のレーヴには勝て無い。


ノーブルジュエリーに並びかけたところでアンカツが両手で追い始めると、
勝負は終った。
ぐんと伸びて1馬身と1/4抜け出してゴール。


ああー、これで牝馬のクラシックパートナーは決まった気がしました。



よかった、挑戦するに値するお馬さんで勝負が出来そうです。

  1. 2011/02/05(土) 18:42:23|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マルティンスタークの斑鳩S

マルティン0109
※このイラストは過去に描いたものす。


さて、今日は川島騎手で斑鳩ステークスに出走します。
前走かかったから1400という陣営のコメント。


まあ、このお馬さんにはもう何も注文する事はないので、無事に回ってきてくれれば良いです。



でも、川島騎手は自分的には好きな騎手ですし、本日既に1勝していますし、
本当に気持ちは頑張って・・・頑張って掲示板くらいは欲しいです!!


でも、負けても無事が1番です。


----------------------------------------------------------------

結果8着。
賞金圏内の8着は本当にありがたい。
お疲れ様。


この後、続戦なのか引退なのかは分かりませんが、
直線向く前の上がり方や、一瞬スペルバインドと一緒に上がってくるのではないかというドキドキは、
本当に嬉しく思いました。



本当にお疲れ様。
  1. 2011/02/05(土) 13:09:42|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重賞イラスト・TCK女王杯

TCK女王杯
TCK女王


馬券は買ってなかったけれど、面白いレースだった。
直線に向いて、Cデムーロが駆るザッハーマインが内から抜け出してレースが動き、
外からミラクルレジェンドとラヴェリータが猛然と叩き合いながらゴールを駆け抜ける。


軍配はMデムーロの駆るラヴェリーダ。


良いレースだった。
  1. 2011/02/03(木) 20:22:45|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

重賞イラスト・根岸ステークス2011

根岸S
根岸S


このレースはあっという間に軸馬が決まった。
今勢いのあるセイクリムズンと、府中で3着以下がないダノンカモン。
ティアップWは1200からの距離延長に少し懐疑的になり、ケイアイガーベラは府中では3枚落ちのような気がしました。
ちょっとだけサクセスブロッケンも臭いと思いましたが、1度ガタが来たシンボリ産駒は立てなおしにはかなり時間がかかる事を考慮して下げました。


結果、やはりサクセスBには重大な欠陥があった模様で、本日2/2に引退を表明しました。


勝負は、3連複総流し!!


レースはケイアイガーベラが逃げる転回から始まりましたが、直線に向いたらセイクリムズンとダノンカモンの一騎討ちに・・・最後はセイクリムズンが完全に抜け出して完勝!!


3着には、人気薄のダイショウジェットがエイシンクールディを交わして3連複は万馬券に!!
何とか今年初めての万馬券をゲットしました。



よかった(笑)
------------------------------------------------------------------
何となく、薄っぺらな懐古競馬。


また血統表をみていたら、セイクリムゾンにも昨日調べたライジングフレームが顔を出していました。
すげー、血は繋がって広がっている事を実感。


さて、今回うすっぺらな調べ物は・・・
よく名前を聞くノーザンダンサー。


山野浩一著「伝説の名馬」にまず最初に取り上げられているお馬さんです。
生きながらに伝説となったお馬さんで、カナダ競馬界から始めて現れた名馬でもあります。


馬主はエドワード・プランケット・テイラー氏。
両面焼きトースターを学生時代に発明をした人で、卒業後は技術者ではなく実業家として成功した人です。


その産駒にはダンジク、ヌレイエフ、ニジンスキーやサドラーズウェルズ・・・そしてノーザンテーストという日本でも屈指の影響を与えた大種牡馬。


  1. 2011/02/02(水) 22:06:53|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重賞イラスト・京都牝馬ステークス2011

京都牝馬ステークス
京都牝馬S


武豊騎手からアンカツに乗り変わりになったアプリコットフィズに、
何となく不安を覚えてたもんぺは、ここは大好きなキンカメ産駒から馬券を流した。
このコースのキンカメ産駒は大変相性が良く、また池江パパのこのコースの相性も良い事も結構有名だったので、
レディアルパローザとショウリュウムーンから3連複総流しを決行した。



ヒカルアマランサスの出遅れにはシメシメと、レースを観ていました。
直線向いたら、アプリコットFが歩きはじめて、
よし!よし!!


・・・と思ったのですが、後方から1番人気ヒカルアマランサスがぶっちぎってきて
2着に食い込んでしまって無念のハズレ・・・。


ショウリュウムーンもアルパローザも頑張ったんですけどね(笑)
(1着と4着でした。)



残念無念。



でも、キンカメ産駒のショウリュウムーンが重賞を取った事だけでも、
良しとしますかね?



-----------------------------------
少し別の話。
血統表をみて、戯れに調べてみようと思ったので調べてみた。


ショウリュウムーンの母の血統を遡っていくと、
ライジングフレームというお馬さんがいました。
何となくこのお馬さんについて調べてみました。


1952年アイルランドから日本に輸入されたお馬さん。
重賞勝ちはなかったが、ネルアコの血を引いている事からちょっとした話題になったようです。
輸入当初はアラブ馬との交配が多く、アラブの怪物といわれたセイユウを輩出しています。


1958年~1960年まではリーディンサイアーとなっており、1958年の176勝という数字は、
ノーザンテーストの出現までは驚異的な数字として約30年歴代1位を保持していたお馬さんでした。


血統表の中の父の欄には駄馬はいない・・・
なんて事をどっかで聞いた事があるのですが、
いやはや、何となく調べてみただけで凄い事が解りました(笑)


時々、こんな感じで簡単なうすっぺらい所ですが調べてみようと思います。
  1. 2011/02/01(火) 20:15:29|
  2. 重賞イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
Powered By FC2ブログアフィリエイト