お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
122位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

降着制度

降着と馬券の数字を合わせる必要性が本当にあるのか・・・。


くしゃくしゃに捨てられたブエナビスタの単勝馬券をふと見つけてそう思った。


クイックピックなんて予想もくそもない形式の馬券を売り出しておいて、
実際にゴール板を駆け抜けた番号とは違う順番で配当金を出す。


おかしいじゃないか?


例えば薬物で後で失格になっても、馬券にはなんら影響をしない。
馬券を買っているお客さんに、斜行の責任はあるのか?


馬が失格になったり騎手が騎乗停止になり、
そんな事を露とも疑わず、その馬の強さを信じて買った結果が覆される。


最近、僕は本当に必要なのか疑問に思うときがある。




※ちなみに、今回は全く自分が買った馬券には影響はありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/30(火) 22:16:35|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ時の府中競馬場

20分に及ぶ、審議の結果・・・
ブエナビスタは2着へ降着となった。


1回目のローズキングダムへの接触だけであったなら、
恐らくセーフ。


ブエナに凱歌が上がったままだっただろう。
しかし、その後の進路カットが、併せ技でOUTになった・・・。
そう思える内容だった。



「ブエナの相手は、ピサとローキンしか見つけられなった。」
そう予想を聞かれたらそう答えていた。


結局、3連複であれば被害は無かったのですが、
その人はどういう馬券を買ったのだろうか?




僕は3連複だったので、問題なかった・・・。
  1. 2010/11/28(日) 21:35:15|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女帝の時代に・・・

ウオッカとダイワスカーレットの時代が終り、
ブエナビスタとレッドデザイアの時代が到来したと思えた春先・・・


たが、蓋を開けてみれば、
ブエナビスタ独裁の時代だった。


現役最強馬の一角であったドリームジャーニーも、精彩を欠き有馬記念で復権を目指す体制。


宝塚記念でブエナを破ったナカヤマF世界制覇を為すべく欧州遠征をして、その帰り・・・
果たして、ディープインパクトの如く、返す刀でJC制覇を為せるのか・・・。
また、良馬場の府中であの脚は使えるのか・・・。


北斗の拳のトキのように虚弱なくせに強いオウケンブルースリ。
鞍上をルメールにした事によって、一気にラオウを倒せるのか?
秘孔「刹活孔」というべきルメールでブエナ狩りが敵うのか?



出遅れ癖を解消したら、1着も夢ではないかも知れないペルーサ。
そして、強い3歳のビッグ3、ローキン、ピサ、フラッシュ・・・。



さて、ブエナより先にゴールできるお馬さんはいるのか・・・。



注目したいです。

  1. 2010/11/27(土) 23:20:43|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何が起こったんだ?!

朝鮮半島がいきなりきな臭くなった。


朝鮮人民共和国と大韓民国で砲弾のやり取りがあった模様・・・。


朝鮮戦争時代とは違って、ミサイルは日本まで届く技術がある。
ふざけた事になった。
気まぐれに砲弾ぶち込まれたら僕達の国はどう対処するのだろうか?


そして、あの国の対応はどうするのか?
あの大国はやる時はやる国なのだが・・・。


確か、大韓民国の統帥権はあの国にあったように思うのだが、
やべー・・・。


来月からの小倉開催は大丈夫だろうか・・・。
半島系の馬主さんも気が気でないだろうなー。


ああ、そういえばミスターピンクの内田利雄騎手が韓国・釜山慶南競馬場にこの11月から遠征しているのでは?!


影響が無いと良いのですが・・・。
  1. 2010/11/23(火) 17:48:36|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たまたまですが、万馬券・・・

マイルCS


「欲をかけばこの世は地獄です・・・。」


何かのドラマのセリフですが、何となく耳に残っています。
でも、人間ですもの、欲が湧きますよね。
聖人君子じゃないですもの・・・。
(聖人君子は人間じゃないのか?!・・・というツッコミは無しの方向で・・・(笑))


もんぺも勝ったり負けたりですが、馬券を買います。
そして、久しぶりにワイド意外で万馬券を取りました(笑)


最近はもっぱら、単勝か複勝・・・そしてワイドしか買わないので、
万馬券はワイドで取るしかないのです(笑)


なので・・・

でも、久しぶりに取りました!!


美味しいもの食べました!!


今週末は少し競馬の神様デレてくれました。
土曜はツンツンでしたが・・・(笑)
  1. 2010/11/23(火) 14:40:00|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【小説?】もんぺ厩舎の憂鬱

もんぺ厩舎の憂鬱No4


『もんぺさん、マルちゃんなんですが、もう少し使ってみようと思う。宜しく頼むよ。』
電話の向こうから、足軽氏の明るい声が聞こえてくた。
正直、マルティンの引退を告げる電話だと思った。
一瞬、間を置いたが、足軽オーナーの意向に素直に嬉しさがこみ上げてくる。
「…解りました。オーナーありがとうございます。精一杯頑張ります。」
携帯電話を持ったまま頭を下げる。
早速、湖南牧場に次に備えて短期放牧に出した。
今回はリフレッシュではなく、体を作るための放牧。
ダメージがなければ、2000~3000メートルじっくり乗ってもらうように指示を出した。
何とか2月末までにもう1回花を咲かせたい。
問題は屋根だ…。
マルティンスタークは、どうも騎手受けが悪いようで、どの騎手に依頼を出しても良い返事が貰えない…。
困ったものだ。
しかし、何とか厩舎のエースのインパクトゲームが復帰するまでは、このマルちゃんを稼動させなければ、
この厩舎の経営は破綻してしまう。
少しでも早い復帰を望むのだが…、無理をするとどうしようもないのでここは忍耐である。


さて、ここは、クローバー牧場。
人参調教センターのもんぺ厩舎の入厩馬はいないので、アパレシーダの様子を見に来た。
そして、整体のお手伝いをしてみる。
「アパレシーダちゃん、がんばって良くなってね…。」
『うん、元気になって元気な赤ちゃんを産む!!』
その言葉で手が止まった。
「いやいや、その前にやる事があるでしょ?」
『そうね、お見合いが先よね、やっぱりディープさんが良いかしらね?』
整体の手に力が入る。
『いたたたた効くぅー、いいですよもんぺさん』
「やっぱりね、競走馬にはやる事があるでしょう?…ねえ?」
『え?私競走馬でしたっけ?』


もんぺ厩舎の憂鬱はつづく・・・かな?



  1. 2010/11/22(月) 22:02:35|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土日の暗明・・・

馬1021

良い時もあれば、悪い時もある。
特に競馬はそうである。


だれかが当るという事は、誰かか外れているのが、
競馬の馬券。


土曜日は最悪に近い結果だった。


そんな日は朝からリズムが悪い。
朝から自転車で府中競馬場へ行ったのだが、いきなりカメラを入れていた袋を無くしてしまった。
パドックに着いたときにカメラを出したのだが、位置を移動しようと、カメラを持って移動した時、
ふとバックが開いている事に気づく


「あら、袋がない・・・。」
専用カメラケースではなく、ダイソーで買ったクッションの効いた袋なのだが、もう5年も使っていた。
慌てて、来た道を下をみながら戻るが、もう掃除のおばちゃんか、中身に何か入っているかドキドキしながら持っていった人がいるのだろう、ものの2,3分の間に無くなってしまっていた。


そんな日は5000円ほど馬券に負けて帰宅。
日が沈むと、秋の風から冬の・・・体を芯から冷やす風に変った。



「寒いな・・・。しかし、よく救急車が通るな・・・」



帰り道、5回くらい救急車が通って行った・・・。そんなとき、横から自転車が飛び出して来た。
慌てて、ブレーキを握ると、前輪のブレーキが弾け飛んだ。


「!?」


何とか、脚も使って自転車を停車させて、難を逃れるが、帰り道はまだ12キロもある。



備えあれば、憂い無し、僕は自転車屋の場所は必ずチェックしていたので、その地点から10分ほど先に小さな自転車屋がある事を知っていた。
危ないので手押しをしてその自転車屋につくと、初老の男が経営する自転車屋に辿りついた。
ここではらった1050円は、なんと心強い1050円だったか・・・。
当ったお金はその日には使わない。
その信念があったからこそ、残ったお金だった。
いつもなら、負けても3000円くらいなのに、ちょっと冷静さを失っていたが、払い戻しが5000円あったので、
修理する事が出来た。
久しぶりに1万円も使ってしまった。



家に帰ると鼻水が止まらなくなり、風邪薬を飲んで早く寝た。
本当は、深夜の競馬番組を観たかったけど、風邪薬が効いたせいか、気がつけば寝てた。



さて、翌日の11/21。
今日はマイルCSの日。


昨日負けていたので、前日売りは買わなかった。
だから、今日買わないといけない。


今日は、後楽園にあるウインズに行く。
風邪はかなり悪化していたので、風邪薬を買わないといけないし、ティッシュがほぼ使い切ってしまったので、モロモロの買い物もしなければならないので、郵便局で3000円・・・いや6000円を引き出した。


これで、懐に1万円。


「勝負する?・・・いや、勝負じゃ!!」


悪しきギャンブラー症候群。資金を握り締めてしまった。


そうなると、ウインズにつくやいなや、検討に入る。
ダノンヨーヨーは必ずくる。相手は何だ?ジョーカプチーノ?オウケンサクラか・・・
スマイルジャック?


風邪のせいで、思考能力がぐんぐん低下していく・・・。


うし、ダノンヨーヨーからワイド総流し!!




早速、購入。




よし、抑え馬券は買った。勝負馬券を買おう!



検討の結果ダノンヨーヨーの相手に選んだのは、ゴールスキー・・・。


4連勝と3連勝の馬だ。


ここから、3連複を総流しを購入。




さて、検討が終って、G1レースの馬券を買って帰宅しようとしました。時刻は11時15分頃・・・
時々、ウインズ後楽園がやっているガャチャガチャのおみくじで、行列が出来ていた。

これは大吉が出たら景品が貰えるのだ。


ひとつここは並んでみよう・・・
運試しだ。


順番が来て、ガチャガチャを廻すと、「大吉」が出た。景品は蹄鉄や、JRAのI-PATの契約者に送られる景品の余りっぽかったが、残り2つだったのに、「大吉」を引いた事に気を良くして帰宅。



そして、マイルチャンピオンシップ・・・。


きちゃったがね。
ダノンヨーヨーとゴールスキーが!?


サプレザが3着だったらどうしようと戦々恐々でしたが、
何とか的中。


鼻息荒く、換金に勇んでウインズに行ったら、家に馬券を忘れていました(笑)






お後が宜しいようで・・・(嘘のような本当の話。)




風邪のせいもあると思います。明日、会社いけるのだろうか・・・(笑)
明後日お休みなので、頑張るかな・・・。
  1. 2010/11/21(日) 21:08:11|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不貞寝

パソと馬


マルティンスターク→放牧
インパクトゲーム→骨折休養
アパレシーダ→整体中デビューも危うし。
シーズアン09→馴致前


あああ、何と言う停滞感!!?
何かつまらない…、インディゴライトも繁殖には上がれなかった…。


追加出資もいまひとつ盛り上がらず・・・。



テンション下がってます・・・。
  1. 2010/11/16(火) 21:04:15|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アンカツ・キャロット・キンカメ

パラディーゾ
写真は、セントライト記念のパラディーゾです。



さて、今日の検証ですが、好きな騎手、所属クラブ、好きな馬の子供の単勝を買い続けるとどんな末路を辿るのか検証してみます。


アンカツ
314騎乗・51勝・複勝圏128回
勝率1割6分1厘、複勝率4割4厘の優秀な騎手ですが、残念な事に単勝を100円づつ買っていっても、31,700円が19,400円になってしまうという残念な事に・・・。
馬券に軸には出来ても、単勝の対象には難しい方ですね。



キャロット
695出走・76勝・複勝圏203回
勝率1割9厘、複勝率2割9分2厘。単勝を100円づつ買うと、69500円が40930円になってしまいます。
んー、ちょっと厳しいですね。



キンカメ産駒
1354出走・155勝
勝率1割1分4厘。単勝を100円づつ買うと、135400円が117,400円になってしまいます・・・。



※インディゴライトは繁殖には上がれず、乗馬になってしまいました・・・。
非常に残念です。
  1. 2010/11/15(月) 20:08:32|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外人騎手

ジャガーメイルとエイシンアポrpン


ダグラス・ホワイト
77騎乗・16勝・複勝圏37回・単勝回収率:約101パーセント(7700円が7810円)

天皇賞でジャガーメイルが降着になった件ですが、ジャガーメイルはやっぱり強い馬だと思います。
JCの2週間前ですが、こっそり今の時期に伝えておきます。
エイシンアポロンが後ろにいなければ、2着はあったと思っています。
それぐらい、すさまじい手応えでした。




ついでなので、今年の外人騎手の単勝データを乗せておきます。

ミルコ・デムーロ
93騎乗・18勝・複勝圏28回・単勝回収率:約143パーセント(9300円が13300円)



クリストフ・ルメール
102騎乗・18勝・複勝圏45回・単勝回収率:約108パーセント(10200円が11070円)



クリストフ・スミヨン
10騎乗・4勝・複勝圏8回・単勝回収率:113パーセント(1000円が1130円)



クレイグ・ウィリアムズ
135騎乗・12勝・複勝圏35回・単勝回収率:64パーセント(13500円が8660円)




アントニー・クラストゥス
60騎乗・4勝・複勝圏10回・単勝回収率:86パーセント(6000円が5160円)





単勝の回収率はデムーロが良いですね。でもルメールの複勝圏突入率は驚異的だと思います。
なんとなくお役にたてたなら・・・。

  1. 2010/11/14(日) 22:08:00|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンカツ今日は2戦2勝!!

アンカツ2


ちょっと、忘れているかもしれませんが、元々このブログはアンカツを応援しているブログです(笑)
かつての何でもかんでも勝たせるような成績ではありませんが、やっぱりこの人は凄いですね。


京都2R シャイニーホーク 1着
好スタートから馬也で3番手を追走。
少し、抑え気味だったけれども、絶対的なスピードが違ったようで、
直線に向くまで終始馬也で3番手で入って行く事が出来ました。
後は直線に入って付き離すだけ・・・と思い気や何やらスキップのような格好に・・・?

???

躓いたのか、手前が換えられなかったのか分かりませんが、
一瞬走りがおかしくなりました。
でも、その後気を取り直したように楽な手応えで圧勝。


これで、アンカツも50勝に届きました。
全盛期の半分くらいになってしまいました。
でも、1つでも多く勝って来年に繋げて欲しいですね。


※このレースを見ると特に内が伸びないという印象はない。


京都9R 黄菊賞 ミッキマスカット 1着
ヴィクトリースター、リベリタス、トップシャインが3強を形成して、
伏兵の立場だったミッキマスカット。
昨日、重賞を勝ったグランプリボスに良い勝負をしていた身なので、
密かに期待してました。

レースはデンコウジュピターが大逃げを打って、マイネマオが離れた2番手。
そのまた離れた3番手をミッキーマスカットという展開。

淡々とレースはそのまま直線に流れて直線。
アンカツは前に行く2頭ではなく、後ろから来たリベルタスに体を併せる。
そこからまたもうひと伸びして1着ゴール。


※このレース。内の馬はバテただけで伸びていないとは言えないが、
ミッキーマスカットとリベルタスの動きで、本番のは外が伸びるという判断にいたる遠因になったのだと思います。


今日は2戦2勝。
できれば、70勝は欲しいなー。




  1. 2010/11/14(日) 17:38:26|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンカツ




今日は、アンカツは東京の最終レースでアイソトープのみの騎乗でした。
マジカルポケットの回避なので仕方がない。


明日のエリザベス女王杯も除外。


プロヴィナージュがもう少し早く回避してくれたらな・・・(笑)


でも、仕方いか・・・。
  1. 2010/11/13(土) 17:24:32|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリザベス女王杯の思い出

話


エスザベス女王杯で一番印象に残っているのは、武豊の4連覇でもなく、
大好きなダイワスカーレットの優勝でもなく、


競馬の恐ろしさと、つまらさな、不条理を教えてくれた昨年のレースでした。


昨年のレースから、明らかに競馬の売り上げが減ったような印象を受けます。
戦犯であるアンカツを応援する僕としては痛恨の極み。



今年は、そんな凡レースにはならない事を祈ります。



しかし、アンカツのディアアレトゥーサの除外には本当に残念。




無念なり・・・。
  1. 2010/11/12(金) 00:35:23|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さあ!百花繚乱!!

レース3


ああ、武、アンカツ、岩田、内田、横典・・・
中央の5本柱がようやく揃いました!!


岩田くんも、今週から復活なのね。
よかったよ!


そして、ルメールとデムーロがやってくる。
そして、ムーアもいる。


騎乗停止の疑いがあったカステリャーノは本番だけの騎乗は残念。


でも、楽しいなー。
  1. 2010/11/11(木) 20:38:00|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

競馬という競技

スタート


持続70キロ近い乗り物に、脚と腕だけで乗りこなすという事は、本当に危険と隣り合わせなんだと思う。
名手と呼ばれる騎手が落馬負傷になる事もある。
横山典さんも、スタート直後の落馬負傷を負った。
3ヶ月はかかるだろうといわれた、大怪我だったが、僅か6週間で復帰する。
最近の騎乗停止の多さも気になるが、こういう事故が発生すると、その流れもいた仕方なしと思う今日この頃。


そう言えば、BCマラソンで、アメリカの名手カステリャーノ騎手のラフな騎乗に腹を立てた騎手と乱闘があったみたいだね。
昔、藤田がWSJSで乗りに来た騎手を怒鳴りちらしたなどというエピソードがあったと記憶くるが、本当に危険な職業だけにそういう事もあるのだろう。
今回は、4万人の観衆が見守る中での乱闘の為、降着の影響もあり、エリザベス女王杯に乗る予定もOUTらしいね。
武豊がブログでアーヴェイの騎乗依頼がこないかなと呟いていますね。
んーどうなんでしょうね?
そういえば、アンカツのディアアレトゥーサは出られるのだろうか、心配だ。


  1. 2010/11/11(木) 00:28:03|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アパレシーダ厳しい・・・

インパクトゲーム


毎週、当たり前のように競馬があるけれど、実はそのゲートの中に入る事すらも、
厳しく、選ばれたお馬さん達なんだと思う事がある。
特に、自分の愛馬が、うまく成長しない場合は本当にそう思う。


南米のG1ホースの仔・アパレシーダは本当にヤバイ状態のようだ。
問題ない、軽い症状だなどと最初に言っていたが、ヴォーキングマシーンが3~4ヶ月も続けば、誰もがきづくだろう。


ヤバイと・・・


あー、本当に厳しいなー。
クローバーFで整体を取り入れるそうです。


出走引退が見えて来てしまいました。
これは、尋常もなくひどい状態のようです。




あー・・・ゲートに入る事すらも厳しいかも知れません。
昨年のピンクアリエスと同じ匂いがします。



大反省です。
  1. 2010/11/08(月) 23:08:07|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

一口馬主の補償の廃止について

向こう側


補償制度の廃止という問題が、一口会を揺らしています。
金融庁による実態調査で、これまで全クラブで実施されてきた特別割引制度、所謂、補償が『金融商品取引法で禁止している損失補填に該当する』とユニオンが指摘された事から発した問題です。


これは、大変にキツイ指摘です。
理屈を言われれば、仰る通りなのです。
誰も彼も、未勝利引退などという事を想定して出資などしていないからです。
誰もが重賞を勝つ事をイメージして、出資をします。
しかし、多くの馬が未勝利引退をして行きます。


まだキャロットからは正式なコメントは出ていませんが、どうもサンデーRや社台HRは補償の廃止を発表したようですから、それに追従するでしょう。
これは、出資するに当ってかなりのリスクを請け負う事になるでしょう。


例えば、ある高額馬が募集されました。募集価格は8000万円。一口あたり20万円です。
その馬は3着1回4着1回6着1回7着2回なので、まあ、多く見積もって1万5千円くらい稼いだでしょうか。
補償は40パーセントですから、8万円-1万5千円で6万5千円です。
未勝利を勝っても1万円足らずだという事を考えれば、結構な補償額です。
これは、高額馬に出資する人に大きなお守りになったでしょう。
これが廃止になるとリスクはかなり大きくなりますね。本当に弱ります。


さて、決まった事は仕方がないともんぺは考えてますが、クラブには、勝ち上がり率を60パーセントくらいには上げていただくラインナップを要求したいですね。
90頭中60頭が未勝利引退なんて目も当てられません。せめて60頭は勝ち上がれるようなラインナップを揃えて欲しい。
あるいは、90頭近い募集なんてやめて50頭くらいにして質を高めて貰いたい。
・・・とは言っても、社台Gから押し付けられるのだから、そこは無理か・・・。
であるのならば、地方でも積極的に走らせる事を希望します。
南関東ならば、1着賞金75万円くらいからあります。クラスが上がれば、1着賞金が130万、200万、300万・・・地方重賞にもなると1200万から2000万円くらい期待出来るのです。
もう、そこでダメなら諦めましょう。


最後に、回収できる現実的な値段設定をお願いします。
これは、本当にお願いしたいです。


  1. 2010/11/07(日) 23:24:38|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

【漫画?】もんぺ厩舎の憂鬱No3

2


小説と漫画・・・メディアミックスという奴というものをやってみました。
足軽氏のビジュアルも初登場(笑)
・・・まんまですね。

あと、アンカツが、急性胃腸炎で騎乗取りやめになりました。
乗る予定だった馬達の成績をみて・・・
非常に残念だと思いました。

レッドデザイアは健闘空しく4着、エスポワールは10着でした。
なかなか、厳しい結果でした。
  1. 2010/11/07(日) 13:35:16|
  2. 漫画・競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【小説?】もんぺ厩舎の憂鬱No2

たそがれ2

登場人物
もんぺ・・・人参調教センター開業4年目の調教師。
足軽氏・・・オーナー歴4年目。もんぺ厩舎に馬を預けるただ1人の男。


11月6日、府中競馬場。
 秋晴れのターフに、マルティンスタークが駆ける。
「マルちゃん…、少し大きくなったんじゃないか。」
足軽氏が、双眼鏡を覗きこみながら、マルティンスタークの返し馬を見ていた。足軽氏の口元が緩む。
「ええ、今日は440キロで出走です。牧場から帰って来た時は470キロほどありましたから…。」
「ほう?それは母になる準備でもしていたのかな?」
冗談とも本気とも取れない足軽氏の呟きに背筋が凍る。
来年の2月末までは、現役で行く…というが、共通の認識であったのだが、足軽氏の本業の経営の悪化から、
そうも言ってられないらしい…。
「牧場の方にはそういう意図もあったかも知れませんが、そうはさせません。ビシビシ、坂路で鍛え上げました。」
 とは言っても、今日出走するユートピアSのメンバーは・・・厳しい相手ばかりだ。
「では、掲示板くらいは来るかね?」
「い、いえ…、正直、今回は相手が揃いました。特に、キンカメ産駒の…名前は言えません…が…強敵です。」
「ふむ…、エイシンリターンズ、レディアルパローザ、カウアイレーンかね…。そうだ。同じシンボリクリスエス産駒はどうかね?」
「ま、まあ、全体的にちょっと冴えないですね。緩い馬が多いようです。うちのマルティンもそうですが、ここは叩き台かと…。」
「ほーう。マルちゃんも叩き台かね?…あまり悠長な事は言ってられないのだがね。」
「オーナー…。」
「そういえば、郷原騎手、ユウキハングリーで先行してバテて惨敗してしまったね。マルティンも余り先行するとやる気を無くして惨敗する事は伝えたのかね?」
足軽氏の言葉は素人ながら真をついている。ええ、伝えております。中団からの競馬を指示しました。
「ふむ…。」
足軽氏の双眼鏡が、ラドラータ号を捕らえる。
「あの先生は、大変に優秀なトレーナーだけれども、体重には無頓着だからねー…。」
プラス26キロ。
まあ、小柄な牝馬なのだから幾分かは成長分もあるかも知れ無い。でもまあ、他の先生の馬の事は余り何も言え無いか…。今は、自分の馬の事だ。
坂路で追い切りは、51秒8-38秒3-25秒2-12秒6・・・
まずまずの動きだった。
ちょっとだけ・・・ちょっとだけ期待をしている。



レースが始まった。
内が残る馬場状態だったのだけれども、外を回らされる。
ただ、位置としては理想のポジジョンで直線に向いて来た。
さあ、ここから!
「いけ、マルちゃん!」
足軽氏の激が飛ぶ!
「うおー!」
私も熱い声を出すが、やがてあっという間にため息に変る。


結果は16着・・・


「オーナー…。」
うなだれるオーナーにかけられる言葉は少ない。
「もんぺさん…、もう、マルちゃんはダメなんだろうか?」
「い、いえ、そんな事はありませんよ!これからです!条件さえあえば、きっと勝負になります!」
「そうか・・・。」
そこで、足軽氏の表情が変る。
そして、レディアルパローザ、エイシンリターンズ、カウアイレーンの馬連BOX馬券を見せて来た。
「は?・・・ああ、おめでとうございますオーナー!!」
ここは、上げておくに限る。
「うんうん、キンカメは好きだからね。買っていたんだよね。」
「流石オーナー!おめでとうございます!」
「ふむ、まあ、そうか?ふふふふ・・・ふーでもマルティンの単複をまた当てたいものだね。」
「す、すみません。」
「ふむ、マルティンの今後は明日以降に連絡するからね。ひとまずしっかりケアをしておいてくれたまえ。」
「も、勿論です!ちょ、ちょっとマルティンの様子みて来ますね。オーナーは、ゆっくりして行ってください!では!」
私は、馬主席から姿を消す。
ああ、マルティン・・・次・・・がんばれる機会があるといいな・・・。



つづく・・・かな?


もんぺ厩舎
マルティンスターク
インパクトゲーム
アパレシーダ
シーズアン09
  1. 2010/11/06(土) 21:11:54|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【小説(?)】もんぺ厩舎の憂鬱No1

インディゴライト

登場人物
もんぺ・・・人参調教センターに厩舎をかまえる調教師。
足軽氏・・・もんぺ厩舎に馬を預けるただ1人のオーナー。


10月31日、福島競馬場・・・。
昨日までの雨は止んだのだけれども、その馬場は重く、追込馬には不利な馬場状態となっていた。
「もんぺさん、分かってらっしゃるだろうが、今日、結果が出なければ…。」
「わ、解ってますよ。オーナー。」
2010年の日本は何処も景気が悪い。
私、もんぺ厩舎の最大のパトロンである…というかただ1人のパトロンである足軽氏もその例に漏れず厳しい経営状態を抱えたオーナーであった。
今日走るインディゴライトは、育成時代から右前脚球節が悪く、強い負荷がかけられない馬だったが、オーナーと私は根気よくこの馬を育てた。だが・・・
「もんぺさん、この子のデビュー戦、覚えてますか?」
足軽氏は苦笑する。
「え、ええ。」
オーナーと私は、この子のデビュー戦を現地・中山で一緒に観た。
「内田騎手で出走となって、実は少し期待していたんですよね。」
「す、すみません。」
結果は直線でいっぱいになり、勝ち馬から3.0も離れた惨敗だった。
3番人気に押されていたが、ダメだった。
「脚元に問題を抱えた馬だったので、ダートで卸してみたのですが…。結果はあの通りでした。」
「はは、まったくダートはダメだったねぇ?」
「ええ、次走の福島ではタイムオーバーでした。」
そこで、私は腹を括ってもう1度立て直す事にした。
一旦、放牧に出し、新潟を叩いて、最後のスーパー未勝利に全てを賭ける。そんなプランを出した。
足軽氏もそれに同意してくれた。
「三浦騎手で乾坤一擲の勝負をしたのですがね・・・。」
「まあ、勝った馬は強かったけれど…、あれは3着に来て欲しかったな…。そしたら、もう1頭くらいもんぺさんに馬を預けれたかも知れませんよ。それぐらい馬券買ってましたから…。」
「ええ!?」
うぐっ…、残念だ。アレは惜しかった。
「けれどね、あのレースを観て、もう少し走らせてみたくなったんだよね。今より羽振りも良かったし…地方に持っていって戻せれたら戻そうと思ったんだ。」
「本当にありがとうございます。…でもすみません。結果が・・・。」
インディゴライトは、地方で5戦して1勝2着2回という成績を残して戻って来た。しかし、結果は思わしく無い。
「いやいや、5戦前のここでの3着は嬉しかったよ。単勝100倍を超えるうちの仔が、3着まで来た時はね、本当に嬉しかった。だから…後悔はしていないよ。」
「オーナー…。」
「でもね、今日結果が出なかったら…、この仔には…もう、お疲れ様と言ってあげたい。」
「・・・・・。」
「もっとも、あの3着の時も同じような話しをしたかね?」
「ふふ、そうですねー。」


その後、レースが始まった。スタートからしてダメだった。
まったくレースの流れに乗れず最後方を追走し、直線は大外。
馬場も悪く、そこからも伸びない。
ダメ押しは前の馬の落馬の影響を受けた事。クビさえ伸ばせれていたならば、
もう少し着順は上がっていただろう。
「もんぺさん、済まない登録抹消の手続きを取っておいてくれたまえ。」
「はい・・・。」
残念だが、これも結果だ。受け入れなければならない。
「あ、そうだ。」
「はい?」
「来週のマルティンなんだが…騎手は誰かね?」
うわ…、マズイ…な。
何故かあの馬には騎手が乗りたがらない。
素直な良い馬なのだが、どうにもダメなのである。
今回も、色々当ったのだが、誰も乗ってくれないのだ。
「ご、郷原騎手で予定してます。」
「郷原騎手?ユウキハングリーやウエスタンビーナスに乗っていた騎手かね?」
「は、はい。そうです。」
「もんぺさん、騎手の起用にはあまり口は出さないが、確か彼は最近あまり勝ってないのじゃないかね?ウエスタンビーナスも彼の元から離れてしまったのじゃないか?」
「そうですね・・・。」
「彼は今年何勝しているのかね?」
「・・・に」
「んん?聞こえないぞ?」
「2勝です。」
ああ、余りも不安なんだろうな・・・足軽氏には。
「オーナー、しかしものは考えようで、こういう騎手なら無気力な騎乗をしないで、最後まで追ってくれると・・・。」
「もんぺさん、彼のレースで印象に残っているレースはあるかね?」
「い、いえ・・・。」
「そういう事をいうのは、きちんとリサーチしてから報告したまえ。・・・あ、すまない。遂いつもの癖で・・・。」
「と、とんでもございません。」
足軽氏は今は衰えたとはいえ、会社の経営者なのだ。その言葉に重みを感じる。
「まあ、良い。決まった事であれば仕方がない。解っているかね?このマルティンも結果が出なければ・・・。」
インディゴライトと同じなのだろう。
それも解っている。
11月6日のユートピアS・・・
それが次のレースだ。


つづく・・・かな?



現在のもんぺ厩舎の所属馬
マルティンスターク(5歳牝馬)  入厩中
インパクトゲーム(2歳牝馬)   骨折療養中 
アパレシーダ(2歳牝馬)     育成中(脚元弱い)
シーズアン09(1歳牝馬)     育成中  


  1. 2010/11/04(木) 20:49:43|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

インディゴライト引退

インディゴライト引退が決まりました。


グラスボンバーの半妹という血統から、
かなり期待して出資した記憶があります。
しかし、衝撃のデビュー戦、2戦目で、
本当に競馬の厳しさを教えてくれました。


1度は未勝利引退という決断が出されたお馬さんですが、
地方で1勝・・・そして5戦を消化して中央に戻って来ました。


複勝17倍を超える3着を1度だけ叩きだしました。
本当にその時は感動しました。



これで、もんぺ厩舎は、
マルティンスターク
インパクトゲーム
アパレシーダ
シーズアン09
の4頭になりました。


今年の初めは7頭を誇る陣容だったのに比べると、
遥かに寂しいメンツになりました。


09産駒は、もんぺの欲しいお馬さんがあまりいないので、
来年の2月末でマルティンが引退し、アパレシーダが未勝利引退になると、
インパクトゲームとシーズアン09の2頭のみとなります。


一口会からの引退も現実を帯びてきたのでしょうか?



さて、来年のラインナップにかかっていますね(笑)



インディゴライトちゃん、お疲れ様。
  1. 2010/11/01(月) 18:20:11|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
Powered By FC2ブログアフィリエイト