お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
105位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

ウオッカ

ダイワスカーレットが引退した今、現役最強の照合を欲しいままにしている。
事実、強い。


ただ天皇賞はどうか?欲しいタイトルはJCではないかと思われ、お釣りを残すのか渾身の仕上げを行うのか?



注目です。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/27(火) 11:54:54|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天皇賞

前哨戦でウオッカは負けたが1番人気は確定なんでしょうね。
二番人気はカンパニーかドリームジャーニーか…。
ひそかに狙っているのは、オーケンブルースリ。59キロで後方から突き抜けた実力は本物。
元来使って良くなるタイプであるだけに、充実の4歳秋を迎えるならば1番希望があるのではないかと思います。
スマートギア、ナムラクレセントも絡めてみたいと思ってます。
  1. 2009/10/26(月) 12:00:37|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝説の新馬戦

伝説の新馬戦・・・
そう語られ始めたのは、リーチザクラウンが千両賞を圧勝し、
ブエナビスタが阪神JFを勝った頃だろうか・・・


その後、リーチザクラウンがきさらぎ賞を勝ち、
アンライバルトがスプリングSを勝った。


そして、桜花賞をブエナビスタが勝ち、皐月賞をアンライバルトが圧勝した時、
それは伝説となった。


が、しかしこれだけでは終わらなかった。
リーチザクラウンは、その後ダービー2着。
ブエナビスタはオークス、そして秋華賞を獲った。


この3頭をして伝説と語られるのか?


それは否だった。
ダンスインザダーク。
ザッツザプレンティ、デルタブルースと菊花賞馬を2頭も輩出した偉大な種牡馬が、
スリーロールスという馬をこの世に送り出し、
この新馬戦で4着という成績をそっと残していた。

いままで語られる事のなかった3着以下・・・。


そこに、まだ伝説が残っていた。



ダンスインザダークは3頭目の菊花賞馬を輩出した。




すごい。



本当に伝説になったと思う。



リーチザクラウンはマイルCSか安田記念くらいなら獲れるんでないかと思う。
この馬は、そのスピードが勝ちすぎている。
コスモバルクのような事にはならないようにして欲しい。


きちんと獲れれば、さらに伝説は大きな伝説となるだろう・・・。


ちょっと、妄想してしまいました。

  1. 2009/10/25(日) 21:03:19|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田原成貴

ああ…まさか…いや「またか」…。


はい、終了。
騎手時代からいろいろ問題はありましたが、ここまで何とか併の外側を歩いて来ました。

でも、この事件が本当だったら恐らく終了です。



パラディーゾの母であるフラワーパークの騎乗は最高だった。
土田世紀とのコンビのあら馬こりゃ馬も最高だった。


ただ50を過ぎてこの結果はひどい。


アウトです。
  1. 2009/10/23(金) 11:06:32|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルティンスターク

アンカツのブエナビスタ降着のショックが大き過ぎて自分の馬の回顧が遅くなってしまった。


池添ナイスだ。
人物的にはあまり感心はしないが、今回の乗り方は合格点をあげれますね。
先行して、逃げ馬を捕らえる競馬。
王道ができました。
覚醒したヒカルアマランスには屈しましたが、1000万の牝馬なら上位である事確認出来ました。

頑張って欲しいです。
  1. 2009/10/22(木) 13:45:22|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋華賞回顧

不運だった。
何度も問題のシーンを観たが、急に斜行をしたというシーンではなかった。ただ、ブロードストリートが、行く気になったところがブエナビスタの進路だったというだけ。


勝負の世界、そのポジションを譲るという選択肢は存在しない。
勝負の中で、あんなシーンはそれこそ星の数程ある。

…本来なら、本来ならと敢えていう。
ブロードストリートが出遅れてなければ、藤田があんな醜くワンカラットにぶつかって行くなんて事は無かったと確信している。


藤田は、出遅れから、勝つ為のポジションをどうしても欲しかった。
だから、そこにブエナが入って来た事に対応が遅れたんだと思う。
過去、アンカツはああいうメに合ってもその騎乗技術の高さで相手が降着になる事なんて殆どなかった。


むろん、一般戦なら藤田も対応できた。また、力のない馬だったら対応出来たんだろう。
ただ、残念な事に、ブロードストリートは勝負が出来る馬であり、またそれがG1だった。


藤田騎手はレース終了後に騒いだという話しもあるが、それは信じたくないな・・・。
それだけ色気を持ってレースをしていたという事なんだろうが、ふだんの藤田なら、すぐ進路を切り替えてたと思える。



アンカツは普通に乗った。
ラフな騎乗でもなく、馬を御してない騎乗でもない。


それだけは確信している。



ただ、被害がブロードストリートが過剰に反応し、ワンカラットにハデにぶつかってしまった事。
裁定は、被害馬の程度で決まるから仕方がない。


降着の原因は被害が大きかった事が原因。


不運であった。

  1. 2009/10/18(日) 18:16:01|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マルティンスターク

昨年、マルティンスタークは堀川特別を快勝。
その時の写真は今も飾ってありますが、その後低迷し、まる一年勝ち星がないマルティンスターク。休み明けのレースになり、リフレッシュはされてますが、先週の調教は不安が残る感じでした。
今週の調教ではまずまずの動きが出来たようで何とか間に合ったようです。
騎手は池添に戻りますが、個人的にはどうなんだろう?
という感じです。
故障だけは勘弁して欲しいのでまずは無事にレースを終えて欲しいです。



さて、グロッタアズーラが11月7日に柴田善臣先生で出走予定となりました。
二ノ宮調教師からは期待が出来るコメントを戴いていますが、果たしてどうなる事やら…。
先生は堅実には乗ってくれるのですが、新馬戦での戦績はどうなんでしょうかね?
こちらもまずは、無事にレースを終えて欲しい所です。
  1. 2009/10/16(金) 12:07:25|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マルティンスターク

今の所、土曜日の京都は雨との事。
マルティンスタークは雨が一滴でも降ると力が出せない印象。
今まで調教で動いていたマルティンスタークが、今回は動かないようなので、体調のアップによる激走も期待出来ないようだ。
ここは一回使って覇気を取り戻してくれるだけで良い。
贅沢は言いません。
ここで終わるような事だけは出来れば陥って欲しくありません。


頑張って欲しい…。
  1. 2009/10/14(水) 17:05:46|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛馬

マルティンスタークが堀川特別に登録しました。フルゲート18頭で16頭の登録なので確実に出走可能なんですが、ちょっと覇気がない様子。
もう、走りたくない…なんて思い始めていないかとても心配です。
ちょうど一年間勝ち星から遠ざかるマルティンスターク。
池添騎手は正直微妙な気分ですが結果があれば文句はありません。



インディゴライトはどうにもこうにも賞金5万では使えるレースがなく福島まで待つとの事ですが夏一回も使えなかったのは痛いな…。
使う頃にはまたピークを過ぎているなんて事がないことを祈ります。



パラディーゾは案の定使ったセントライトの反動が出てウォーキングのみ。
厳しいな…。



ベッロカリーノは平八郎ファームで高熱を出したらしいです。無理はしないで欲しいですね…。



グロッタアズーラは、前日のゲート練習では全く出なかったらしいでしいですが、まさかの試しに受けた試験で合格。
デビュー出来るのかな…?



ピンクアリエスは、脚元が定まってなくウォーキングのみ。
ダメダメです。



グッドゲームは今のところ順調。
このまま成長して欲しい。
  1. 2009/10/13(火) 11:21:49|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グッドゲーム08!!

2009年の出資馬が確定。

グットゲームの08。
父ディープインパクト。

松田博資調教師。


がんばって欲しい・・・。


  1. 2009/10/08(木) 19:37:15|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小説・零細馬主の憂鬱・・・「第一話 セレクトセール」

『お台は1000万円、いらっしゃいませんかー。1000まーん、1000まーん』
静内北海道市場セレクトセール。その会場で、まだ30代半ばといった2人の男がコソコソと話し合っていた。
山崎進というIT系の会社を経営する馬主歴3年目の男と、安彦克己というビルオーナー業している男で、初めてセレクトセールにやって来た男だった。
克己は胸のポケットに引っ掛けてあったボールペンを手に取って進をチラリと見る。
進は克己の意図を察する。
「かっちゃん、この馬いくの?」
「う、うん、行くよ。」
今、上々されているのはアドレスサンデーの05という牝馬だった。
アドレスサンデーと今年のデビューが初年度産駒のジャングルポッケが父の産駒だった。
ひとつ上の全兄は昨年の森台グループのセレクトセールで1億円の値をつけた評判馬だった。
「ど、どうやるんだっけ?しんちゃん?」
「バカ、合図の仕方は教えただろ?なんなら自分で値段を提示しても良いんだぜ。・・・つーか、ボールペン握ってもう、やる気マンマンじゃないか。」
進は力む克己の姿を見て苦笑する。
「う、うん。まあね、ちょっと確認しただけだよ。」
『では1000万から始めます。1000まーん1000まーん』
克己は、そっとボールペンを立てる。
『1000万頂きました。1100まーん、1100まーん1100万はいませんかー?』
オークショニアーが克己のサインに反応する。
「うほ、やっちゃったよ。ドキドキだね、しんちゃん。1000万円だって・・・。」
「ばか、これからだよ。父のジャングルポッケは初年度産駒がまだあまりデビューしてないから未知数だけど、母系はしっかりしてるし、半姉のアドレスメガミは重賞の2着だぞ、このまま落とせる訳がねえやろ。」
「そ、そうだね。」
『1100万頂きました。さて1200万いませんか?1200まーん1200まーん、はい1300万、1400万、1550万。』
案の定、今日のセールで特に注目を浴びていたお馬さんであったようだ。次々と声がかかり、セリの値がドンドン上がる。
「あわわわ、どんどん上がって行くよ・・・どうしようしんちゃん・・・。」
克己が進の袖を引っ張る。
「まあ、この馬だけが上々されている訳でもないし、止めるのも手だよ。」
『2000まーん2000まーん2000万円の方いらっしゃいませんか?』
価格はどんどん上がる。
「やめとくかい?」
少し意地悪く進が克己に声をかける。
「ううううう・・・・いや、いくで!」
克己は少し深呼吸をして、
「2100万!」
吹っ切れたようにビットを開始する。
「2200万!」
しかし、あるバイヤーも引く気はないようだ、すぐ切り返して来る。
「2300万!」
「2400万!!」
「2500万!!!」
価格は沸騰する。
「お、おいおい、良いのかい?かっちゃん。予算2500万までしか用意してないんだろ?森台のセレクトセールじゃないんだから余り熱くなっても・・・走るかどうか分からないよ。」
「う、うん、分かっているよ・・・これで決まれば良いのだけれども・・・。」
克己は苦い顔を進に向ける。
「2600万!」
克己がうなだれる。完全に予算オーバーだ。しかし、克己はすぐ顔を上げてもうひと声を絞り出す。
「2700万!」
「お、おい!?」
心配そうに山崎は克己をみる。
「だ、大丈夫だよしんちゃん、200万くらいなら都合がつくよ。」
それなら良いけど・・・と山崎は引き下がる。
「2800万!!」
「かっちゃん・・・。」
心配そうに山崎は克己をみる。しかし克己もこれ以上は行けない。大丈夫、解かっているよと進に呟きボールペンを膝の上に置いた。
『2900まーん2900まーん、いかがですかー?宜しいですかー?』
オークショニアーが克己を見る。克己は、諦めたように首を振って下りる合図をする。
『ございませんね?』
パン!
『では2800万円。東京都の伊達様。ありがとうございました!』
ハンマーが下ろされた。
進と克己の肩の力が抜ける。
「かっちゃん、びっくりしたよ。どこまで引っ張るのかね・・・、オレのせいで破産なんて嫌だからね?」
進が馬を持ちたいという克己を連れてこの静内セレクトセールに連れてきた張本人だった。
「ははは、解かっているよ。でも、悔しいなー、あのお馬さん、気にいっていたのにな・・・。」
克己が落とせなっかったお馬さんは、ドールホビーと名づけられ、後に阪神JFとオークスを勝つ名牝となるお馬さんであったが、この時点では知るよしも無かった。



数時間後・・・・


「しんちゃん、やったね?!」
進は、ブルーライターの05を1800万円。クジラハゴロモの05を1600万円でセリ落としていた。
「うん、後は走るかどうかだね。でも、かっちゃんも1000万でノンステップラブの05落としてたじゃない。落とした時興奮したでしょ?」
「うん!・・・でも、700万くらいで止めるべきだったかな?ちょっと熱くなりやすいみたい。やっちゃった感があるよ。」
克己は苦笑する。
「はははは、まあまあ、ホワイトバブルって勝ち上がり率も良いし、案外良い買い物だったかもよ。さて、初めての馬も買えたし、どうする、もう帰る?」
そうだね・・・と克己が言いかけた時、
『次は、ラテルネコの05・・・父シンボリクリスエックス・・・お台は500万からです。500まーん、500まーん・・・。』
と、ラテルネコの05という小柄な牝馬が上々されセリが始まった。
ラテルネコ・・・たしかアドレスコンドルとかキャラメルアート・・・それにトップイズツヨシとか兎に角、仔出しが良い馬だったな・・・。
克己はカタログの血統表にみる。
「しんちゃん・・・もう少し良いかな?ちょっと・・・参加したいんだ。」
克己はボールペンを握る。
「了解」
腰を上げた2人は再び腰を下ろした。
そして克己はすっとボールペンを持つ手を上げる。
『500万頂きました・・・600まーん600まーん』
「600万!」
すかさずビットする男が現われた。
「あ、あいつ・・・。」
それは、アドレスサンデーの05をセリ落とした伊達という男だった。
「あ、あんにゃろー。700万!!」
伊達もちらりと克己を見る。
「800万」
「1000万!!」
伊達はもう1度克己をみる。
「1100万」
「1400万!!」
伊達は肩をすくめて、隣の男と話しを始める。
よし、よし諦めろ!
克己は心から願う。
『1500まーん1500まーん。いませんか?よろしいですか?』
オークショナーは伊達を見るが、伊達は隣の男を話しを続けている。
そのまま降りてくれい!
伊達は、オークショナーを見て首を振った。
克己の勝ちだ。
『では、1400万。東京都安彦様、ありがとうございました。』
「よっしゃー!!」
克己は進と握手をする。
「リベンジおめでとう」
「ありがとう」
「ようこそ馬主の世界へ」
克己は力強く頷く。
山崎と克己は1歳馬を2頭つづ購入した。
「しんちゃん、これで馬主の資格取れなかったらどうしよう?」
「まあ、そんときは地方競馬しかないわな(笑)」
「ちぇ、大丈夫だよ・・・くらい言ってよな。」
進と克己は満面に笑みを浮かべた。
 

第2話へ続く・・・(不定期連載です)




この物語はもちろんフィクションです。









  1. 2009/10/08(木) 00:25:44|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

オディール

惨たらしい映像が、アップで映し出された瞬間。

その馬の最後を恐らく競馬ファンなら瞬時に悟ったであろう。

圧倒的1番人気であったエイムアットビップを後方から瞬時に抜き去ったファンタジーステークスを思い出し、


アルスノヴァ、レーヴダムールの戦線離脱から、牝馬クラシック全てを付きあったアンカツを思い出す。


4歳になり、アンカツとは袂を分かったが、ここ最近の復調には、
微笑ましく見守っていた。


少女時代から、成熟した女のダンスは、思わぬ形で幕を閉じた。
葦毛のお馬さんに「白鳥の湖」という名の意味が与えられ、
その毛色は、これから白鳥らしく白く成熟する事なく、跳びたった。

  1. 2009/10/06(火) 19:21:25|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛馬近況

インディゴライト
福島開催に向けて15-15で調整中。
ファルブラヴ産駒には二度と手をだすまいと誓わせたお馬さん。
再ファンドまで面倒をみましたが、どうしても期待出来ず。



マルティンスターク
一時は1600万まで駆け上がったお馬さん。預託料も含めて唯一プラス計上のお馬さん。堀川特別連覇に向けて栗東に戻ってきました。今回は、三歳が混ざってくるので厳しいかも知れませんが、頑張って欲しい。



ベッロカリーノ
平八郎Fにてリフレッシュ放牧。
名古屋角田輝也調教師のところに預けられるそうです。



パラディーゾ
無理してセントライト記念を使いリフレッシュ放牧中。
懸念していたソエが再び再発。



グロッタアズーラ
調教師さんは期待してくれているというコメント。
ゲート試験から始めます。



ピンクアリエス
これほど脚が酷いとは思わなかった…超無念。
  1. 2009/10/02(金) 11:45:19|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
Powered By FC2ブログアフィリエイト