お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
108位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

結果を出したアンカツ

アンカツがカジノドライブに騎乗して、
競馬の何たるかを教えつつ、見事快勝した。

その絶対的スピード値から、ハナを切るレースをアメリカで覚えてしまったカジノドライブに、見事折り合いをつけて、2番手から上がり35.3秒という驚異的な上がりをみせて快勝。

度肝を抜かれた。


本番は、スカーレットの関係からデザーモにバトンタッチという事だが、ドバイの地でのスカーレットとの対決が楽しみだ。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/24(土) 20:29:02|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンカツ

土曜日はアンカツが中山に参戦する。
カジノドライブに騎乗する為に他ならない。


アメリカのダート重賞を日本馬で初めて勝ったお馬さんに、
JCD以来、再びコンビを組む事になった。


よもや1600万下に出場するようなお馬さんではないのは
確実なのだが、アメリカとのレートと賞金の差でこうなった。
ここは、将来の遠征の為に確実に賞金を加算して欲しい。
1600万下では中々骨っぽいメンバーも出走してきたが、
あっさり勝ち上がって欲しいところだ。


日曜日は京都でマコトスパルビエロで平安Sに騎乗。
旧愛馬サンライズバッカスという馬が強敵だが、
もっとも注目を集めるのは、エスポワールシチーだろう。
これでウォータクティクスが出てきたら、本当に素晴らしい
重賞になったのだが、マイネルアワグラス、ダークメッセージ、
ワンダースピードとフェブラリーSの前哨戦として真に素晴らしい
メンバーが揃った。

是非頑張って欲しい。
  1. 2009/01/22(木) 23:10:18|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インディゴライト号の再ファンド

インディゴライトというお馬さんにかつて出資していた。
重賞馬グラスボンバーの半妹で、それなりに期待をしていたお馬さんだ。

残念ながら、規定の日時までに勝ち上がる事は出来なかったが、
引退前のキラリと光る走りが見込まれて、地方へ賞金を稼ぎに行かされた。

連勝による賞金奪取。

それが、もんぺの再出資の条件だったが、
初戦の旭川競馬では1勝したものの、つづく門別競馬場の2、3戦は惨敗。
水沢競馬場まで流れて行き、2着2回で中央で返り咲く事が出来た。


当初、再出資に向けて動くつもりがなかったが、
お目当てのグラスワンダーの子供が両方とも体質に難がある事が解かり、再び出資に心が揺れた。

ダート馬では決してない。
ともすれば健闘した方ではないか?


今日、キャロットの事務所に電話をした。

「かねてから噂のあった喉鳴りは大丈夫か?」

「喉鳴りが心配ですか?喉については何も聞いてないですね。それに喉が鳴っていたら、最後まで一生懸命はしれませんよ。」

との回答。


確かに、門別競馬場での走りは疑惑が上がったが、
水沢では1着の馬には離されたものの一生懸命走って2着を確保した。


再ファンド応じようと思う。


騙されてたら無念だが、牝馬の再ファンドで血統も良い事から、
繁殖を第一に考えても良い所に現役続行・・・。


信じてみたい。
  1. 2009/01/19(月) 23:04:41|
  2. キャロットクラブ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

ゼッケンくれた

ゼッケン

あ、報告。
今日、サイクリングがてらと重賞のみ100円づつ参加の為にウインズに行ったら、ターフィ君が神主さんとなって3連単奥の院とかいって、お祓いだか祈祷をしてくれた。

そして、『グランドラッチ』という実際に走ったお馬さんのゼッケンをくれた。
馬の毛とか、まだ残っており、「7」とある事から、フィリピンT(1000万下)で加藤騎手が乗った時と思われる。この時の着順は2着。

まあまあいいじゃないか。

今度競馬場で加藤騎手が乗る時にサインねだってみようか?・・・迷惑か(笑)


オレってどないやねん・・・。
  1. 2009/01/11(日) 16:29:18|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンカツと武豊がいなくなる日

おそらく、あと5年もしないうちに、
アンカツと武豊がターフからいなくなる日がくるんだと思う。

今日は、奇しくもアンカツと武がいない競馬だった。


何だろう・・・
おかしい話だが、まったく燃えなかった。


昨日言った通りお休み気分だったんだが、
戯れに100円づつ重賞に参加してみた。


なんだろう、美味しい肉なのは解かるが、
焼肉のタレも、塩コショウもかかって無い感じがした。


オレは、もしかするとこの2人が引退した後は、今の情熱を持って
競馬に望めないのかもしれない。


ふと、そう思った。



  1. 2009/01/11(日) 16:03:16|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンカツ風邪で明日の騎乗お休み僕もお休み。

今日は、俄然期待していたキタサンガイセンというお馬さんの応援の為、ウインズへ自転車で出陣。

給料前ので、先週アンカツのアドマイヤオーラと撃沈した、
オイラの薄っぺらのサイフに幸あれー!!

と、キタサンガイセンの単複をしこたま買う。

不安は、菊ちゃんという鞍上のみ!

今日は中京の10Rがオイラのメインレース。

隣の馬が暴れて、タイミングがつかめないままスタート。
後方からの競馬になる。

4コーナー曲がったときはコース取りが上手くいかず、
チグハグな競馬に・・・。


「キクちゃーん!!しっかりぃ!!」


キタサンガイセンは、懸命に走る。


ゴール前きっちり差し切って1着ゴール。

少しだけ潤った。


明日は騎乗機会3回連続2着を確保しているアンカツを2着にして、
少し買おうと思っていたのですが・・・

風邪でお休みになりました。


それを受けてオイラもお休み。
  1. 2009/01/10(土) 21:29:36|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイワスカーレット

ダイワスカーレット過ごいローテーションですね。!


フェブラリーS→ドバイワールドカップ→英国→ブリーダーズカップクラシック→有馬記念。

信じられないローテーションだ。
ただフェブラリーSは必要なのか…疑問である。
  1. 2009/01/09(金) 17:28:55|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年明けから憤りを隠せない裁定・・・

競馬というものを仕事にしていれば、
あれほどの不見識かつ、人の心の機微が解からなくなるのだろうか?

ダイワスカーレットとウオッカ。

2008年度の競馬はこの2頭によって回り、
盛り上がったのは間違いないではないか。

4歳牡馬優秀馬スクリーンヒーロー。
3歳牡馬優秀馬ディープスカイ。

年度代表馬がウオッカになる事はなんら問題ない。
実際2cm差でダイワスカーレットに勝ったのだからね。
それにG1を2勝文句のつけようがない。

が、何故に7人の裁定員の内、3人がダイワスカーレットに特別賞を贈る事に反対をしたのであろう?

以下が反対した3人の言い訳。

(1)年度代表馬の得票が3分の1に達していない 
(2)年間通しての活躍がない 
(3)特別賞を出さないことによって逆に記憶に残る部分がある

意味が解からない。(1)については、たった1頭しか書けないのだ。
79票差があろうと、真の意味では僅差というのが何故解からない?
(2)とはなんだ?年間を通しての活躍だ?競走馬をなんだと思っているんだ?春の大阪杯を本当に見たのか?メイショウサムソン、エイシンデュピティ、ドリパス、アサクサキングスを完封して、天皇賞では、ディープスカイに勝ち、有馬ではスクリーンヒーローに完封しているのに、そのような戯言が信じられない。37年ぶりの牝馬の有馬記念の重みはそんなちんけな言いがかりをつけられるものなのか?
(3)については言葉の意味すら不明だ。
人間の記憶は、記録があるからこそ残るのだ。
ああ、オレは一生忘れないだろう。
しかし、多くの人は忘れる。これは断言する。
特別賞なんてなくしてしまえば良い。


オレは、ファンを無視した競馬記者だけで決められる制度にも疑問だ。
うがった観方をしたら、松田国英さんと競馬記者の有馬の記者会見での因縁が尾を引いたとしか思えない。
もっと、公正な裁定を望みたい。


オレはこの裁定をした競馬記者が信じられない。
  1. 2009/01/08(木) 20:34:54|
  2. 競馬トピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
Powered By FC2ブログアフィリエイト