お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
434位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
208位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
マルティンスターク16(牡)
アディクディド16(牝)
エポキシ16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
ゴレアーダ5戦0勝
レクセル6戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

オークス

日曜日の東京は雨らしい。そうなると何となくだけど、ウォーエンブレム産駒は見限れない。桜花賞の惨敗から、二頭どちらも人気も手頃。先行出来るのも強みかもしれない。
アンカツのオディールはこうなると少しつらい。これが来週のダービーのレインボーペガサスなら恵みの雨なのだが、後方から賭ける競馬が予想されるし、クロフネという父はフレンチデュピティという祖父に似合わず重い馬場が苦手の遺伝子を伝える。ただNHKマイルでブラックシェルが二着に来た事が朗報か…。

内田のレッドアゲートは、父マンハッタンカフェという血統から距離は大丈夫。本命の一頭だ。

まだまだ決めかねるのが現状だ。
予想するのは楽しいレースだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/23(金) 08:58:34|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

愛馬たちの行方・・・2008/05/22

三歳

インディゴライト
坂路でハロン16~17秒のキャンター2本。週2回15-15で調教中。デビュー前に比べれば、格段に動いているようだ。
次回は、芝を試すとの事だけれども、今度は前のような不甲斐ないレースは避けられるのではないか・・・せめて8着以内を目標に頑張ってもらいたい。


セレスチャルローブ
21日に空港牧場を出発し、22日に山元トレセンへ到着。24日に美浦入厩予定との事。無謀ではないのか・・・出走させてから引退の絵図とみるのが妥当だけれども、それでも、デビューはうれしい。
恐らく太一くん。大きな希望はないが、小回り1200辺りを希望・・・。


アーリーレナ
ウォーキングマシン調整。骨折を経験したお馬さんだけに足元との戦いのようだ。順調にいっていれば、今頃入厩だっただけに残念。
ままならないものだ。


マルティンスターク
屋内周回コースで軽めのキャンター調整。「右飛節に腫れが」あるという。
一過性とか言わないで、夏全部休んでいいからしっかり治して欲しい。
たのんます。


二歳

ベロッカリーノ
25日に入厩前調整のため早来牧場を出発し、山元トレセンへ移動予定。お、おお!?
早期デビューの予感です。早めに賞金稼いでくれれば、来年が楽しみなんですが・・・ハギーさんキャロでは渋い評価ですが、腕は確かですから頑張ってもらいたいです。


レティセラ
屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター2本を行っています。馬体重は400キロ。ちょっとまだまだ馬体が寂しい。
無事成長してほしいです。


パラディーゾ
ウォーキングマシン調整を行っています。ハ行中。ショックウェーブをあてて治療中。


良い事、悪い事合い半ばですが、頑張ってもらいたいです。

  1. 2008/05/22(木) 19:11:04|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルク6着・・・

コスモバルク、出遅れるも追い上げ6着・・・
がんばりました。

しかし、地方の馬に松岡というのは、少し違和感がある。
そんなに松岡に乗らせたいなら、
中央に転厩させればいい。

五十嵐冬樹というジョッキーはいささかクレバーな騎乗をする事で
中央の騎手達には不評の多い男だが、一昨年は優勝、昨年は2着という
素晴らしい騎乗をして来たジョッキーではないか・・・

稲葉厩舎あたりに入れるのであれば諦めもつくのだけれども、
些か酷ではないかと思う。

もうバルクの競走馬生活も長くは無い・・・
最後は冬樹に乗って貰いたい。

無理かな・・・。


  1. 2008/05/19(月) 21:56:05|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カジノドライブの海外重賞勝利!

G2とはいえ、日本調教馬がアメリカのダートの重賞を勝った意義は大きい。
快挙だと思う。

デザーモも、無敗のケンタッキーダービー馬の主戦ジョッキーでなかったら乗り続けたいというようなニュアンスの言葉を残している。

ユーチューブで映像を観たが、圧勝だった。

素晴らしい馬だ。

こうなると、サクセスブロッケンあたりもダービーなどと言わないで、
米国に挑戦して欲しいとさえ思う。

日本のダート馬は、やはり厳しい。

ユニコーンSをもっと格式高く設定して欲しいとも思う。
3歳ダートG1級レースは、盛岡のダービーグランプリが無くなったので、
大井のジャパンダートダービーしかない。
地方では破格の5000万の優勝賞金も、やはり格調からいって中央の芝のG1に及ばない。

やはり、ダートの三歳G1は欲しい。
そして、それに見合うだけの馬が日本でも現れ始めている。
惜しいと思う。
ユニコーンSをもう少し早く行って、勝ち馬はアメリカ3冠レースの遠征費用を負担するとか・・・まあ、非現実的なプランなんですが・・・。

まあ、話は元に戻して、カジノドライブはこのままアメリカ三冠最後のレースに向かい、騎手は武豊を指名しているらしい。
デザーモの馬との戦いが楽しみだ。
  1. 2008/05/14(水) 02:13:42|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇賞

天皇賞


圧巻なレースだった。
上位の騎手と馬がそれぞれ最高のパフォーマンスを出していた。
菊花賞馬のアサクサキングスは、積極的に逃げるホクトスルタンを捕まえに行って最後は脚が止まって3着。

そして、メイショウサムソンとアドマイヤジュピタの極限の叩き合い、
一度は交わされたサムソンを差し返したジュピタ。
本当に圧巻。岩田さんは凌いだと言っていたが、確かに1度はサムソンに抜けれている。
天才騎手対天才騎手の壮絶な力勝負だった。
アドマイヤジュピタ。
強い!!おめでとう!

さて、
我らがアンカツは、残念ながら6着。
しかし、あの強心臓の男は本当にすごい。
前残り気味のこの京都で、離れた後方2番手からの競馬を選択。
この男のこの騎乗には賛否両論があるが、2着、3着はいらないという強い意思のある競馬だ。
胸が躍る。
好位置からの競馬では、勝つのは難しいという判断だろう。
消耗戦になれば、この馬にも勝機がある。ギリギリまで溜めて4コーナーからのまくりという去年のアイポッパーと同じ騎乗。
ただ、誤算は軽快に且つ計算されたラップを刻む横典のホクトスルタンに福永のアドマイヤメインが競りかけなかった事。
この辺が、福永の限界。色気を持って騎乗してしまう事だ。
一か八かの勝負はしない。
業を煮やした、1番人気のアサクサキングスが動く。
これは、四位さん得意の正攻法。1番人気の騎乗だ。
当然、そこからレースが動く、ここで、ジュピタとサムソンに置いていかれた。
じわりじわりと伸びるも、6着。

しかし、馬の力は出し切った。
仕方のない騎乗だ。
でも、アドマイヤフジ・・・5着もいい脚だった。
川田君もいい騎乗をした。





  1. 2008/05/06(火) 02:33:41|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Powered By FC2ブログアフィリエイト