お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
112位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

高松宮記念

ここは、ローレルゲレイロから買う事を決断。
ゲレイロから馬連、ワイドを流す。

あと、抑えにキンシャサノキセキとファイングレンそしてスーパーホーネットの馬連BOX。

結果は、抑えのフジキセキ産駒どんぶり。

ちょっと浮きぐらいの結果。

会心の競馬は出来なかった・・・。

しかし、今の僕を象徴するように、喰らいついた結果が出た。

来週の桜花賞に望みをつなげよう・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/30(日) 21:16:03|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

内田だけが頼り!

インディゴライトの口取りの抽選が当たったので、明日は100パーセント中山へ観に行く。

明日はスーツで競馬観戦!!

勝つ可能性としては、厳しいかなと思っていますが、
ヤネが内田博幸様なので淡い期待が持てる。

血統からいうと、やっぱり芝のような気がするので、
ダート1800というのは厳しいだろう・・・。

そんなバカな・・・
と思いつつも、可能性はあるのでやっぱり行って来ます!!
  1. 2008/03/21(金) 21:32:18|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベストオブミー!!

昨日のフィリーズレビューのアンカツの騎乗は芸術的だった。
2着だったが、一番騎乗が光っていた。

後方からの競馬で、4コーナーを回った時はまだ後方。
そこから内を縫うように、本当にマジックとしか言いようがない
手綱捌きでスルスルと内をついて上がってくる。

ゴール前では、一旦は先頭に立つ。
しかし僅かに大外から飛んできたマイネレーツェルに差され2着。

アンカツのベルトオブミーにとってギリギリの距離だったのだろう。
そういう騎乗だった。

しかし、
いいものを観た。

まさに、ベストオブミー!
自身の最高の走りを見せたてくれました。
  1. 2008/03/17(月) 19:24:52|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョッキー前田長吉

競馬の神様・大川慶次郎さんが、
生涯にわたって、前田長吉さんの縁故者を探していたという話を本で読んだ。
大川慶次郎さんが、どういう人か知らない人の為に少し説明しておくと、かの有名な渋沢栄一さんの孫にあたり、
戦前まではたいそうなお金持ちで、父が製紙工場の経営の傍ら牧場を持ち馬主をやっていたため、8歳から競馬場に出入りし、長じて競馬評論家になり、全レースパーフェクト的中をやって『競馬の神様』と呼ばれるようになった人です。
オグリキャップの引退レースの有馬記念の実況で、「ライアン!ライアン!」と言ってしまった人でもあります。

まあ、少し、横道に逸れましたが、この大川さんが生涯気にかけていた前田長吉という騎手。

この前田騎手は、名牝クリフジで11連勝を達成した稀有な騎手です。
その馬クリフジという牝馬は、ダービーとオークスを勝っています。
どうもこの時期はオークスは秋にあったようで、ダービーとオークスを両方制覇が可能だったようですね。
大川さん関連でいうと、大川慶次郎の父が所有していたヤマイマイという馬で、桜花賞を取っていたりします。

さて、この騎手が騎手として活躍してた時期、
それは戦中だったんですね。

そうダービーを勝った歳は19歳か20歳という年齢。
騎手として手綱をたったのは僅か3年余り・・・

そして赤紙が来て戦争に出征して、満州に渡り、
捕虜となってソ連に捕まり、23歳の若さで無くなってしまいます。



前田長吉さん遺骨は2000年から始まった政府の遺骨収集団が、
派遣され、遺骨のDNA鑑定が始まり、
2006年6月2日、その中の一つが前田の遺骨であることが確認され、
7月4日、死から60年振りに遺骨が生家に帰り、3日後の7月7日、無事前田家の墓に納められた。

という事を知る。

せつない・・・

さらにせつないのは、

なお「競馬の神様」と呼ばれた故・大川慶次郎は生前、前田の縁故者を探し続けていたが、ついに亡くなるまで見つけることはできなかった。

という事実。

生きていれば何かが出来る可能性はある。

そう考えてみる・・・。

許されるなら、この人を題材に短い(?)話を書いてみたい
・・・。

書いてみるかな・・・。
  1. 2008/03/15(土) 22:26:26|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マルティンスタークのアルメリア賞

外枠だったからか、良くも悪くもないスタートを切り、
内に寄せるスペースが無いため為か後方4番手からの競馬をする。
阪神は何かと後方からだと厳しいコースなので、
ドギマギしながら観る。
心なしかアナウンサーの声もこの位置でいいのか!?
という含みがあるような声色で実況している。

先頭は、マイネルインゼルが切り、
息を入れながら軽快に逃げる。

人気のレッドシューターは、中段で虎視眈々とタイミングを計っている。
鞍上アンカツ。
この時ばかりは、顔をしかめる。
この男はやっぱり敵にすると怖い。

4コーナーを曲がり直線になるまでレースは動かない淡々としたレース。

そして直線。

進路をさぐりさぐり、外に出してゆくマルティンスタークの池添。

そして、人気馬レッドシューターの後ろにつける。
この馬がここから飛び出せば、その後からついてゆける!?

そう池添は踏んだに違いない。
マーク屋である池添の真骨頂だ。
しかし、アンカツは持ったまま、飛び出そうとしない。

池添まマルティンスタークを、レッドシューターの外に行こうと更に
外へだす。
しかし、横にはマッキーバッハがいて衝突。

その時、アンカツが動いてレッドシューターはひとり旅に入る。

池添はマッキーバッハを弾いて体制を整えて追い始める。

エンジンが掛かって、上がり3ハロンNo2の34.5を計測する素晴らしい脚を繰り出すも、逃げねばるマイネルインゼルを頭差捕らえ切れず、3着でゴール。

窮屈な競馬を強いられ、良い脚を出したので、ちょっと脚は大丈夫かと心配なレースだった。
しかし、アンカツのレッドシューターには0.5秒をちぎられてしまったが、休み明け、発熱あけという状況では良く頑張ったと思う。
始めてに牡馬相手に3着なら上々でしょう。

無事なら、次がまた楽しみになりました。
  1. 2008/03/09(日) 17:58:56|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アドマイヤキッス・・・

骨折というニュースが駆け巡ったのもついこの間だったと思う。

強い馬だと信じていた馬が逝った。

桜花賞の時、この馬に勝てる可能性があるのは、
キストゥヘヴンとアサヒライジングしかいない・・・
と思い、馬単を仕留めたのが最初の縁。

オークス、秋華賞でひどい目に合わされつつも、
強い馬だと信じて買い続けた。

なかなか相性の良かったお馬さんだった。

去年の後半からアンカツが手綱を取り始めると、
オイラの中でこの馬についていく感が増大。

先日の京都牝馬Sでやっぱり強いと認識。

そんなところだったのに・・・

残念です。

ご冥福を祈ります。
  1. 2008/03/05(水) 21:41:51|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Powered By FC2ブログアフィリエイト