お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
221位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
サマーハ16(牡)
ウルトラブレント16(牡)
ブラックエンブレム16(牝)
マルティンスターク16(牡)
アディクディド16(牝)
エポキシ16(牝)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
ゴレアーダ5戦0勝
レクセル6戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

天皇賞の展望

天皇賞の前々日売りの人気が発表された。
1番人気はメイショウサムソンの3.8倍。
皐月賞・日本ダービーを勝った名馬だ仕方がない。


乗り役が池添でなければ、トウカイトリックはもっとも期待できるお馬さんだった。
しかし、池添が天皇賞を勝つイメージがなかなか沸かない。
そうなると、マツリダゴッホ、ネヴァブションというフレッシュな4歳馬に触手が動く。
ダークメッセージやユメノシルシ、エリモエクスパイアまで手を出せば万馬券必死である。

古豪筆頭はやはり、デルタブルース、アイポッパー、トウショウナイト。

うーん・・・買い目が多くなった・・。

ぐはっ
スポンサーサイト
  1. 2007/04/27(金) 23:18:44|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皐月賞回顧

先週の日曜日、
唇を噛み締めてターフに佇んだ。

アンカツとフサイチホウオーの無念の3着。
ハナ、ハナ差の僅差の3着・・・。

無念であった。

1枠1番という最悪の枠順。

ここは皐月賞という舞台では、曰くのある最悪の枠順。

父ジャングルポケットも、この枠順だった。

過去に失格、落馬とケチのつく『魔』の枠順。

そして、父ジャングルポケットは3着・・・。

ここで勝ったのはかの名馬ナリタブライアンが最期・・・。


父の出遅れがデジャブになるような、もっさりとしたスタート。
後方からの競馬となった。

アンカツは腹をくくる。
最期の直線に賭けるという事。

それも父ジャングルポケットと同じ。

アンカツは外を走るフライングアップルを弾き飛ばして
直線に入る。

そしてGOサイン。
じわりじわりとエンジンが掛かるフサイチホウオー。

唸る剛脚・・・と思った所がゴール。

アンカツにして不細工な競馬だった。
脚を余して負けた。

僕にはそう見えた。

馬の力を100パーセント出す事が仕事・・・
といって憚らないアンカツにらしくない騎乗。

無念だ・・・。


僕は唇を噛んだ。

次こそ・・・次のダービーには・・・


頼むぞアンカツ・・・。

  1. 2007/04/19(木) 23:15:41|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

安藤勝己桜花賞連覇!!!

第67回桜花賞、
このレースを観て、松田博資調教師の、「プロなんだからギリギリまでまいいんだ。」
という言葉をまず思い出す。
それは、競馬においてシビアな位置取りをするアンカツの乗り方を評した言葉だ。
アンカツは、馬任せ、自然体・・・そういう乗り方を理想とする一方、やはり荒っぽい、勝負の世界で生きてきた男の乗り方を同時に出来る男だ。


かつて、ディープインパクトにプレッシャーを与える為に馬体をぶつけるという事もG1という舞台で行った事もある。


ディープインパクトはそのプレッシャーを跳ね返して栄冠を勝ち取った。


そして今回、
圧倒的な強さを誇るウオッカに対してやりやがった。


審議にもならない絶妙それは、その強敵に1分の隙を与えるに十分だった。


第4コーナーをまわって直線へ・・・、
アンカツは振り返る。
ウオッカは少し離れた左後方に、その無敵の末脚を繰り出そうをした。


「!?」


アンカツはそのウオッカにダイワスカーレットの馬体を寄せにかかる。
当てるような動きではないが、絶妙なタイミングで詰めた。


しかし、四位さんとウオッカには充分な牽制になった。
四位さんのウオッカはその末脚を1度リセットし、横に離れた。
その隙にアンカツとダイワスカーレットは、トップスピードに乗る。
しかし、ウオッカも不世出の牝馬、
すぐダイワスカーレットの取り付く。


しかし、


しかし、


ここが前走(チューリップ賞)とは違った。
ダイワスカーレットは、ここでウオッカを突き放したのだ。


あとは、来週の皐月賞の本命馬の一角のアドマイヤオーラを撃破したパターン。


充分な貯金(差)をつけて押し切るパターン。


いくらか詰め寄られるも、ダイワスカーレットは先頭でゴール版を横切った。


去年よりいくらか早くガッツポーズ。
そして後ろのウオッカを振り返る。


すげえ!
すげえとアンカツ!


四位さんは、「寄られた事は関係ない・・・。」
そう言ったが、僕はそう思わない。
勝負師・アンカツのエゲツ無い騎乗の術中に嵌ったのだ。


しかし、やはり言おう。
「プロなんだからギリギリまでまいいんだ。」
綺麗に乗って勝つ。


それは確かに理想なのだけど、
これは勝負の世界である。


ボクサーに避けずに殴り合えと言えるか?


否だ。


当てに行くと思わせる。
それだけでは、全く何の問題も無い。


ちなみに、横から当たるのは反則でも何でも無い。


勝負の世界は厳しい。
アンカツの騎乗はやはり正しいのだ。
魂がこもっていた。

感動したよ。


※あと武のアストンマーチャン。ありがとう君は僕に教えてくれたよ。
桜花賞はスピードで勝てるレースでは無い事を・・・。
思えば、数年前乗ったアンカツのムーブオブサンデーも君のように直線で垂れたよ。ありがとう、もう間違えない。







  1. 2007/04/08(日) 23:05:42|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出資馬近況(2007/03/30)

さて今週は桜の女王の座を賭けて疾走する『桜花賞Jpn1』があります。
クラッシクレーズと呼ばれる一生に1度しか出る事が出来ない最高のレースの第1弾。
天才少女達の1600メートルの戦いです。
去年出資したお馬さんが、果たして来年のこのレースに出られるか・・・、1つの大目標のレースです。


とはいうものの、トホホな感じの我が娘達・・・。


4頭中3頭が体に不安を抱えてます。


早く治って欲しいな・・・。


では近況。

インディゴライト(牝)馬体重:452kg
近況
左前脚球節に疲れが見られたため、2週間程度、ウォーキングマシンに留めていました。現在は状態が良化してきたことを受けて、屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを再開しています。身体能力の高さ故、身体にかかる負担が大きく、今回の症状が出たものと思われます。今後もゆったりとしたペースアップを心がけ、能力に見合った筋肉が身体全体につき、釣り合いが取れるのを待ちたいと思います。
もんぺ
球節が相変わらず、ネックなようです。
脚に負担うぃかけない調教が必要ですね。
もしかすると、デビューはダートからかも知れません。
馬体は450前後は僕の理想の体型なので嬉しいです。


セレスチャルローブ(牝) 馬体重:459kg
近況
1日60分のウォーキングマシン調整を行っています。右前球節の捻挫はそうきついものではありませんでしたが、その後の良化スピードが遅く、乗り運動を再開するには至っていません。無理をすると癖になり易い箇所でもあるので、今後も状態を確認した上で調整方法を検討することになります。
もんぺ
捻挫を発症し、運動は一旦休憩。
小さかった体も成長をみせています。
今はゆっくり体を作ってもらいたいものです。
459キロの体重はいいね。


アーリーレナ(牝) 馬体重:421kg
近況
左トモ脚脛骨に負った骨折を考慮し、舎飼にて休養しています。休ませている割に馬体重が減っていますが、これは脚にかかる負担を軽減するため、飼葉を調整していることに起因しているので心配は要りません。今のところ4月くらいまでは休養させ、その上でレントゲン検査を行い、その後の調整方法を検討していくことになります。
もんぺ
一番成長を促したい時に御飯をセーブしなければならない・・・
ちょっと可愛そう・・・。
無念。
早く元気になって欲しい。


マルティンスターク(牝)馬体重:435kg
近況
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っています。順調なペースアップを図れていることから、調教負荷がしっかりと実になっている感じで、これまではどちらかというと頼りない脚捌きが目立っていましたが、ここ最近は馬体もだいぶドッシリとしてきており、手綱を通してガツンとくるような手応えが感じられるようになりました。
もんぺ
今のところ、このお馬さんだけが元気です。
頑張って早いデビューを祈ります。
お願いします!
怪我だけはしないで!

  1. 2007/04/06(金) 00:00:41|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Powered By FC2ブログアフィリエイト