お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
170位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

天皇賞の為に・・・

良い物を見た。
強い馬が1着、2着。
こういう競馬を見たかった。
強かった。
本当に強かった。
とりあえず今はこれだけ、
また明日にでもエッセイ風に書いて見たいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 17:38:48|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006/04/30の競馬!(東京のみ)

20060430005026.jpg

さて、日曜の競馬ですが・・・。
またシビアな買い目。
東京1Rはエプソムメサイア。
恐らく内田の馬が1番人気。
決め手も時計もこっちの方が優秀。
内田の豪腕は脅威だけど、きちんと後藤が走らせれば勝てるはず。
単勝。3倍くらいを見込む。
東京2Rは新馬に有力騎手が乗っているのでパス。
東京3Rも同様の理由でパス。
東京4は障害なので、その競技を堪能すれば吉。
1Rを外しているなら、ユキノアメージングだろう。
障害未勝利なら、1600万で走っていた実力を買う。
東京5Rはサルールの評判が高い。
が風聞のみで馬券は買えない。
強いてここで買うとすれば、マイネルの馬。
2頭出ているので、複勝を奨める。
マイネルの500万と未勝利は複を買っていれば、負けは無いという印象。
本当に3着までに良く入る。
東京6R。
アサクサゼットキ。
特にここまで1番人気が勝ってなかった場合かなり高い確率でここで勝つでしょう。
手を広げるなら、セタガヤフラッグとタキオンバッハ、もう少し見ればビヨンドザムーン。
東京7R
ここは思い切ってフィールドオアシスからマイネルメロス ブライティメッセマイネルメロスの追い込みはとても印象的でした。
ダート2戦目で爆発を期待。
東京8R
内田を擁したマリアヴァレリア。前回は休み明けプラス10キロで快勝した為、2走ボケの可能性もあるが、そこは鞍上が内田ここは信頼する。
相手はトニービンのストロングパイソン マジロコルセア アイアイボタン
東京9R
ここは距離を短くして吉のカタナ。相手は東京巧者のジュラナスリング サクライナセ 。
東京10レース
ここはニシノナースコール サンバレンティン ムーンシャインの3巴
決め手ではニシノナースコールでしょう。しかし、内田を迎えたムーンシャインは侮れない。サンバレンティンは後ろからの競馬なので、少し評価を下げる。
ムーンシャイン
ニシノナースコール
馬単
3着サンバレンティン トウキュウトップ マルターズホビー
東京11Rは前走が鮮やかだったカワカミプリンスから、
ハネダテンシ ラピットオレンジ ノンコ ヤマニンファビュル
パーフェクトジョイで、3連複などはどうだろう。
東京12レースは
再び内田に戻ったケイアイハクスイからクリアーザゴーストトスターオブニルス。


 
  1. 2006/04/30(日) 01:50:23|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇賞最終予想

20060429215334.jpg

まずディープインパクトの勝ちは動かないでしょう。
これはどうも逆らえません。
出来得るならこのお馬さんの単勝100円というのがのどかで1番ベスト。
でもそれではわざわざWINSまで行って買う意味がない。
仕方無しに…本格的に考察…。
まず、勝ちに行く馬と入賞を狙いに行く馬で分けてみる。
まず勝ちに行く馬。
デルタブルース
リンカーン
この二頭は実績から言って勝ちに行く馬と思います。
しかし勝つ見込みははっきりいって無きに等しい…。
こういう馬が辿る運命は三着か惨敗…かな、多分。
よって勝負方法は、
一着
ディープインパクト
三着
デルタブルース
リンカーン
つまり、固定して二着流しの戦略を取ってみたい。
もちろん固い決着の可能性もあるので、二着にリンカーンとデルタブルースを入れる
後は展開で予想してみる。
天皇賞では必ず現れるのが人気薄の馬鹿逃げ。
ディープを恐れて動かない…なんて事があったら二着に残る可能性もあり侮れません。
一昨年前のイングランディーレ(優勝)去年のビックゴールド(二着)の例も有ります。
今年馬鹿逃げしそうなのは…トウカイトリックとシルクフェイマス、そしてビックゴールドではないでしょうか。
その中でビックゴールドは最近の走りを見ると少し力が足りないような気がします。去年とは明らかに勢いが違い、ありません。
よって二着候補には、シルクフェイマスとトウカイトリックを入れます。
あとはやはり外人騎手起用のストラタジェム。
今回の外人騎手はオーストラリアの武豊と言われる名手。侮れません。
それに、外人騎手起用はメイチの予感があり楽しみ。
後は…最近の強さが目立つマッキーマックスでしょうか。
藤田大先生も勝ちに行くと仰っています。
ただ、前回が走りすぎ、多分勝てません。
もんぺの結論。
一着
ディープインパクト
二着
リンカーン
デルタブルース
トウカイトリック
シルクフェイマス
マッキーマックス
ストラタジェム
三着
リンカーン
デルタブルース
以上10点勝負です

  1. 2006/04/29(土) 22:00:48|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006/04/29中央競馬

20060429095954.jpg

さて、明日の天皇賞の為にも今日は勝たないと・・・。
という訳で、今日はシビアな予想。
まず、
京都9レース
マイジョーカー
から
ナイスハンド
ヒスルーシッド

京都10レース
ナイアガラ
ホーマンジュピター

東京9レース
カイシュウタキオン
フェラーリファイブ

東京10レース
オールピュール
ヒカルドウキセイ
シルクタイガー

東京11レース
マチカネゲンジ
から
アドマイヤメイン
マイネルアラバンサ
マツリダゴッホ
エイシンテンリュウ
タニノベリーニ

何てのはどうだろうか・・・
当たらないかなぁ・・・。

  1. 2006/04/29(土) 10:09:10|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハーツクライ

そろほど指示は集まらないかもしれませんが、現日本王者はハーツクライです。有馬記念、ドバイシーマクラシックと連勝して世界ランキング4位。
見事なお馬さんです。
そしてこの度キングジョージ&クイーンエリザベス杯に挑戦する事が正式に決定しました。
敵は何よりもその斤量だと思います。
60.5キロ…はっきり言って未知の重さです。
これを克服出来るかが最大の課題。
是非頑張って貰いたい、そして故障だけはしないで頂きたい。
  1. 2006/04/28(金) 08:39:07|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土曜の府中

20060427200604.jpg

今週の土曜が熱い。
Gボス、内田博幸、安藤勝己、武豊、藤田伸ニ、横山典、柴田善・・・
まあ、蛯名、勝春、後藤もいる。
どうだといわんばかりに、ジョッキーが揃った。
これは面白い。
熱いレースが見られるに違いない。
とても楽しみである。
しかも、アンカツの出番は午後からなのでゆっくり行ける(笑)
また撮りにいこうかな・・・。
素晴らしいレースを期待します!
  1. 2006/04/27(木) 20:14:55|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇賞について

まあ、追い切りが併入遅れとはいえ、ディープの人気が落ちるとは思えない。
まず1番賢い人の賭け方はディープの単勝100円を買うだけ。
まーいわゆる見という奴で、記念切手でも買ったと思う事。
参加もしているし、純粋にディープの応援をすればいい。
これ1番賢明な判断である。
二番目に賢明な方は、ディープからの馬単で勝負する方。
三点勝負ぐらいがベスト。
でも、やはりみんなは三連単で勝負すると思う。
一着は決まっているのだから致し方ない事だと思う。
マルチをする方も少ないと思う。
が、しかし、ディープが負けた時、大金を手にするのはマルチの欄にチェックをした者のみかもしれない…。
  1. 2006/04/27(木) 13:36:13|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の動向

公営船橋の佐藤隆騎手の手術は何とか成功した模様。
麻酔によって昏睡状態は続いているようですが何とかよかったです。

アンカツが青葉賞をタニノベリーニで乗り来てくれるようだ、長く良い脚が使えるけれどちょっとこのメンバーではキツイかな。
またびっくりな情報だけど、ビクトリアマイルではロフティーエイムに乗るらしい、面白い。
NHKではキンシャサノキセキ…これはもう少し成長が必要かも知れません。
でも無事G1に出られるので楽しみです。
  1. 2006/04/27(木) 13:03:15|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青葉賞

20060426215223.jpg

さっそく、天皇賞・・・と思ったのだけど、以前書いた記事に誤りがあったので、青葉賞を書く事にしました。
エイシンテンリュウ・・・ギャロップでは岩田君になっていたのだけれども、
どうやら内田博幸だそうです。
岩田くんでも怖かったけど、内田さんでも充分怖い。
武豊はやはりアドマイヤメインのようだ。
恐らく、ムーンとの両睨み。
近藤利一も、ムーンの適距離は?と思い、武を確保の為お願いしたのでは?
他の有力馬では、典さんを確保した藤沢の期待場マチカネゲンジ。
蛯名のマツリダゴッホ。新馬戦の圧勝劇は大物感がある。
また、ボスの騎乗予定の森さんのトロフィーディール。
晶ちゃんと哲ちゃんコンビのマイネルアルバランサ。
2000m以上を一貫して使っているので中々好感が持てる。
気になるのはここまでかな・・・。


※あと、船橋の佐藤隆騎手が落馬負傷で意識不明との事。
とても心配です。
最近調子が良かっただけに、残念。
佐藤隆騎手は、アジュディミツオーの最初に主戦ジョッキーでした。
  1. 2006/04/26(水) 22:10:13|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜花賞(浦和)

20060426192233.jpg

上の写真は桜花賞の勝利ジョッキー内田博幸。
ダガーアラベスクが出ないとは言っても、
有休申請が通っちゃったから仕方がない。
友人と2人で浦和競馬場へ行く。
やっぱり3連複なのである。
3連単は当たらない。
6レースまで、ちょこちょこ3連単を買ってたが、
裏目が出たり、着順違いで中々的中が出てこない。
んで、作戦を3連複3点、1点だけ3連単作戦に変更。
それが功を奏して、8レース、9レース、10レースと的中。
まあ、1420円、920円、1730円という配当なので結局はちょこっとマイナス
になってしまったんだけど、まあ、許せる範囲。
最初から3連複にしていればなあ・・・。
でも戦ってこの負けなら、まあ良しとしましょう。
明日からは、当分天皇賞の話題にします!
  1. 2006/04/26(水) 19:33:14|
  2. 地方競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青葉賞

青葉賞…それはダービーを期待させる重賞。しかし、僕が競馬を始めて、青葉賞馬がタービー勝った記憶はない。シンボリクリスエス、ハイヤーゲーム、さだかではないけどゼンノロブロイも青葉賞組ではなかっただろうか…(間違いだったらゴメン)二着、三着はあっても優勝はない。
そんな印象がつきまとう青葉賞。
さて今年の青葉賞有力組は、まずは武豊のアドマイヤメイン。
ムーンと同じオーナーだけに勝った後でも困らない。
次に岩田のエイシンテンリュウ。
走方はぐちゃぐちゃだけど中々好走するお馬さん。
マツリダゴッホも忘れてはならない。新馬戦を圧勝した器は非凡。あっさりとあっても驚かない。
また藤沢軍団からのマチカネゲンジ。
この辺が中心ではないだろうか…
さて、GWも近づき、中央、地方問わず活気が出てくる。
その第1弾が青葉賞だ。観たい行きたい(笑)岩田がくるから!
  1. 2006/04/25(火) 15:15:07|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボス

Gallopを読んだら、ストラタジェムの騎手の所にボスの名前があった。
この時期に短期免許を取ってきたのだろうか…。
彼の騎乗は結構好きな部類に入る。
ありがたい事だ。
関西は華やかだなー。武、アンカツ、岩田、藤田、福永らのトップジョッキーに加え、地方から川原、鮫島(父)らの参戦。
加えてボスかぁ…。
凄いなぁー。
あ、でも今週の土曜日は青葉賞のおかげで武や岩田が関東に来てくれる。
楽しみだー。
  1. 2006/04/25(火) 08:48:11|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇賞

20060424204246.jpg

天皇賞・・・。
強い馬が勝つというイメージが最近薄れてきていた。
イングランディーレ
スズカマンボ
大波乱を演出してきた京都3200・・・。
今年は、デープという大本命馬がいる。
彼が負けるといイメージが湧かない。
しかし、考えてみると、
去年のメンバーはともかく、
一昨年のイングランディーレの年を思い出す。
ネオユニヴァース、リンカーン、ゼンノロブロイ、ザッツザプレンティ・・・
ロブロイ以外の有力メンバーの殆どは馬群に沈んだ。
何があるかわ解らない。
でも逆にロブロイは2着に来たという事を考えると、
デープは来るという事か、
すると、デルタ、リンカーンなどが飛ぶ?
去年の傾向からいうと、上がり馬が絡んできているから、
マッキーマックス、アドマイヤモナーク、ストラタジェムなどが怖いかな。
そういえば、ストラタはボスが乗るんだね。
ボス。
あの騎手は乗れる騎手だから、気をつけないと・・・。
  1. 2006/04/24(月) 20:51:03|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハズレの予想

去年は伏兵のオーガストバイオを見つけたアンタレスS。
今年の穴馬はプライドキムを指名。
思えば、プライドキムは二歳優駿であの公営のシーチャリオットに快勝しカネヒキリしたお馬さん。
骨折をしていなければカネヒキリと優劣を競い合っていた逸材(だと思う)。
と、心の中で言い訳をして、思い切ってプライドキムを◎
プライドキム
から
サカラート
オーガストバイオ
ピットファイター
ヒシアトラス
カフェオリンポス
ベラージオ
ヒィフティーワナー
フィールドルージュ
エンシェントヒル
馬連
  1. 2006/04/23(日) 11:00:08|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006/04/23中央競馬

20060423025804.jpg

上の写真は、2006/04/22で撮った写真では自分では良い方と判断した写真。
カッチー(グルーヴィンハイ)と後藤(マイネルコレドール)の叩き合いです。
さ、明日である。
フオーラSは、全くの不可解な参戦のテイエムプリキュアの取捨が考え所。
中心はアイスドールやマイネサンサンにしたい所。
しかし、雨ならば、
断然プリキュアがいいのでは?と思う今現在。
よく見極めなければならない。
アンタレスSでは、勢いでは断然ヒシアトラスなのだが・・・
京都ではいまいち突き抜けない印象がある。
ならば連勝中のフィフティワナーや、雨に強いサカラートなどが怖い。
また復調の気配を感じるプライドキムの先行力も魅力。
こっれも馬場状態をみて慎重に検討しなければならないだろう・・・。
難しいなー(笑)
  1. 2006/04/23(日) 03:20:57|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真か馬券かどっちかにするべき

今日の教訓は、馬券を買うかカメラを撮るかどっちかにするべきだという事。
カメラを撮っているとファインダー越しにレースの1番面白いゴール前の攻防を見る事になり、実に窮屈なのである(笑)
というのもちっとも当たったか外れるかが確認出来ないのである。ゴール前の攻防をカメラに収めるだけで精一杯なのだ。
つまり馬券の当たり外れはゴールの瞬間には解らないのだ。
これはどういう事かというと、リアルタイムでは馬券のレースは参加していないという事。
折角競馬場に居るのにである。
また、馬券の検討がおざなりになってしまい、考えに考えた末の勝負が出来ない。
これではいけない。
次からは前日予想をきっちりする事。
馬券を買うレースをより厳選し、なるだけ馬券を控える事。
さらに馬券を買うのは出来るだけ9レース以降の他場にする事。
…今日は今年に入って最大の赤字かも…(笑)いつもは9レースからの参加なのに、写真を撮りたいからって朝から競馬場まで行ったのが最大の敗因で、次の敗因は目の前のレース(東京12レースと他場メイン全て)に手をだした事。猛省です。
  1. 2006/04/22(土) 17:27:15|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早速デジカメ持って出陣

さて、朝9時である。早速デジカメ持って府中へ繰り出す。
いい写真撮れるかなー(笑)
まだまだ下手くそなのにね。
今日は内田博幸も来てるし、藤田組長もおいでになってます。
藤田組長は最近関東で調子が良いのでちょっぴり期待してます。
蛯名は降着になったタイキヴァンベールでの騎乗も有り、幻の万馬券を返してもらわなければならない(笑)
さて、一日楽しむぞー!!
  1. 2006/04/22(土) 09:21:09|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006/04/22の鉄板勝負

20060420003315.jpg

さて、早くも、週末になり、土曜日の予想をしてみる。
1番人気と内田博幸という組み合わせは必勝といって良いが、
前半はそれで転がしてみる。
負けても1000円程なので、まあ良い。
んで鉄板勝負。
ヒカルベガとジャッキーテーズト
マチカネキララとタガノデンジャラス
タイキヴァンベールとアルドラゴン
それぞれ馬連と馬単・・・。
来週の天皇賞に向けて資金稼を稼ぐ。
・・・でもとっちかが来ないんだよねー(笑)
  1. 2006/04/22(土) 01:25:27|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日天気になーれ

前ログにて、デジカメを買った事を記載した。
では察しがつくと思いますが、…そう、写真が撮りたいのです(笑)
一応、天気予報では土曜日は晴れとの事。
日曜日は雨模様なのですが、とりあえず明日は晴れ。(多分)
しかも明日は内田博幸が府中にやってくる。好きな馬であるアルドラゴンやジャッキーテイストも出走予定。
実に府中へ繰り出すのに前向きにさせて頂ける。
やはり行くしかない。写真を撮ってたら馬券が買えない…なんて事も有り得るけど、それもひとつの狙いだったり(笑)
惰性で参加するのではなく、勝負レースのみ参加。
きっとこれでいい筈。
うんうん。
明日晴れたらいいなー(笑)
  1. 2006/04/21(金) 14:15:10|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひとつの時代だ終わった・・・

20060420001554.jpg

私事だけど、僕のひとつの時代が終わった。
さようなら20代・・・
始めまして30代・・・
後どれだけ競馬を見つづけれるのだろうか、
まだまだ見ていけるとは信じていても、
少しセンチな気分になった。
実際、あっという間の30年間。
競馬に対する新しいスタンスを模索し、
大枚を叩いてデジカメを買った。
馬を撮ろう。
そう決意した。
馬券を買うという事は、競馬界を支える最も尊い貢献方法だという事は
解っている。
でも、それだけではなく、
カメラというツールも自分のモノにしようと思った。
まだまだヘタクソで、
本体と予備バッテリー、SDカートも含めて55000円の初期投資。
自分自身のバースデーにしても少々高すぎる買い物かもしれない。
とりあえす、3年。
このカメラを使おうと思う。
そして月に2回はお馬さんの写真を撮ろうと決意する。
夏競馬の時期は厳しいけれど、
なんどか南関東の競馬場を撮ろうと思います。
ちなみに、今日の写真は、デジカメデビューがしたくって、
川崎まで行ってきました。
上の写真はパドックの写真です。
  1. 2006/04/20(木) 00:31:31|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

勝手に思ってた桜花賞

今年の桜花賞はまだ終わっていない。
え?
キストゥヘヴンが勝って終わったって?
あんなに喜んでいたじゃないかだって?
ふふふふ・・・
それは中央の話。
実は、浦和の桜花賞・・・つまり南関東の桜花賞はまだなのだ。
なぜ、このレースに注目しているかというと、
中山競馬場で500万下特別レース呉竹賞を鮮やかにロケットスタートを決め、2番手から競馬を進め、快勝したアヤパンが出走する予定だからだ。
それは鬼のようなロケットダッシュで、強烈ば印象を残したからである。
しかも、500万下とはいえ特別レース。
勝手にダガーアラベスクとの対戦を楽しみにし、
友人と有休とって観にいこうとまで約束してしまった。
ところが、
ダガーアラベスク、牝馬のクセに羽田杯(地方重賞G1)から東京ダービーに向かうプランだという事を知る。
愕然とする。
仕方が無い、それぞれのレースで応援するか・・・と諦める。
しかし追い討ちのようにダガーアラベスク、骨瘤を患い放牧に出されてしまった。
ガーン!
アヤパン対ダガーアラベスクの対戦を勝手に想像して息巻いていたのに・・・
ああ、有休・・・どうしよう。
アヤパンだけ応援するかな・・・。
来週、桜花賞。
ちょっと楽しみが半減した今日この頃。
  1. 2006/04/19(水) 13:43:01|
  2. 地方競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇賞

20060418213017
天皇賞の登録を見てみると、G1馬はディープを除くとデルタブルースただ一頭。
何とも寂しいメンバーではないか…。
G1に出走の常連を含めてもリンカーンくらいか…。
改めてスズカマンボの引退が悩ましい…。
天皇賞はガチガチではないだろうか…。
ファストタテヤマやアドマイヤモナークは好きなお馬さんだけど、このメンバーではどうだろう…。
二着、三着なら解らないかな…。
天皇賞まであと二週間。ゆっくり考えよう。
  1. 2006/04/18(火) 21:30:17|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皐月賞回顧

20060417142110
皐月賞は失意の内に終わった。
犯人は、写真のお馬さん。
見えにくいけどサクラメガワンダーです。
マイナス4キロは気になった。
けれども内田博幸が何とも頼もしいじゃないか…。
追える騎手に切れるお馬さん。
人気も穏やかで、妙味有り…。
岩田のフサイチジャンクを本線に、おいしくなったドリームパスポート、メイショウサムソンも押さえた。
最後の直線。
後方から怒涛の如く追い上げるサクラメガワンダー…。
突き抜けそうで突き抜けないもどかしさ…。内田!!
うちだぁー!!
中山の坂で前と同じ脚色になる。
ああ…
ムーンもリシャールも交わせず六着。
ああ無念。
ジャンク君お疲れ様。三着、頑張ったね。ダービーでは期待しているよ。
サクラメガワンダー…後方から追い込んだけど届かなかったね。
でも、それは弥生賞でアンカツが失敗していたのでは?
キャプテンベガ…元々このメンバーでは厳しいと思っていたから惨敗もショックは少ないよ…でも、アンカツさん、僕らは貴方がドリームパスポートもサクラメガワンダーも蹴って選んだそのお馬さんで結果をだす姿は本当は見たかったよ。
無念…。
メイショウサムソン、ドリームパスポートは間違いなく強い。
皐月賞…大反省です。
  1. 2006/04/17(月) 14:21:10|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

何という事だ…

20060417091812
中山最終レースで起死回生の馬連万馬券的中(岩田!善臣さんありがとう!)で、皐月賞の不運を解消したかに見えた…が、
不運は続いた。
翌日、神田駅(東京)で線路内に人が立ち入り、最悪のタイミングで電車が止まる。
1番会社へのアクセスが悪い場所だ。
15分程余裕を見て通勤していたが、それでも間に合いそうにない。
きっと、線路内に立ち入った人は昨日の皐月賞で酷い目に遭って、自暴自棄になったのに違いない…と勝手に想像しつつも、今年初めての遅刻という事態にブルーとなる。
どうせなら出走取り消しを(休もうかと)考えた程テンションが下がった。
定期が使えない路線に乗り換え、大外をブン回して会社に行っている訳だか、音速の末脚届かず、タイムオーバー(遅刻)確実というか確定。
何てこったい…。
  1. 2006/04/17(月) 09:18:12|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある競馬に携わる男達の戦い

VFSH0038.jpeg

皐月賞は、副軸が崩壊したので、あまり思い出したくない・・・。
が、今日は中山競馬場まで遠征し、とても興味深い人々を発見したので報告する。
競馬場で、予想して馬券を買って一喜一憂という姿は珍しくない。
いや、普通の光景だ。
しかし、
馬券は買わないが、勝ち馬を予想する人々を今日始めて気づいた。
予想屋?
・・・いや違う。
地方競馬場では見かける・・・というか名物だけど、中央競馬場は予想屋は許可されていない。
では、何者なのか?
それは・・・。
カメラマン達だ。
彼等は、勝ち馬を予想してその馬にレンズを向けてシャッターを切る。
「ああ!外れた!」
「よし、勝った馬が撮れた!」
馬達が通り過ぎ、ターフビジョンをみて口々に感想を漏らしている。
彼等にとって、負けた馬は、フィルムに納めても価値がないのだろう・・・。
彼等は明らかに趣味のカメラマンとは違う、そんな雰囲気を持っていた。
プロなのか・・・と聞かれればそれは謎だ。
しかし、彼等は明らかに勝つ馬を被写体に求めていた。
「オレは典の馬狙い」
「はは、内田だよ」
そう仲間と話しているカメラマン達。
「今日は朝から1枚しか撮れない。」
「オレはさっきから5連勝」
馬券の話のようでそうでは無い話題。
面白い・・・そんな世界があったのか・・・。
ちょっと、あんな楽しみ方もあるのかと・・・新鮮な気分になった。

  1. 2006/04/17(月) 00:27:30|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢を叶えて

20060416211522
騎手生活22年。
男のキャリアである。男は裏方の仕事が多く、滅多に華やかな舞台に立つ機会に巡り合わなかった。
決して下手ではない、調教などはとても上手いと評されていた。
しかし、男にはなかなかチャンスが与えられなかった。
2006年皐月賞…
男にチャンスが巡って来た。
男が相棒と掴み取ったチャンスだ。
デビューからずっとコンビを組んで来た相棒。
男はこの馬の能力が百パーセント出せるように調教、そしてレースをして来た。
そして、男の相棒はそれに応えるように一戦事に着実に力をつけていく。
メイショウサムソン。オペラハウス産駒で、テイエムオペラオーに続くG1奪取を、テイエムオペラオーと同じ皐月賞を目指して、
偉大な先輩の後を追うように、この舞台に立つ。
男の今年の勝利は3つ。
その内の2つがこの相棒とのものだった。
経験のない大舞台だったが、
相棒との信頼関係は絶大だった。
スタートから6番手で上手く折り合う。
まって・・・
まって・・・
まって・・・
最後の直線・・・
男は満を期して負う。
そして、逃げるフサイチリシャールを交す。
中山の坂がとてつもなく高く感じる。
後ろから1頭近づいてくる。
怖い。
無我夢中で追う。
相棒の勝負根性に火が点く。
そして、そのまま栄光のゴール・・・。
振り返ると、これまた裏方の仕事が多い、若者が手綱を握っていた。
すまん・・・
でも最高!
男は今年4勝目を挙げた。
なんと、4勝のうち3つが重賞で、すべてがメインレースだった。
石橋守・・・。
男はしっかりと表舞台に居た。
  1. 2006/04/16(日) 21:15:22|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輝け一等星!

その馬に、名馬の背中を知る武豊も期待した。
しかし、その馬はなかなか結果を出せなかった。
苦渋の決断でダードを走らせてまず1勝。
武豊はここで、この馬の背中を降りる。
そしてアンカツが乗る。
凄い背中だ・・・。
満を持して、ようやく芝でも結果を出した。
しかし、若葉Sではフサイチジャンクの2着に負けた。
能力はある。
まだ底には、凄まじい力を秘めている。
アンカツは感じた。
そして、
アンカツは、サクラメガワンダー、ドリームパスポートを降りて
この馬を選んだ。
その決断に衝撃が走る。
頷いたのは、松田博資と武豊のみ。
やはり・・・と、
最後、重心を沈めて爆発・・・、
それさえ出来れば、G1を狙える。
そして、それが出来るハズ。
アンカツはそう感じて、決断した。
敵は確かに強い。
この馬は華やかな戦歴はない。
しかし、
母にベガを持ち、兄にアドマイヤベガとアドマイヤドンを持つ。
その血統はメンバーNo1.
ブラットスポーツ。
そう言われる競馬の世界。
いつ変わってもおかしく無い。
キングカメハメハも負けて強くなった。
この馬も或いは・・・
兄に続いて輝け!
キャプテンベガ!
  1. 2006/04/16(日) 00:24:24|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雌雄のマイラー

1マイル・・・
その距離に強い馬。
それらはマイラーと呼ばれる。
他の距離には無い、その距離だけに許される呼称だ。
ダイワメジャー。
その馬は非凡なマイラーである。
G1勝ちこそは2000mの皐月賞のみだが、
ダービーCTを勝ち、関屋記念で2着、マイルCで2着・・・
その走りを見てみると、本来はマイルの才能が高い事が窺える。
ダンスインサムード。
衝撃の無敗の桜の女王に戴冠した天才マイラー。
その前途は洋々と開けていたかに見えた、
が・・・、
その桜花賞以来勝ち星が無い。
しかし、そこは藤沢和雄という調教師の腕の見せ所である。
昨年の天皇賞で3着になりその復活の兆しが見えてきている。
それぞれの目標は、安田記念とヴィクトリアマイル・・・。
マイラーとして非凡な才能を持つ2頭が、マイラーズCで激突した。
雌雄のG1馬のマイラーの激突。
鞍上、
ダイワメジャーに安藤勝己。
ダンスインザムードに武豊。
次に向けて無様な姿は見せられない。
名馬と名馬。
名手と名手。
それぞれの戦いが始まる。
ダイワメジャーの横には快速馬のローエングリンが入る。
去年の勝ち馬だ。
ダイワメジャーにとっては内を裁いてくれる事が見込まれる。
心強い。
スタート。
思惑通り、ローエングリンはグングン加速して内へ切れ込んで行く。
その道は、そのままダイワメジャーの道となる。
そして、好位5番手に落ち着く。
一方、ダンスインザムートは、馬群後方からの競馬となった。
こうなったら最後の切れ味にかけるしかない。
プリサイスマシーンが淀みなくレースを作る。
そして最後の直線。
アンカツのサインにダイワメジャーが反応する。
ローエングリンが、プリサイスマシーンに競りかけるが、
プリサイスマシーンが二の脚を使って突き放す。
ダイワメジャーの反応が鋭い。
プリサイスマシーンを横目に、グングン前に出る。
ダンスインザムードも大外から上がって来る。
ダイワメジャーが抜け出す。
58kgのトップハンデでも全く脚が止まらない。
ダンスインザムードも追い上げるが、ダイワメジャーを捕らえれない。
ダイワメジャー!
ダイワメジャー!
そして、ゴール。
ダイワメジャーが1年振りに勝利を飾った。
ダンスインザムードは追い込むも2着。
勝利はまた次の機会となった。
2頭のマイラーの雌雄のワンツーとなった。



  1. 2006/04/15(土) 19:05:17|
  2. 競馬エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は大人くウインズ後楽園

20060415171218
写真はウインズ後楽園の入口にあるお馬さんの置物。
確かユメノイリグチ号だったかな…今度再確認しておきます(笑)
  1. 2006/04/15(土) 17:12:18|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

皐月賞に向けて中間報告。

フサイチジャンク
本軸
サクラメガワンダー
ジャリスコライト
副軸
キャプテンベガ
アドマイヤムーン
スーパーホーネット
サクラメガワンダー
ジャリスコライト
ナイアガラ
ドリームパスポート
ショウナンタキオン
ダイヤモンドヘッド
メイショウサムソン
ディープエアー

三連複か単にするかは明日の天候、馬体重を観て決めます!
サクラメガワンダー
ジャリスコライト
フサイチジャンク
の馬連と三連単BOXは必ず買います。
また、キャプテンベガは予想抜きに応援として単勝100円買います。
これで3000円かな…。馬連はムーンにマイナス材料が見つかったらガツンと勝負します!あわわわ…(>_<)
明日は中山行きたいなー(笑)でも雨…(:_;)
  1. 2006/04/15(土) 17:09:15|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト