お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
206位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

キングカメハメハ

ハーツクライの活躍を見て、キングカメハメハという1頭のサラブレットを思い出した。

僕の中では最強の馬。
NHKマイルカップを圧勝し、日本ダービーを手中に収めた名馬だ。

人生に躓き、堕落し、無気力だった僕に、活力をくれた恩人、いや、恩馬である。

始めてみたのは、キングカメハメハが始めて負けたレースだった。
走っても走っても前の差が詰まらない・・・、雄大な馬体が必死にもがいていた。

・・・がんばれ。

僕は、声に出していた。

馬券も買っていない。いや、買うという発想が無かった。
ただ、テレビて見ていたたけ。

結果は3着。

こんなものなのか・・・。

どう足掻いても、ダメなのか・・・。

勝手にその馬に自分を重ね合わせた。
だから、何故こう思ったのかは解らない。
この馬が次に出てきたら、この馬の馬券を買おう。

僕は、この日観た、キングカメハメハという馬を・・・。

そして、2004年の毎日杯。

僕は、このキングカメハメハの単勝に1万円をつぎ込んだ。

「いけ!いけ!いけー!!」
1番人気のシェルゲームを交わした時に興奮は今も忘れれない。

キングカメハメハはこの日勝った。

1万円が21000円になった。

2.1倍だったが、大金だった。

そしてこの馬は僕に希望と、熱い情熱の灯火を分けてくれた。
そして、安藤勝己というショッキーに出会わせてくれた。

ありがとう。僕の最強馬・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/27(月) 23:18:12|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高松宮記念

高松宮記念…、デュランダル、カルストルライトオ、アドマイヤマックスもいない短距離のG1…。
群雄割拠というには余りにも小粒なメンバー。

そう思うと、やっぱり信用できるのはラインクラフトとシーイズトウショウの二頭という結論は、そこそこ納得出来るであろう…。
しかし、ラインクラフトは休み明けで未知の距離、シーイズトウショウは体調の変動が激しく近走は凡走を繰り返すときていて、マイナス材料はあった。
あと間を割って入るとしたら中京で実績のあるキーンランドスワン、プリサイスマシーン、シンボリグランという所か…。

よって、シーイズトウショウとラインクラフトの馬連を本線に三連複と上記二頭を一着二着で三連単を購入。

発走まじかになり、ある馬が気になり始める。

オレハマッテルゼ

抜群に気配が良く見えた。

三連複と三連単の三着に追加…。

結論から言えば、これは正解だった。

まあ、欲を言えば三連単は色んな意味で余計か(笑)

オレハマッテルゼ…おめでとう!オイラの予想を本当に上回り、優勝。

柴田善臣さんも久しぶりの中央でのG1勝利です。素晴らしい。

追伸
プリサイスマシーン…惜しかったね(笑)
  1. 2006/03/27(月) 15:00:06|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドバイ

ドバイで競馬の祭典があった。
馬券を発売しないレース。しかし賞金は世界最高・・・。
オイルマネーで巨万の富を得た一族の殿下が主催する国際レース。
全て彼のポケットマネーから賞金がでる。
世界の名馬と自分の名馬を走らせる・・・。
何と言う贅沢な遊びなのだろう・・・。
日本からは、ユートピア、フラムドパシオン、ガブリン、アグネスジェダイ、
ハットトリック、アサクサデンエン、ハーツクライ、カネヒキリ
スターキングマンが参戦した。
日本が誇る名馬達である。
そして、ジョッキーは日本の天才・武豊、金沢の若武者・吉原寛人
そして、日本ではおなじみのフランスのジョッキーのペリエとルメールがそれぞれの馬に騎乗する。
本当に凄いレース。

でも、関西テレビや西日本テレビでは放送されるのに、
関東のキー局はこのレースを無視・・・
フジテレビなどは、競馬の30番組がちょうどあるのに無視・・・
なんという悲劇・・・いや、喜劇・・・。

あれでは、いくら予算をつぎ込んでも競馬ファンは離れていくばかりだ・・・。

もっと考えて欲しい・・・。

こほん、では、ドバイについて綴ろう・・・。


まず最初の日本馬の登場はゴドルフィン・マイル(G2)のユートピア号。
鞍上は武豊。1600mダートコース。1着賞金は60万ドル。
日本円で約6800万円くらいかな。
好スタートを切ったユートピアは果敢に逃げる。
この馬のもっとも得意な1600m左廻り。
こういう形になったユートピアは強かった。
最後の直線で2着以下を突き放しての1着勝利!
初戦からの大金星。
最高だぁ!!

次に登場したのが、怪物といわれたクロフネの血を色濃く受け継ぐ白きダートのプリンス・フラムドパシオン(武豊)と、南半球生まれのガブリン(ペリエ)。
ガブリンがハナを切ってレースを演出すると、フラムドパシオンが後方から追走。

ガブリンがバテ始めると、フラムドパシオンが満を持して順位を上げるが、届かず3着。

勝った馬は強く、遥か前方6馬身先・・・。ディスクリートキャット一着。鞍上は世界のデットーリ。そして、馬主はゴドルフィン。
つまり殿下の馬。世界の名馬に対して、まず殿下の馬が1勝。
1着賞金120万ドルナリ。でも自分のポケットマネー(笑)

まだまだ、レースは続く。
今度はドバイ・ゴールデン・シャヒーン(G1)1,200m(ダート)である。
ここで登場するのはアグネスジェダイ。鞍上は金沢の騎手・吉原寛人(22)
ここでは、相手が悪いかなと思ったが、そこは吉原という騎手の腕が冴える。
出負けして後方からのスタートになるが、最後には盛り返して6着。
何とか賞金確保。

はっきり言って、ジェダイは日本でも名馬と呼ばれる馬ではないので、この結果にビックリしました。

ブルーコンコルド・・・君が出ていたらこのレース・・・どうなっていたの?

ドバイ・シーマ・クラシック(G1)である。2,400(芝)である。
このレースに出走するのは、ハーツクライ。
この馬には思い入れがある。
安藤勝己が、キングカメハメハかハーツクライか・・・ダービー前に迷ったお馬さんでした。そして安藤勝己はキングカメハメハを選び、ダービーを勝った。ハーツクライは2着でした。
その馬が昨年のグランプリレース・・有馬記念をあのディープインパクトを破って勝利をもぎ取った。
そのハーツクライがドバイに遠征してきた。1着賞金300万ドル。芝のレースでは世界最高賞金のレース・・・。

モノが違う。

そう表現していいレースだった。圧勝・・・。

鞍上はルメール。有馬記念と同じパートナー。
もし、もし、安藤勝己がキンカメじゃなく、ハーツを選んでいたら・・・、世の中何があるか解らない。
安藤はどっちを選んでも正解というとんでもない運を持っていたという事か・・・。

ちなみに、ユートピアも安藤勝己が乗っていた。

まあ、すげぇ!
ハーツ、世界最高のレースに勝っちゃった!!


ドバイ・デューティ・フリー(G1)はハットトリックとアサクサデンエンが出走・・・見せ場なく惨敗。無念・・・。

ドバイ・ワールド・カップ(G1)
1着賞金360万ドル。
日本のダート最強馬。カネヒキリの登場。
好位につけ、頑張ったけど、5着でした。
無念。

ドバイのダートは砂というより、土のような感じ。
だから、芝でも走れる馬じゃないとキツイかも知れない。
勝った馬は、エレクトロキューショニスト(デットーリ)は去年の夏に芝でゼンノロブロイに勝った馬。

うーん・・・難しいね。あ、この馬も殿下のお馬さんだ。

エルコンドルパサー級の馬じゃないと勝てないかも・・・ドバイワールドカップは・・・。

そういう意味ではヴァーミリアンなんてどうだろうね?

まあ、本当に楽しめました!
来年も沢山遠征して欲しいな。その時は・・・フジテレビさん、本当に宜しくっす!
  1. 2006/03/27(月) 01:49:31|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Powered By FC2ブログアフィリエイト