お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
285位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

内田博幸とサクラメガワンダー

サクラメガワンダーの鞍上が決まった。な、なんと内田博幸その人だった!
益々、高いレベルでの混迷が深まる皐月賞戦線。
岩田さんに続き、内田さんも地方所属のままクラシック制覇の望みが出て来た。
安勝が乗って欲しかったお馬さんではあるけれど、こういう結果ならば仕方がない、というよりは望む所。
弥生賞では延びきれなかったけど、あれがサクラメガワンダーの実力ではない。
充分巻き返しの可能性はあるお馬さんです。内田博幸の大胆な騎乗とサクラメガワンダーの勝負根性はクラシックをあっさり勝っても全く意外では無い。
是非頑張って貰いたい!ジャンク、メガワンダー、キャプテン…それぞれ大いに活躍を願います!
スポンサーサイト
  1. 2006/03/31(金) 08:24:08|
  2. 内田博幸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャリスコライト

ジャリスコライトは、アグネスデジタルの半弟である。万能の馬、ワンダーホース・アグネスデジタル。この馬はキングカメハメハに次いで好きな馬のグループに入る。
海外地方中央のG1を獲り、芝・ダートをも超え活躍したお馬さんだ。
ジャリスコライトはそんなお馬さんの半弟で、世界で活躍したファンタスティックライトを父に持つ。
府中でのレースは圧巻で他馬を子供扱いして勝ちあがり、朝日Fではデザーモのチョップ追いにて、惜しくも破れるが(笑)、京成杯では危なげなく快勝。今回のクラシックでは、横山典とタッグを組む。G1のシルバーコレクターの汚名を是非払拭して頂きたい。
(でも、二着固定は押さえます(笑))

ジャリスコライト君、名馬と呼ばれるよう頑張って頂きたい!
  1. 2006/03/30(木) 14:42:17|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安藤勝巳とキャプテンベガ

安藤勝巳の皐月賞の騎乗馬はキャプテンベガに決まった。
当然だろうという声もあったが、大部分の方は意外な選択だと感じたのではないか?
モンペもそのひとりだ。
友道調教師のサクラメガワンダー、或は同じ松博でもドリームパスポートのどちらかだと思っていたからだ。まさか武豊が最初に手放したキャプテンベガに乗ろうとは、本当に意外であり、残念だ。少なくとも今の所は…。
だが決まったものは仕方がない。安藤勝巳にもキャプテンベガに可能性を感じたから、キャプテンベガに騎乗すると信じよう。
応援します!
キャプテンベガは安藤勝巳のよきパートナーだったアドマイヤドンの半弟であり、ダービー馬アドマイヤベガの全弟。底力は他の馬にも引けをとらない…。
成長する予知はある。皐月賞は厳しいと思う。しかしダービー、菊花賞へ向け頑張って欲しい。
追伸、ダービーではサクラメガワンダーに乗っても、それはまた良し(笑)
  1. 2006/03/30(木) 14:27:17|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎競馬2006/03/29

今日は、9レースだけ、参加した。
過去の実績と、近走からみると、的場文男のハツラツと、金子正のドラゴンシャークが目を引いた。
相手は、内田博幸のデビューノオドリコ、今野のトライワンズラック、森下のコスモダークくらいか・・・。
買い目は、ハツラツ1着、ドラゴンシャーク2着で3頭へ流した。
結果は、ハツラツ→トライワンズラック→ドラゴンシャーク。
2着、3着が入れ替わりで無念の敗北。
救いは、コスモダークが競走除外になって100円戻って来たという事か・・・。

さて、好評?の勝ち馬評価。
1Rはカソクソウチの際どく逃げ切り勝ち。期待度B。
注目馬:ゴールデンハッピーいい脚で伸びてました。
2Rはサングレイド。抜け出しての勝利。期待度C
注目馬;リュウフブキ。終い良く伸びて2着。
3Rフルオブスピリットはまんまと逃げ切り。目立つ相手もいなく注目度C
4Rフジエスエマージュ。大外一気で勝利。期待度B
注目馬:ピンクノライオン内に切れ込むも、良い脚持つ。
5Rイブキマラゲーニャ。最速の上がりで、狭い所を突き抜けて勝利。期待度A
6Rサンキョウマンボ。好位から抜け出して強い勝ち方。期待度A
7Rヒロヤスキングオー逃げ切り勝ち。期待度B
8Rロードライジングが強い勝ち方するも、中央所属の馬。期待度ナシ(中央で通用するか不明の為)
9Rハツラツ。他馬を圧倒しての勝利。期待度A
10Rテラノリファードしぶとく逃げ切る。期待度B

本日の内田博幸は、8鞍中1勝でした。

  1. 2006/03/30(木) 01:08:53|
  2. 地方競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩田康成とフサイチジャンク

皐月賞、ダービーと岩田康成の騎乗馬が決定した。
現在無敗の連勝馬、フサイチジャンク。
3億3千万の超高馬だ。
ジャンクスポーツでも取り上げられていて、
知名度も高い。
自在性もあり、成長力にも富んでいる。
不安な点は、今まで勝った相手で骨っぽい相手がキャプテンベガ1頭のみという事と、多頭数のレースを経験していないという事。
皐月賞が試金石になると思う。
ただ、モンペの印象では長い距離もこなしそうなので、ダービーや菊花賞の方が可能性はあると思われる。
岩田がどこまでこの馬を導けれるか・・・そこに注目したい。
中央移籍1年目で、いきなりダービー制覇も可能性あるだけに、
大注目のコンビだ。

  1. 2006/03/30(木) 00:29:19|
  2. 岩田康成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内田博幸とマイネルハーティー

内田博幸とマイネルハーティーがダービー卿でコンビを組む。
ニュージーランドトロフィーを後方一気で勝ったコンビである。
強敵は、マイル戦で充実著しいインセンティブガイ、関東の名トレーナーが期待するキングストレイルだろうか…。
古馬になってのマイネルハーティーは、意外に延びがなく善戦と惨敗の繰り返しである。
追い込み馬にしては上がりが34秒前半の実績しか無いのも少し不満。好位からの競馬が出来ないと厳しいかもしれない。
まあ、とは言っても内田博幸である。
不安より期待の方が大きいのは事実だ。
安勝で結果は出なかったけれど、内田なら…という期待がある。いや、決して安勝が不満な訳では無い、ファンだしね。
ただ、内田博幸というジョッキーの充実振りをみて、安勝のファンだけに、その差が解るという所か…。
掲示板には、是非載って頂きたい。
  1. 2006/03/29(水) 13:18:10|
  2. 内田博幸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩田康成とアドマイヤジャパン

大阪杯には、アドマイヤジャパンと岩田康成がコンビを組む。
アドマイヤジャパンといえば典さんというイメージだけれど、今回は関東で乗るようなので岩田くんになったようだ。
岩田が今回アドマイヤジャパンを乗りこなせば、典さんがリンカーン。岩田がアドマイヤジャパンという構図が見えてくる。ディープ包囲網としては申し分ない。
相手は武のローゼンクロイツだろうか、これまでの力関係から言えばアドマイヤジャパンが上だろう。しかし休み明けの身、油断は出来ない。
鞍上を岩田に、武とローゼンクロイツ、対決が楽しみだ。

  1. 2006/03/29(水) 12:51:48|
  2. 岩田康成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安藤勝巳とスズカマンボ

2006年大阪杯、安藤勝巳とスズカマンボのコンビが始動する。
休み明け、トップハンデ59Kgと状況は厳しい。
安藤勝巳は、お手馬のローゼンクロイツを武豊に譲る形となった。
今回のレースで勝つ確率は後者の方が高いようにも思える。しかしこの条件を克服する事ができれば、春の天皇賞が見えてくる。
あのディープに勝つとしたら、この馬の方が可能性があるかも知れない。

どうか、頑張って貰いたい。

  1. 2006/03/29(水) 08:45:08|
  2. 安藤勝己
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎競馬2006/03/28

今日は、会社の先輩と夕飯を食べたので、今日の予算からは川崎競馬参戦不可能という状態。
でも、帰宅後レースはチェック。
1Rに勝ったマキバシャラポアは、見事な逃げ切り勝ちで今後も期待できるのでないかと思った。期待度A
2Rのアスターバジルも中々の勝ちっぷりでよい。期待度A
3Rのラヴスイートは波乱の決着。上がりも40.8と微妙。期待度C
4Rのデンタルライトは、身体も絞って良い状態。期待度B
5Rのネローリは逃げて且つ、上がりもメンバー2番目の39.7で纏めて、良い勝ちっぷり。期待度A
6Rミシガンガール、最後詰め寄られるも見事な逃げ切り勝ち。期待度B
7Rアイウィルウインは好位からの差しきり勝ち。期待度B
8Rケイアイミシック。あまり馴染みのないダート2100m。他馬を相手にしてないものの、強いとは言い切れず。期待度C
9Rサイレントケニー。メンバー最速の上がりで指しきり勝ち。期待度B
10Rアプロバリエンテ。馬体を増やして、充実したか・・・、期待度B

今日は、勝ち馬の評価にしてみました。
今後の参考の為にもなかなか良いかな(笑)
  1. 2006/03/29(水) 00:59:13|
  2. 地方競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内田博幸20060327

三月二十七日の騎乗は七騎乗。
一着一回
二着一回
三着一回
うーん(゜-゜)微妙ですね。でも勝星がひとつあるだけでも凄い事だから、良しとしましょう(^O^)/

内田博幸さんは一昨年にリーディングを取ってからの充実がすばらしく、南関東…いや地方競馬に置いてもっとも活躍する騎手へと変貌を遂げ、西の岩田康成、東の内田博幸と呼べるようになった。(僕だけ?)

岩田さんは、もう中央入りを果たし、地方競馬に於ける内田博幸の存在感は増すばかりだ。だから、残念だけど内田博幸はすぐにな中央へは行かない気がする。

それは悲しい事だけど、内田が居なくなってまで南関東の競馬をするか…と言われれば即答が出来ない。

中央に移籍すればそれはそれで応援はしますけどね…。

さて、来年は中央か地方か…どっちを選ぶ??
楽しみだ!
  1. 2006/03/28(火) 21:06:09|
  2. 内田博幸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎競馬2006/03/27

今回は地方競馬の話。
3/27は、お昼を立ち食い蕎麦で済ませた為、今日の予算に200円程の余裕が出来た。
となれば、川崎競馬でもやろうか…という考えに至る辺り、もはや救われない程のアレである(笑)
まあ、しかし、僕は地方競馬になると途端に本命頭になるので、夢みて愚かな馬券を買ったりしないという事だけが救いか…(笑)

そして選んだレースは第7競争のアクアマリンフラワー賞三歳である。
JRAからの参戦もある交流戦だが、はっきりいって出る幕はない面子。微かにコスモタイドのみ不気味だけど、エスプリジャパンとキングオブライヒで鉄板である。
さて、馬券の買い方だけどここは地方競馬のみ残る伝統の枠単に決定。(馬単より時々高くつく為)頭は、散々迷った揚句、二番のエスプリジャパンに決定。
枠単:2→5

結果は本当に二頭の叩き合いでゴール前でキングオブライヒが抜け出し的中。

一点で当たるのは気持ちいい!!

もう百円は別レースで外した事はここでは内緒(笑)
  1. 2006/03/28(火) 14:57:16|
  2. 地方競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キングカメハメハ

ハーツクライの活躍を見て、キングカメハメハという1頭のサラブレットを思い出した。

僕の中では最強の馬。
NHKマイルカップを圧勝し、日本ダービーを手中に収めた名馬だ。

人生に躓き、堕落し、無気力だった僕に、活力をくれた恩人、いや、恩馬である。

始めてみたのは、キングカメハメハが始めて負けたレースだった。
走っても走っても前の差が詰まらない・・・、雄大な馬体が必死にもがいていた。

・・・がんばれ。

僕は、声に出していた。

馬券も買っていない。いや、買うという発想が無かった。
ただ、テレビて見ていたたけ。

結果は3着。

こんなものなのか・・・。

どう足掻いても、ダメなのか・・・。

勝手にその馬に自分を重ね合わせた。
だから、何故こう思ったのかは解らない。
この馬が次に出てきたら、この馬の馬券を買おう。

僕は、この日観た、キングカメハメハという馬を・・・。

そして、2004年の毎日杯。

僕は、このキングカメハメハの単勝に1万円をつぎ込んだ。

「いけ!いけ!いけー!!」
1番人気のシェルゲームを交わした時に興奮は今も忘れれない。

キングカメハメハはこの日勝った。

1万円が21000円になった。

2.1倍だったが、大金だった。

そしてこの馬は僕に希望と、熱い情熱の灯火を分けてくれた。
そして、安藤勝己というショッキーに出会わせてくれた。

ありがとう。僕の最強馬・・・。
  1. 2006/03/27(月) 23:18:12|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高松宮記念

高松宮記念…、デュランダル、カルストルライトオ、アドマイヤマックスもいない短距離のG1…。
群雄割拠というには余りにも小粒なメンバー。

そう思うと、やっぱり信用できるのはラインクラフトとシーイズトウショウの二頭という結論は、そこそこ納得出来るであろう…。
しかし、ラインクラフトは休み明けで未知の距離、シーイズトウショウは体調の変動が激しく近走は凡走を繰り返すときていて、マイナス材料はあった。
あと間を割って入るとしたら中京で実績のあるキーンランドスワン、プリサイスマシーン、シンボリグランという所か…。

よって、シーイズトウショウとラインクラフトの馬連を本線に三連複と上記二頭を一着二着で三連単を購入。

発走まじかになり、ある馬が気になり始める。

オレハマッテルゼ

抜群に気配が良く見えた。

三連複と三連単の三着に追加…。

結論から言えば、これは正解だった。

まあ、欲を言えば三連単は色んな意味で余計か(笑)

オレハマッテルゼ…おめでとう!オイラの予想を本当に上回り、優勝。

柴田善臣さんも久しぶりの中央でのG1勝利です。素晴らしい。

追伸
プリサイスマシーン…惜しかったね(笑)
  1. 2006/03/27(月) 15:00:06|
  2. 中央競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドバイ

ドバイで競馬の祭典があった。
馬券を発売しないレース。しかし賞金は世界最高・・・。
オイルマネーで巨万の富を得た一族の殿下が主催する国際レース。
全て彼のポケットマネーから賞金がでる。
世界の名馬と自分の名馬を走らせる・・・。
何と言う贅沢な遊びなのだろう・・・。
日本からは、ユートピア、フラムドパシオン、ガブリン、アグネスジェダイ、
ハットトリック、アサクサデンエン、ハーツクライ、カネヒキリ
スターキングマンが参戦した。
日本が誇る名馬達である。
そして、ジョッキーは日本の天才・武豊、金沢の若武者・吉原寛人
そして、日本ではおなじみのフランスのジョッキーのペリエとルメールがそれぞれの馬に騎乗する。
本当に凄いレース。

でも、関西テレビや西日本テレビでは放送されるのに、
関東のキー局はこのレースを無視・・・
フジテレビなどは、競馬の30番組がちょうどあるのに無視・・・
なんという悲劇・・・いや、喜劇・・・。

あれでは、いくら予算をつぎ込んでも競馬ファンは離れていくばかりだ・・・。

もっと考えて欲しい・・・。

こほん、では、ドバイについて綴ろう・・・。


まず最初の日本馬の登場はゴドルフィン・マイル(G2)のユートピア号。
鞍上は武豊。1600mダートコース。1着賞金は60万ドル。
日本円で約6800万円くらいかな。
好スタートを切ったユートピアは果敢に逃げる。
この馬のもっとも得意な1600m左廻り。
こういう形になったユートピアは強かった。
最後の直線で2着以下を突き放しての1着勝利!
初戦からの大金星。
最高だぁ!!

次に登場したのが、怪物といわれたクロフネの血を色濃く受け継ぐ白きダートのプリンス・フラムドパシオン(武豊)と、南半球生まれのガブリン(ペリエ)。
ガブリンがハナを切ってレースを演出すると、フラムドパシオンが後方から追走。

ガブリンがバテ始めると、フラムドパシオンが満を持して順位を上げるが、届かず3着。

勝った馬は強く、遥か前方6馬身先・・・。ディスクリートキャット一着。鞍上は世界のデットーリ。そして、馬主はゴドルフィン。
つまり殿下の馬。世界の名馬に対して、まず殿下の馬が1勝。
1着賞金120万ドルナリ。でも自分のポケットマネー(笑)

まだまだ、レースは続く。
今度はドバイ・ゴールデン・シャヒーン(G1)1,200m(ダート)である。
ここで登場するのはアグネスジェダイ。鞍上は金沢の騎手・吉原寛人(22)
ここでは、相手が悪いかなと思ったが、そこは吉原という騎手の腕が冴える。
出負けして後方からのスタートになるが、最後には盛り返して6着。
何とか賞金確保。

はっきり言って、ジェダイは日本でも名馬と呼ばれる馬ではないので、この結果にビックリしました。

ブルーコンコルド・・・君が出ていたらこのレース・・・どうなっていたの?

ドバイ・シーマ・クラシック(G1)である。2,400(芝)である。
このレースに出走するのは、ハーツクライ。
この馬には思い入れがある。
安藤勝己が、キングカメハメハかハーツクライか・・・ダービー前に迷ったお馬さんでした。そして安藤勝己はキングカメハメハを選び、ダービーを勝った。ハーツクライは2着でした。
その馬が昨年のグランプリレース・・有馬記念をあのディープインパクトを破って勝利をもぎ取った。
そのハーツクライがドバイに遠征してきた。1着賞金300万ドル。芝のレースでは世界最高賞金のレース・・・。

モノが違う。

そう表現していいレースだった。圧勝・・・。

鞍上はルメール。有馬記念と同じパートナー。
もし、もし、安藤勝己がキンカメじゃなく、ハーツを選んでいたら・・・、世の中何があるか解らない。
安藤はどっちを選んでも正解というとんでもない運を持っていたという事か・・・。

ちなみに、ユートピアも安藤勝己が乗っていた。

まあ、すげぇ!
ハーツ、世界最高のレースに勝っちゃった!!


ドバイ・デューティ・フリー(G1)はハットトリックとアサクサデンエンが出走・・・見せ場なく惨敗。無念・・・。

ドバイ・ワールド・カップ(G1)
1着賞金360万ドル。
日本のダート最強馬。カネヒキリの登場。
好位につけ、頑張ったけど、5着でした。
無念。

ドバイのダートは砂というより、土のような感じ。
だから、芝でも走れる馬じゃないとキツイかも知れない。
勝った馬は、エレクトロキューショニスト(デットーリ)は去年の夏に芝でゼンノロブロイに勝った馬。

うーん・・・難しいね。あ、この馬も殿下のお馬さんだ。

エルコンドルパサー級の馬じゃないと勝てないかも・・・ドバイワールドカップは・・・。

そういう意味ではヴァーミリアンなんてどうだろうね?

まあ、本当に楽しめました!
来年も沢山遠征して欲しいな。その時は・・・フジテレビさん、本当に宜しくっす!
  1. 2006/03/27(月) 01:49:31|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Powered By FC2ブログアフィリエイト