お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
223位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

2017年度のシルク募集予定馬は発表されました。

気になる馬(でも人気になるから縁はなさそうなお馬さん)
シルキーラグーンの16(牡)・・・ゼーヴィントの下でやはり気になる。兄は結構売れ残ったけれど弟はどうかな。(父ディープインパクト)
スイープトウショウの16(牝)・・・なかなか大物が出ないけれど、やはり最凶牝馬の仔は気になる。(父ハーツクライ)
サマーハの16(牡)・・・・・・・・・・・モルジアナの半弟。父ゴールドアニュールは本気で欲しい。
レーヴドスカーの16(牝)・・・・・・いわずと知れた名門一族であり悲運の一族。(父ロードカナロア)
ブラックエンブレムの16(牝)・・・ブライトエンブレムの半妹。父はネオの子のヴィクトワールピサ。
ルシルクの16(牡)・・・・・・・・・・・父オルフェーヴル。シルクでは人気になるルシルクの仔。
メジロフランシスの16(牝)・・・・・モーリスの全妹。(父スクリーンヒーロー)



狙えるか?
ロザリンドの16(牡)・・・・・・・・・・父はルーラシップ。母は未勝利引退。シーザリオ一族だから狙えるかな。
シーイズトウショウの16(牡)・・・母父サクラバクシンオーで現役時代は好きだった。(父ダイワメジャー)


ジャスタウェイ産駒も興味はある。
票を読みながらの出資になると思います。

今年から、追加募集はシルクではしないつもりなので、考えて考えて出資したいと思います。



スポンサーサイト
  1. 2017/06/07(水) 23:49:56|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年度の一口馬主生活

ソウルスターリング1

オークスが終わって、今週日本ダービーがありますね。
何となく、ダービーが終わると今年の折り返しのような気持ちになります。

7月にはセレクトセールもあり、シルクの募集ツアーとキャロットの募集ツアーと一口馬主生活も盛り上がりをみせてきます。

今年は、まだ3勝しかしていません。
それでも重賞2勝と内容は濃いものとなっています。


しかしながら、現3歳世代の出資には失敗した感が否めません。
ゴレアーダ、レクセル、マルムーティエといった母出資馬の子は仕方ないにしても、
それでもマルムーティエだけは勝ち上がってくれるものと信じていました。

2歳時のケガ明けから、どうも様子がおかしく、この3頭は未勝利引退が濃厚となって来ました。


そして最悪の失敗が、インペリアスールのケガ・・・

尻尾の骨折をしたり、骨軟骨腫(オステオコンドローマ)を発症したりとふんだり蹴ったり・・・・

高額馬が走らないときの絶望感は半端ありません。


残るは、堀先生とこのヴェリタヴルのみですが・・・兄達とは違って調教で「お?」というところが有りません。
君だけが頼りです・・・頑張ってほしい(笑)





さて、そんな状態なので、今年の出資は失敗するわけにはいけない崖っぷちです。



セレクトセールの上場馬が発表され、元愛馬の仔はグロッタアズーラの17というダンカーク産駒のみでした。
もっとも、この仔はノーザンFではなくアイズスタッド(株)の生産なのでキャロットの募集される可能性は皆無だったので、逆のキャロットが落札したら、来年の募集馬にランクインしてくれるかもしれません(笑)


ひとまず、
マルティンスターク16(父オルフェーヴル)・牡 
エポキシ16(父ダンカーク)・牝            
ピンクアリエス16(父トーセンホマレボシ)牝
ミニョネット16(父ワークホース)牡

あたりがキャロットに募集されたら、行くしかない。
ただし、マルティンの仔以外は未勝利引退も覚悟しての出資。
マルティンスターク16が10万円、エポキシ16は3万5千円、ピンクアリエス16は3万円、ミニョネット16は4万円くらいで募集されると予想しています(笑)
この資金について、ネオリアリズムが稼いでくれた中山記念、クイーンエリザベス2世C、昨年度の年次分配で確保できます。

さて、いつもなら20万円前後が予算なんですが、今年はシルクの方が募集が早いの難点。


まあ、この3年で抽選は通らないとわかったので、シルクはもう気持ち的には下火です。
東京サラの次はシルクをどうかしようかなと思うので、
抽選は最初の1回だけで、全滅したらもう2017年度の出資はキャロットだけにしようと思います。


さて、どうなることでしょうか・・・。



  1. 2017/05/23(火) 17:26:25|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

景気の悪い話

レクセル1

ネオリアリズムが中山記念やクイーンエリザベス2世カップを勝ってくれて、一見絶好調のように思えるのだけれど、
その他のお馬さんを見ると、決して良い事ばかりではないのが、もんぺ厩舎です。


今年3歳のお馬さんはいずれも未勝利で、レッドレイヴンの2010年産駒以来、1世代に1頭は活躍馬が出ていたのが、
遂に途切れようとしています。


今年3歳のラインナップは以下の通り、
マルムーティエ
ゴレアータ
レクセル
ヴェリタブル
インペリアスール



マルムーティエは、デビュー戦から3戦は3着、3着、4着と堅実に走っていたものの、ムリをして脚を傷めて復帰したら大敗続き。
レクセルは中谷騎手が何故か後方から大外を廻す競馬をして大敗続き、ゴレアーダは初戦大敗。今週秋山騎手の手腕に託します。
インペリアスールは、初戦大敗してそのあと故障・・・手術をする時間はないので、このまま自然治癒を目指すとか・・・
ヴェリタブルはまだデビューにも至っていない・・・
ヴェリタブルに賭けるしかない現状です。




そんでもって古馬たちもケガが多い。
ブライトエンブレムは屈腱炎。
モルジアナは両前足骨折と肺出血。
ゼーヴィントは球節の腫れ

シルクの活躍馬は軒並み休業中。




意外と厳しいのです。(笑)




  1. 2017/05/08(月) 20:51:38|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼーヴィント、AJCCに出走

ゼーヴィント2


AJCCにゼーヴィントが出走します。
左前脚に爆弾を抱えているので、調教では相手に見劣る内容でも、まあ及第点。

シルキーラグーンの仔が中山の2200mを走り、そして1番人気というのはちょっとビックリなんですが、
母父はブライアンズタイムならそれもまた血の妙といえるのでしょうか。

鞍上は、目下1番人気を飛ばしまくっている戸崎騎手ですが、思えば昨年のラジオNIKKEIで勝つまでは戸崎騎手は福島でなかなか勝てない騎手でした。


何かのきっかけを掴めばあっさりもあるので、戸崎騎手の手腕に期待したいです。

後は、ゼーヴィントの悪いところが出ないことを祈る。





AJCCは今年初めて生で愛馬が観れる。



着順はともかく、楽しみです。

  1. 2017/01/22(日) 00:20:20|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レクセル、今年最初の出走は本厄らしく大敗(笑)

gannbaruのコピー


今年、最初のレースはレクセルの新馬戦となりました。
鞍上は中谷騎手。


もしかしたらブレイクするかと言われている騎手でしたが、
買いかぶりでした。
1/5のナイトバナレットと成功したからかは知れないのだけど、
今の京都コースで最後方から、大外に持ち出してレースしようなどとふざけたレースをしてブービー。


3コーナー前で、1頭交わして大外に持ち出す間に最後方になり、
そして、1頭抜くという本当にふざけた内容だった。


正直、勝ち負けは期待できる状態ではなかったから、
次のレースに繋がるレースを観たかった。



つまり、最後方ならどっしり構えて、内を突いていって何処までいけるか見たかった。
もしかしたら8着以内をゲット出来たかも知れない。



まあ、それでも、思ったよりは競馬になった気もします。
最悪はタイムオーバーも覚悟していたので、
次回は、もう少し工夫をして騎乗してもらいたい。

次回は、勝ち馬から1.0秒以内に来て欲しいな。



しかし、本厄らしい大敗であった・・・。





「スタート自体は五分でしたが、出てからスッと流れに乗れず後方からの競馬になってしまいました。レースは上手なのですが、ちょっとワンペースな感じはしたので、もう少し距離があった方がいいように思います。最後までバテずに脚は使っていますから、次は変わってくるのではないでしょうか」(中谷騎手)


「除外の可能性もあったので、もう1本追い切ってもいいかなという状態ではありましたが、パドックの気配を見る限りは仕上がったという印象でした。ただ、実際ゲートを出てみるとすんなりと行き脚がつかず離されてしまいましたからね…。結果的に着順は良くなかったのですが、たとえ後方でも馬群から離されないように追走できればまた違ったでしょう。そういう意味ではもう少し距離があっても良さそうですし、変わってくる余地は十分あると思います」(高野師)
  1. 2017/01/07(土) 13:29:29|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト