お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
223位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

ネオリアリズムが香港のクーンエリザベルⅡ世カップを優勝!!

返し馬
写真は中山記念時


ネオリアリズムが香港という異国の地で、G1を勝ってくれました。
クイーンエリザベスⅡ世カップというG1です。
過去の日本馬でいえば、エイシンプレイストン、ルーラーシップ


遠征前に、種牡馬にしたい。その為にG1が欲しい、獲らせてあげたいという旨の手紙がクラブから届きました。
その為の遠征だという事を、昨年暮れの香港マイルに負けたにも関わらずクラブは会員に送って来ました。

しかも、香港ツアー募集は正式に決定を発表する前に案内が届いていました。


やや、クラブはかかり気味ではありましたが、その熱意には心を打たれ、6着以内にくれば遠征費もペイできるという状況で8頭立てという奇跡。


中山記念の出来が維持できれば5着以内は固いと思っていたので自分はこの決断は英断だと思いました。


大阪杯に出ていたとして、キタサンブラックに勝てていたとは思えませんでしたしね。

今日の天皇賞も観ていましたが、皐月賞の時、もう1回走ったら、ブライトエンブレムはキタサンブラックには先着できたとか思っていた僕を殴りたい(笑)
キタサンブラックは本当に強い。
是非、フランスに行って欲しい・・・

そして、天皇賞秋を譲って欲しい(笑)


鞍上は、ラッパードラゴンがもしクイーンエリザベスⅡ世カップに出てきたら確保は難しかったのですが、ラッパードラゴンが香港チャンピオンマイルに舵を切ってくれた為に、ジョアン・モレイラ騎手を確保する事が出来ました。

このラッパードラゴンもとても強いお馬さんなので、回避してくれたのもありがたい。


「雷神」「マジック・マン」という異名をもつ香港No1ジョッキーです。
心躍らない訳が有りません。



日本でも海外馬券の対象になり、だんだん盛り上がってきて天皇賞の裏扱いではありますが、競馬チャンネルでは露出が増えて来ました。・・・流石に地上波では天皇賞が精一杯でしたが(笑)



相手は、昨年のクイーンエリザベスⅡ世カップの勝ち馬のワーザー(2016年の香港の年度代表馬)、そして香港ダービーの2着馬のパキスタンスター。
でしょか、・・・ペリエも地味に怖い。




レースは、やや出負けしてワーザーが邪魔で、後方の位置からのスタート。
この大舞台で、まさかの後方からの競馬。
いや、そのレースも出来るけど・・・いっぱい勝って来たけど・・・とちょっと不安になりました。

みんな指し馬なので、1000mが1分8秒ちかくとかいう超ドスローの展開。
このまま決めて勝負をするの?

と思ったら、この1000m地点でモレイラが動きました。3コーナー手前で捲って一気に先頭に踊り出て、
そのままレースを動かしました。

ペースもネオリアリズムのペース。
残り2つのコーナーを使って勢いをつけて先頭で直線に入ります。


モレイラの右鞭と豪腕が唸り、後方からワーザーとパキスタンスターが襲い掛かって来ますが、
ネオリアリズムもその差を詰めさせません。


残り50メートルまで同じ脚色で叩き合います。
そこから、ゴールまでジワリジワリとパキスタンスターとワーザーが襲い掛かって来ましたが、なんとか・・・なんとか凌いで優勝しました!!



モレイラも何度も立ち上がって喜びを表現していました。



勝ちタイムは2:04.59


日本ですと未勝利戦でもパッとしないタイムで、香港でも当然遅いタイムなんでしょうけど、勝ちは勝ちです(笑)
天皇賞のレベルを考えると、アレですけれどそれでも嬉しいG1勝利です。


また、○○に助けられた勝利とか・・・レースレベルが・・・とは言われるんだなー・・・と予想されるのですが、その運も実力だと思います。



他の愛馬レッドレイヴンをみるとつくづく思います。



堀先生、厩舎のスタップさん、牧場関係者さん、モレイラさんありがとうございます!!



クラブコメント
4/30  香港・シャティン競馬場
30日のシャティン競馬ではスタート後に若干行きたがる素振りを見せるが、上手くなだめつつ後方を追走する。ペースが落ち着いたこともあり途中で動いて先頭へ。直線では最後に外から差を詰められたがしっかりと脚を使って見事優勝。


「道中の流れがかなりゆっくりでしたし、かなり難しい展開でした。途中から動いていく形でしたが、直線では本当に頑張ってくれましたね。彼のビッグハートには驚かされ、私のジョッキー人生でも非常に大きな勝利を挙げることができました。今回は素晴らしい馬でチャンスをいただき、ありがとうございました」(モレイラ騎手)


「前回香港に来た時はコンディションを整えるのに苦労して、結果的にはいい走りをお見せできませんでした。今回は以前にも話したように日本から1頭の参戦でいろいろ気を遣ったものの、過去の経験が活きましたし、しっかりと態勢を整えて送り出すことができたのは大きかったです。戦前にジョッキーといろいろ戦略を練っていて、ベストの展開とは言えなかったものの、モレイラがとにかく上手く勝利へと導いてくれましたね。海外で結果を残せたのは非常にうれしい限りですが、もちろん国内でも頑張りたいですし、これからも馬の可能性を信じていろいろ挑戦していきたいです。今日はたくさんの応援をいただき、ありがとうございました」(堀師)



昨シーズンの香港年度代表馬を始め、地元香港馬を中心に手強いメンバー構成でした。また海外遠征で調整に難しさのある一戦でしたが、展開や馬の行く気を考慮して積極的に動き、直線ではしぶとく粘り込んでG1制覇の栄誉を見事に掴んでくれました。馬の頑張りやモレイラジョッキーの手腕、そして堀厩舎やネオリアリズムの遠征に携わっていただいた関係者の方々の尽力もあり、見事G1ホースの仲間入りを果たしてくれました。また、ここまで変わらずに応援いただいていた会員の皆様の声援が、この結果につながってくれたはずです。多大なるご声援をいただき、ありがとうございました。今後は馬の体調をしっかりと確認して、日本への帰国に備えていきます。




1着賞金は11,400,000香港ドル。レートや手数料で違うと思いますが、1億5千万円から1億6千万円でしょうか。
大阪杯や天皇賞よりひょっとしたら高い賞金かも・・・まあ、両替で手数料とられると思うので、そこがどうかですが・・・(笑)


最後に本当にありがとう、ネオリアリズムさん!!

スポンサーサイト
  1. 2017/04/30(日) 19:43:05|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ディアデルレイはマーチS2着!

ディアデルレイ

ディアデルレイが、ダートの重賞マーチSに挑戦しました。
前走はオープン特別5着でしたが、2番人気に押し出されました。


騎乗は木幡巧騎手。
父木幡初騎手に導かれるように、直線抜け出したが、その親子の間を勝浦騎手のインカンテーションが突き抜けて、惜しくも2着。

結果論ですが、もう少し、アスカノロマンとディアデルレイの間が詰まっていたら、インカンテーションを外に出すテンポを取らなければならなかった分、もう少し際どい争いが出来ていたような気がします。



ルーキーでは仕方がないですね。




なんか、次走はオアシスSを想定しているみたいですが、上位ジョッキーが他場の重賞でいないからという理由だと、
次も木幡巧騎手のような気がします。



重賞で勝ち負けが出来るのであれば、もう少し鞍上強化をして欲しいともおもったりするのですが、
どうでしょうか。


まあ、レッドレイヴンで散々鞍上には期待できないレースを臨んだ身ですから、耐えられますけどね(笑)



  1. 2017/03/31(金) 10:17:00|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネオリアリズム 第91回中山記念を制する!

2017年の初勝利は、ネオリアリズムでした。
前回の更新から、2頭勝利へ向かって挑戦しましたが、ここまで勝利を手にする事はできませんでした。


アドヴェントス

2/11はアドヴェントスが、1番人気に支持されてテレビ山梨杯に出走しましたが、2着に破れました。




ディアデルレイ


また、昨日はダートに路線を変えて新境地を開いたディアデルレイが総武ステークスに挑みましたが、惜しい5着と破れ、
2017年は年明けから6連敗。




掲示板


そして、G2中山記念の本日に至りました。
昨日の15時くらいまでは1番人気だったので、本当にどうかしてると思っていましたが、本日は3番人気に落ち着きました。


ヴィプロス、リアルスティール、ロゴタイプ、ヌーボレコルトといったG1馬に、アンビシャス、ヒラボクディープ、マイネルミラノと過去に僕の愛馬に勝って来たお馬さんと12頭立てとはいえ、なかなか骨っぽいメンバーが揃いました。





パドック1



馬体重は514キロ。
前走より+15キロ増で出走となりました。

JRAでは2キロごとの測量なので、地方か海外へいかないとこの+15キロはありません。
なんか新鮮でした。




パドック2


少し緩いかもと思える皮膚感でしたが、4歳時は510キロで走ってましたから、許容範囲でした。


それにしても、いつになく落ち着いて周回を重ねていました。





パドック3




ブリンカーを外す時、自分からクビを振って、「早く脱ぎたい!」と主張しているようで面白かったですね。
堀調教師も念入りにチェック。




デムーロさんは前走で勝っていたので表彰式とかあった為に、最後の周回中に現れて、騎乗しました。







昨日のアーリントンC、そして10Rでも勝っていたので、中山記念まで勝つというのは出来すぎだよなー・・・
と、この時は思っていました。






返し馬



返し馬はゆっくりと、ゆったりした内容でした。





オッズ



直前のオッズ。
最終的には、3番人気で単勝倍率7.1でした。



ナカヤマ





予断でしが、
パドックでは、隣にリアルスティールの一口馬主さん2人が話していて、ドバイの事を語り合っていて、
リアルスティールの素晴らしさを語り合っていて地味に肩身が狭かったです(笑)





スターター




さて、始まります。




レース1


ちょっと、スタートは不恰好になってしまいましたが、
デムーロが仕掛けていって、ロゴタイプの後ろの位置まで押し上げ、
3番手に位置を取りました。



レース2





だだ、ロゴタイプがスローに落として来たので少し折り合いが難しくなった為、いったんロゴタイプを交わす事にします。
そうしたら、大知騎手のマイネルミラノも動いてくれて、番手で競馬をする事が出来ました。




レース3



しかし4コーナーから直線に向く頃には、マイネルミラノの脚が鈍り、再び外からロゴタイプが抜け出して来ます。






レース4




ロゴタイプが抜けたところでネオリアリズムも外へ出して、ミルコ・デムーロの豪腕が唸ります。







いけいけ




そして、1歩1歩ロゴタイプを追い詰めて行きます。




そして・・・



抜けた



一気に先頭に踊り出ました。


後はゴール板までそのまま駆けてくれ!




もう少し




もう少し・・・







優勝





そして優勝!!





凱旋



何と素晴らしい事だろうか、
ネオリアリズムが中山記念を勝ってくれました。


これで、札幌記念を勝った事を展開が嵌っただけとか、フロックと言われないで済む事でしょう。



人を掻き分けてウイナーズサークルに行くのに苦労しましたが、
丁度、ミルコとネオリアリズムが帰って来ました。


何というか、本当に感動しました。



今まで、ブライトエンブレムの札幌2歳ステークス。ゼーヴィントのラジオNIKKEI賞、ネオリアリズムの札幌記念と重賞を勝って来ましたが、いずれも遠方で中継で観ていました。


目の前で重賞を愛馬が勝つ姿を観て、本当に感動しました。





ウイナーズサークル





中山記念優勝レイをネオリアリズムに掛けられました。

レイの時は良かったですが、紅白の手綱を付ける時、かなりクビを振って嫌がっていたのには、相変わらずだなと笑ってしまいました。




表彰




デムーロさん、本当にありがとうございました!!







ゼッケン




後は、無事に次走に向けて調整出来れば良いと思います。



本当に、今日は嬉しかった。



良かった・・・。






クラブ公式コメント転載

2/26  堀厩舎
26日の中山競馬では3番手の内でなだめるように進み、途中から馬順が入れ替わる展開に。直線に向いて外に出して追うと力強く差し切り優勝。

「内枠だったのでゲートは気を付けていたのですが、ちょっとうるさかったですね。それでもまずまず出てくれまたし、ペースが遅くなると予想していたので促して行きました。道中はやはりペースが落ち着きましたし、どちらかと言えばワンペースな馬と感じていたので、前の空いていたスペースをついて上がって行きましたよ。他のジョッキーからすごくいい馬と聞いていたけど、すごく強くて、いい走りをしてくれました。今日は勝てて良かったです。ありがとうございました」(M.デムーロ騎手)


「体は増えていましたが、この過程の中でもそれなりに仕上げて送り込みました。折り合いなどのテーマがあり、改めて臨んだ今回でしたので1番枠は良い枠と捉えていたんです。ただし、馬場の傾向があまり良いものではないのかなと思えたので、その点は心配していました。そのなかでしっかりとレースができまして、結果も出せて良かったです。ミルコのおかげでもありますね。今後についてはあくまでも状態次第になります。それなりに仕上げました。特に背腰に疲れを溜めやすい馬ですから、仕上げた分だけ反動も出やすいでしょうし、このあとどのくらいの変化を見せるかはよく確認しないといけません。そして、その状態を見ないことには今後のことについても決められません。今年6歳ですから、良いと思える状態、タイミングで勝負をしていきたいという気持ちもありますので、よく確認をして判断させてください」(堀師)


暮れの香港帰りで、難しい過程だったと思いますが、堀調教師をはじめとする厩舎スタッフ、そしてNFしがらきスタッフがこれまでの経験をしっかりと活かしてくださいました。その結果が今回のレースに反映されたと言っても過言ではないと思います。今後につきましては国内外のいくつかのレースが選択肢に入ってきますが、いずれにせよこのあとの状態如何になりますので、まずはしっかりと変化を確認したうえで方針を決めていく予定です。



これで、大阪杯の優先出走権は得ましたが、招待が来ているドバイ、香港も視野にいれて1番勝てそうな番組を選択したいとの事。
オーストラリアについては今のところ考えには無いとの事。



大阪杯だったら、チケット取るかなぁ・・・。




















  1. 2017/02/26(日) 21:17:48|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京新聞杯観戦記

エアスピネル1

東京新聞杯の本命は圧倒的1番人気のエアスピネル。
キンカメ産駒にはもっともっと頑張って欲しい。


むっちりした体つきは、まさにキンカメ産駒ですね。





プロディカルサン

対抗は、昨年セントライト記念で接戦を演じたプロデカルサン。
+22でも太いとは思えない。
鞍上も、絶好調の田辺騎手。




ロイカバード


▲は、名血アゼリ仔、ロイカバード。このお馬さんにはかなり稼がせて貰ってます。





ブラックスピネル


ヤングマンパワー


△は、Mデムーロのブラックスピネルとヤングマンパワー。
ブラックスピネルは、ゼーヴィントが・・・ヤングマンパワーはネオリアリズムが破ったお馬さんだけれど、
何となく応援。



エアスピネルから三連複、馬連、馬単2着固定。
ブラックスピネル、プロディカルサン、ヤングマンパー、ロイカバードのワイド。
しめて2000円の投入。






東京新聞杯


人の入りはまあまあ、天気を考えると健闘した方ではないでしょうか。
あったかい、そばが本当に旨い時期になりました。






東京新聞杯2


そして、レースが始まります。





スタート


レース


レース1



レース2



レース3



レース4




エアスピネル3



ずっと、エアスピネルを中心に観て来ましたが、結果はMデムーロのブラックスピネルが優勝、2着はプロディカルサン。
写真もここまで・・・。

エアスピネルは3着でした。



三連複・・・1610円。
ワイド・・・・870円。

▲480円




まあ、マイナスでないだけいっか・・・(笑)


  1. 2017/02/05(日) 17:59:00|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年府中競馬場観戦記0129・10R-12R

10R
10R.jpg

グレータロンドン強すぎ!ロンドンブリッジ凄い仔を出した。






10¥


うまく撮れなった・・・。






ベストウォーリア


カフジテイクも強かったけれど、ベストウォーリアもがんばった!






アヴニールマルシェ


ルメール、勝って欲しかった。





12Rのコピー



でも、ルメールと勝浦のワイドでこの日は救われました(笑)



  1. 2017/02/03(金) 06:49:17|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト