お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
285位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

三冠馬という偉業

もはや笑うしかない。
アンカツの一か八かのイン強襲とか、全く功を奏さない。
いや、させなかった。



オルフェーヴルは強かった。
本当に、皐月賞の段階で震える程強いと感じた。
レッドデイヴィスが去勢されてなくて、もし脚の故障がなければ…
とそう思っていた頃がありましたが、
これほど強さを身につけたオルフェーヴルにはどうにもこうにも叶わなかったのではないでしょうか…。



しかし、これでレーヴディソールの故障がなかったら、
サンデーレーシングは牝馬牡馬の3冠を同世代、しかも同じクラブから誕生していた可能性がある事を考えると、
震えが止まらない。



本当に社台グループは恐ろしいくらい強い。





しかし、あの強さには脱帽しました。




スポンサーサイト
  1. 2011/10/26(水) 23:51:21|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オディール

惨たらしい映像が、アップで映し出された瞬間。

その馬の最後を恐らく競馬ファンなら瞬時に悟ったであろう。

圧倒的1番人気であったエイムアットビップを後方から瞬時に抜き去ったファンタジーステークスを思い出し、


アルスノヴァ、レーヴダムールの戦線離脱から、牝馬クラシック全てを付きあったアンカツを思い出す。


4歳になり、アンカツとは袂を分かったが、ここ最近の復調には、
微笑ましく見守っていた。


少女時代から、成熟した女のダンスは、思わぬ形で幕を閉じた。
葦毛のお馬さんに「白鳥の湖」という名の意味が与えられ、
その毛色は、これから白鳥らしく白く成熟する事なく、跳びたった。

  1. 2009/10/06(火) 19:21:25|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブエナビスタ、札幌記念から始動

あの、ブエナビスタが夏競馬に参戦する。

クラッシクを目指す馬が出るのは、あのアドマイヤムーン以来でしょうか?
と、いってもアドマイヤムーンは、天皇賞路線へ進みましたが・・・。

同じ松博さんが管理しているので、
その選択肢はありでしょう。


52キロでも、アンカツに手綱を任せてくれるとの事。
気がかりは直線が短いということ。


チューリップ賞のようにコーナーから上がっていく必要があるかも知れません。



頑張って欲しいです。
  1. 2009/07/05(日) 09:32:31|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アグネスタキオン

アグネスタキオンという1頭の馬がこの世から姿を消した。

このニュースは、本日目が覚めて1番始めに飛び込んで来た。
アグネスタキオンという馬は、無敗で競走生活を終えた馬で、
3冠確実とまで騒がれ、額にコブがあった事から、ユニコーンの生まれ変わりなどというスポーツ誌もあったように記憶する。


ライバルには、クロフネ。ジャングルポケットという、稀代の名馬を敵に廻して苦も無く勝ち切って引退した。



鞍上の河内現調教師が、その凄まじい走りに、猛然と伸びるストライドに怪しい危険を感じさせるようになっていった…。と回顧したという話も残る。


種牡馬としても大成功を収め、ロジック、ダイワスカーレット、キャプテントゥーレ、ディープスカイというG1馬を送りだした。


特に、ダイワスカーレットは、僕の中では最強牝馬であり、心に残る最高の馬だった。
幸い、ディープスカイという後継種牡馬候補をいるので、サイヤーラインが途切れる事はなさそうだが、本当に惜しい。


まだ11歳という若さ。


まあ、大多数の牡馬がその年齢の前に淘汰される為、平均寿命は比較できないが、若すぎる死であった。


思えば、ナリタブライアン、エルコンドルパサー、アドマイヤベガ、ナリタトップロード早逝する名馬は後を絶たない。


競馬をやっていると、毎年にように現れる名馬に心を奪われるが、こういう毎年毎年、往年の名馬達がこの世を去っていく。


死というのは、必ず訪れるもので、それはそれでしっかり受け止めなければならないのだが、惜しい、悲しいという気持ちはいつもいつも残って行く。


アグネスタキオン・・・


ご冥福をお祈りしています。
  1. 2009/06/23(火) 23:05:37|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幻の三冠馬

フジキセキ、アグネスタキオン…
幻の三冠馬というものは過去何頭も存在したが、カワカミプリンセス程、誰も異議が無い馬は無いのではないか…
あんな無理な所に入れなくてもあの圧勝ぶりを考えれば、勝っていたに違いない。
本当に残念でならない。
しかし、正直カワカミプリンセスを降着にするとは思わなかった。ディープ引退後、メイショウサムソンと双璧で競馬会を牽引する存在なのである。
本当に驚いた。
  1. 2006/11/13(月) 08:25:46|
  2. 名馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト