お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
198位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

2017年度のシルク募集予定馬は発表されました。

気になる馬(でも人気になるから縁はなさそうなお馬さん)
シルキーラグーンの16(牡)・・・ゼーヴィントの下でやはり気になる。兄は結構売れ残ったけれど弟はどうかな。(父ディープインパクト)
スイープトウショウの16(牝)・・・なかなか大物が出ないけれど、やはり最凶牝馬の仔は気になる。(父ハーツクライ)
サマーハの16(牡)・・・・・・・・・・・モルジアナの半弟。父ゴールドアニュールは本気で欲しい。
レーヴドスカーの16(牝)・・・・・・いわずと知れた名門一族であり悲運の一族。(父ロードカナロア)
ブラックエンブレムの16(牝)・・・ブライトエンブレムの半妹。父はネオの子のヴィクトワールピサ。
ルシルクの16(牡)・・・・・・・・・・・父オルフェーヴル。シルクでは人気になるルシルクの仔。
メジロフランシスの16(牝)・・・・・モーリスの全妹。(父スクリーンヒーロー)



狙えるか?
ロザリンドの16(牡)・・・・・・・・・・父はルーラシップ。母は未勝利引退。シーザリオ一族だから狙えるかな。
シーイズトウショウの16(牡)・・・母父サクラバクシンオーで現役時代は好きだった。(父ダイワメジャー)


ジャスタウェイ産駒も興味はある。
票を読みながらの出資になると思います。

今年から、追加募集はシルクではしないつもりなので、考えて考えて出資したいと思います。



スポンサーサイト
  1. 2017/06/07(水) 23:49:56|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年度の一口馬主生活

ソウルスターリング1

オークスが終わって、今週日本ダービーがありますね。
何となく、ダービーが終わると今年の折り返しのような気持ちになります。

7月にはセレクトセールもあり、シルクの募集ツアーとキャロットの募集ツアーと一口馬主生活も盛り上がりをみせてきます。

今年は、まだ3勝しかしていません。
それでも重賞2勝と内容は濃いものとなっています。


しかしながら、現3歳世代の出資には失敗した感が否めません。
ゴレアーダ、レクセル、マルムーティエといった母出資馬の子は仕方ないにしても、
それでもマルムーティエだけは勝ち上がってくれるものと信じていました。

2歳時のケガ明けから、どうも様子がおかしく、この3頭は未勝利引退が濃厚となって来ました。


そして最悪の失敗が、インペリアスールのケガ・・・

尻尾の骨折をしたり、骨軟骨腫(オステオコンドローマ)を発症したりとふんだり蹴ったり・・・・

高額馬が走らないときの絶望感は半端ありません。


残るは、堀先生とこのヴェリタヴルのみですが・・・兄達とは違って調教で「お?」というところが有りません。
君だけが頼りです・・・頑張ってほしい(笑)





さて、そんな状態なので、今年の出資は失敗するわけにはいけない崖っぷちです。



セレクトセールの上場馬が発表され、元愛馬の仔はグロッタアズーラの17というダンカーク産駒のみでした。
もっとも、この仔はノーザンFではなくアイズスタッド(株)の生産なのでキャロットの募集される可能性は皆無だったので、逆のキャロットが落札したら、来年の募集馬にランクインしてくれるかもしれません(笑)


ひとまず、
マルティンスターク16(父オルフェーヴル)・牡 
エポキシ16(父ダンカーク)・牝            
ピンクアリエス16(父トーセンホマレボシ)牝
ミニョネット16(父ワークホース)牡

あたりがキャロットに募集されたら、行くしかない。
ただし、マルティンの仔以外は未勝利引退も覚悟しての出資。
マルティンスターク16が10万円、エポキシ16は3万5千円、ピンクアリエス16は3万円、ミニョネット16は4万円くらいで募集されると予想しています(笑)
この資金について、ネオリアリズムが稼いでくれた中山記念、クイーンエリザベス2世C、昨年度の年次分配で確保できます。

さて、いつもなら20万円前後が予算なんですが、今年はシルクの方が募集が早いの難点。


まあ、この3年で抽選は通らないとわかったので、シルクはもう気持ち的には下火です。
東京サラの次はシルクをどうかしようかなと思うので、
抽選は最初の1回だけで、全滅したらもう2017年度の出資はキャロットだけにしようと思います。


さて、どうなることでしょうか・・・。



  1. 2017/05/23(火) 17:26:25|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

景気の悪い話

レクセル1

ネオリアリズムが中山記念やクイーンエリザベス2世カップを勝ってくれて、一見絶好調のように思えるのだけれど、
その他のお馬さんを見ると、決して良い事ばかりではないのが、もんぺ厩舎です。


今年3歳のお馬さんはいずれも未勝利で、レッドレイヴンの2010年産駒以来、1世代に1頭は活躍馬が出ていたのが、
遂に途切れようとしています。


今年3歳のラインナップは以下の通り、
マルムーティエ
ゴレアータ
レクセル
ヴェリタブル
インペリアスール



マルムーティエは、デビュー戦から3戦は3着、3着、4着と堅実に走っていたものの、ムリをして脚を傷めて復帰したら大敗続き。
レクセルは中谷騎手が何故か後方から大外を廻す競馬をして大敗続き、ゴレアーダは初戦大敗。今週秋山騎手の手腕に託します。
インペリアスールは、初戦大敗してそのあと故障・・・手術をする時間はないので、このまま自然治癒を目指すとか・・・
ヴェリタブルはまだデビューにも至っていない・・・
ヴェリタブルに賭けるしかない現状です。




そんでもって古馬たちもケガが多い。
ブライトエンブレムは屈腱炎。
モルジアナは両前足骨折と肺出血。
ゼーヴィントは球節の腫れ

シルクの活躍馬は軒並み休業中。




意外と厳しいのです。(笑)




  1. 2017/05/08(月) 20:51:38|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネオリアリズムが香港のクーンエリザベルⅡ世カップを優勝!!

返し馬
写真は中山記念時


ネオリアリズムが香港という異国の地で、G1を勝ってくれました。
クイーンエリザベスⅡ世カップというG1です。
過去の日本馬でいえば、エイシンプレイストン、ルーラーシップ


遠征前に、種牡馬にしたい。その為にG1が欲しい、獲らせてあげたいという旨の手紙がクラブから届きました。
その為の遠征だという事を、昨年暮れの香港マイルに負けたにも関わらずクラブは会員に送って来ました。

しかも、香港ツアー募集は正式に決定を発表する前に案内が届いていました。


やや、クラブはかかり気味ではありましたが、その熱意には心を打たれ、6着以内にくれば遠征費もペイできるという状況で8頭立てという奇跡。


中山記念の出来が維持できれば5着以内は固いと思っていたので自分はこの決断は英断だと思いました。


大阪杯に出ていたとして、キタサンブラックに勝てていたとは思えませんでしたしね。

今日の天皇賞も観ていましたが、皐月賞の時、もう1回走ったら、ブライトエンブレムはキタサンブラックには先着できたとか思っていた僕を殴りたい(笑)
キタサンブラックは本当に強い。
是非、フランスに行って欲しい・・・

そして、天皇賞秋を譲って欲しい(笑)


鞍上は、ラッパードラゴンがもしクイーンエリザベスⅡ世カップに出てきたら確保は難しかったのですが、ラッパードラゴンが香港チャンピオンマイルに舵を切ってくれた為に、ジョアン・モレイラ騎手を確保する事が出来ました。

このラッパードラゴンもとても強いお馬さんなので、回避してくれたのもありがたい。


「雷神」「マジック・マン」という異名をもつ香港No1ジョッキーです。
心躍らない訳が有りません。



日本でも海外馬券の対象になり、だんだん盛り上がってきて天皇賞の裏扱いではありますが、競馬チャンネルでは露出が増えて来ました。・・・流石に地上波では天皇賞が精一杯でしたが(笑)



相手は、昨年のクイーンエリザベスⅡ世カップの勝ち馬のワーザー(2016年の香港の年度代表馬)、そして香港ダービーの2着馬のパキスタンスター。
でしょか、・・・ペリエも地味に怖い。




レースは、やや出負けしてワーザーが邪魔で、後方の位置からのスタート。
この大舞台で、まさかの後方からの競馬。
いや、そのレースも出来るけど・・・いっぱい勝って来たけど・・・とちょっと不安になりました。

みんな指し馬なので、1000mが1分8秒ちかくとかいう超ドスローの展開。
このまま決めて勝負をするの?

と思ったら、この1000m地点でモレイラが動きました。3コーナー手前で捲って一気に先頭に踊り出て、
そのままレースを動かしました。

ペースもネオリアリズムのペース。
残り2つのコーナーを使って勢いをつけて先頭で直線に入ります。


モレイラの右鞭と豪腕が唸り、後方からワーザーとパキスタンスターが襲い掛かって来ますが、
ネオリアリズムもその差を詰めさせません。


残り50メートルまで同じ脚色で叩き合います。
そこから、ゴールまでジワリジワリとパキスタンスターとワーザーが襲い掛かって来ましたが、なんとか・・・なんとか凌いで優勝しました!!



モレイラも何度も立ち上がって喜びを表現していました。



勝ちタイムは2:04.59


日本ですと未勝利戦でもパッとしないタイムで、香港でも当然遅いタイムなんでしょうけど、勝ちは勝ちです(笑)
天皇賞のレベルを考えると、アレですけれどそれでも嬉しいG1勝利です。


また、○○に助けられた勝利とか・・・レースレベルが・・・とは言われるんだなー・・・と予想されるのですが、その運も実力だと思います。



他の愛馬レッドレイヴンをみるとつくづく思います。



堀先生、厩舎のスタップさん、牧場関係者さん、モレイラさんありがとうございます!!



クラブコメント
4/30  香港・シャティン競馬場
30日のシャティン競馬ではスタート後に若干行きたがる素振りを見せるが、上手くなだめつつ後方を追走する。ペースが落ち着いたこともあり途中で動いて先頭へ。直線では最後に外から差を詰められたがしっかりと脚を使って見事優勝。


「道中の流れがかなりゆっくりでしたし、かなり難しい展開でした。途中から動いていく形でしたが、直線では本当に頑張ってくれましたね。彼のビッグハートには驚かされ、私のジョッキー人生でも非常に大きな勝利を挙げることができました。今回は素晴らしい馬でチャンスをいただき、ありがとうございました」(モレイラ騎手)


「前回香港に来た時はコンディションを整えるのに苦労して、結果的にはいい走りをお見せできませんでした。今回は以前にも話したように日本から1頭の参戦でいろいろ気を遣ったものの、過去の経験が活きましたし、しっかりと態勢を整えて送り出すことができたのは大きかったです。戦前にジョッキーといろいろ戦略を練っていて、ベストの展開とは言えなかったものの、モレイラがとにかく上手く勝利へと導いてくれましたね。海外で結果を残せたのは非常にうれしい限りですが、もちろん国内でも頑張りたいですし、これからも馬の可能性を信じていろいろ挑戦していきたいです。今日はたくさんの応援をいただき、ありがとうございました」(堀師)



昨シーズンの香港年度代表馬を始め、地元香港馬を中心に手強いメンバー構成でした。また海外遠征で調整に難しさのある一戦でしたが、展開や馬の行く気を考慮して積極的に動き、直線ではしぶとく粘り込んでG1制覇の栄誉を見事に掴んでくれました。馬の頑張りやモレイラジョッキーの手腕、そして堀厩舎やネオリアリズムの遠征に携わっていただいた関係者の方々の尽力もあり、見事G1ホースの仲間入りを果たしてくれました。また、ここまで変わらずに応援いただいていた会員の皆様の声援が、この結果につながってくれたはずです。多大なるご声援をいただき、ありがとうございました。今後は馬の体調をしっかりと確認して、日本への帰国に備えていきます。




1着賞金は11,400,000香港ドル。レートや手数料で違うと思いますが、1億5千万円から1億6千万円でしょうか。
大阪杯や天皇賞よりひょっとしたら高い賞金かも・・・まあ、両替で手数料とられると思うので、そこがどうかですが・・・(笑)


最後に本当にありがとう、ネオリアリズムさん!!

  1. 2017/04/30(日) 19:43:05|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

レアリスタが府中S連覇!!

レアリスタ1


レアリスタが、1年振りに優勝しました。
昨年の府中S以来、今年の府中Sで優勝。
何と連覇をしてしまいました。


もう降級はないので3連覇は出来ません(笑)


早いものでレアリスタも5歳になりました。そして、5勝をしてくれてオープン馬にもどってくれました。
兄、ネオリアリズムは夏に札幌Sを快勝して一気にG1を3着、そして中山記念を今年勝ってくれましたが、果たしてレアリスタはさらに成績を上げる事ができるのでしょうか?


不安でもあり、期待もしています。


今年の3歳世代の出資は、久しぶりに不発に終わりそうで、下手したら全頭未勝利引退もチラついて来ました。
痛恨の極みではあります。


今年の出資はまた色々考えなければならないのですが、今年はシルクの募集が1番早くなりそうで困っています。
まあ、抽選は外れるので、人気が集中しない馬を見つけて応募するか、キャロットに全てを賭けるか・・・



いろいろ考え物です。




そういえば、東京ホースレーシングの、ただ一頭の出資馬レッドレイヴンが美浦にもどって来ました。
6/10のアハルテケS(ダ1600東京)を視野にいれているとか・・・


ちょっと、楽しみです。








  1. 2017/04/27(木) 01:33:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト