お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
126位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
マルティンスターク15(牡)
ピンクアリエス15(牝)
アートプリンセス15(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

ネオリアリズム、香港マイルカップ参戦!!

返し馬


今年の初め、金杯に出たネオリアリズムとブライトエンブレム。
ブライトエンブレムは屈腱炎になってしまい戦線離脱をしてしまいましたが、
ネオリアリズムは香港マイルカップに招待でれるほどまできました。


日曜日は阪神競馬場で応援します。

がんばれ!
ネオリアリズム!!


ムーア騎手に託します。



スポンサーサイト
  1. 2016/12/06(火) 21:50:50|
  2. 海外競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢は続く・・・2016年編

牧場


ジャパンカップも終わった直後の月曜日、2016年度分の出資馬の引き落とし日がやって来ました。
ポイント割引や、一括割引を含めても約20万円ちょっとの請求でした。
自分の経済状況をいうと恥ずかしいのですが、これくらいの金額が無理なく一口をやっていく限界です。

毎月の会費と維持費はなんとか愛馬たちが頑張ってくれたので、今年は殆ど入れる必要がなかったのは大きいですね。
もし、愛馬たちの成績が振るわず、会費・維持費も負担していたらもっと少ない予算になっていたでしょう。


さて、そんな中、馬友のふじさんから2016年の繁殖情報を教えていただきました。
自分も、公益財団法人ジャパン・スタッドさんのHPをみて確認してみました。

マルティンスターク×ブラックタイド
マルティンスタークは昨日JCを勝ったキタサンブラックを輩出したブラックタイド。その他ではマイネルフロストが活躍馬でしょうか。
種付け料も50万円で推移していたのが、キタサンフィーバーで300万円に高騰しています。
どんな仔が出てくるか、解りませんが、それでもオルフェ産駒よりは割安であろうかと思います。
キャロットで是非募集して欲しいですね。



エポキシ×ルーラシップ
エポキシは、レクセルと同じルーラシップのようです。ただ、当初はロードカナロアで不受胎、エピファネイアで不受胎となったようです。
今の気持ち的には、ロードカナロアやエピファネイアの産駒見たかったなぁ・・・と思います。
全姉も頑張って欲しいです。




ピンクアリエス×トーセンホマレボシ
これは2015年とおなじくトーセンホマレボシのようです。先日兄のサンディークスが引退しました。
サラブレットオークションで103万円で落札されましたので、どこかの地方競馬で走る可能性もありますが、
兄を超えていって欲しいですね。




ミニョネット×アイルハヴアナザー
ミニョネットはどうも、良くわからない外国のお馬さんに付けられる運命のようです。
どんな仔がでてくるのか楽しみです。




ここまでは、社台グループにいるお馬さんでキャロットに募集の可能性があるお馬さんでしたが、ここからは、社台グループを離れてしまったお馬さんです。

セレスチャルローブ×ダンカーク
ベッロカリーノ×ディープスカイ
グロッタアズーラ×ダンカーク


なんとダンカークが2頭も種付けされています。
活躍・・・祈ってます。


  1. 2016/11/28(月) 11:14:25|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネオリアリズム香港マイル受諾

ネオリアリズム3


マイルチャンピオンシップを3着に検討したネオリアリズムですが、
マイラーではないという陣営の声をよそに、主催者から香港マイルの招待がやって来ました。

ちょこっとだけ空気を読んで欲しいとおもうのだけれども、こっちが香港カップと香港マイルを登録しておいたので、
どちらで招待するかといえば、香港マイルなんでしょうねー。

まあ、香港カップはモーリスがいて、札幌記念よろしくで撃破してしまうとモーリスの種牡馬の価値をそこなうので仕方ないのかな(笑)
もっとも、キャロットクラブとしてもステファノスと当たってしまうのでこの使い分けは仕方がないですね。


香港のマイラーは日本よりレベルが高い印象ですので、エセマイラーのネオリアリズムでは敷居が高いと思います。
しかし、僅かにエセではない可能性があるので、ちょこと不安ですが、やや期待も持っています(なんだそれ(笑))


海外遠征は愛馬初です。
経費もかかるのでしょうが、招待という事で輸送費は出してくれるのですよね?
経験がないのでちょっと解りません。

けれども、なんかこう・・・くるものがあります。

この世代は、予算を倍プッシュして本気ででかいレースで戦えるお馬さんに出資したいと思って出資した勝負の世代でした。
そのうち1頭は、未勝利引退したレッドウォーリア。そして、もう1頭はダートで遅まきながら覚醒しつつあるディアデルレイ。
そして、このネオリアリズムは札幌記念にマイルCS3着・・・そして海外遠征・・・。


一口馬主生活10年が経ちました、今後このような舞台に立てる保障はありません。



あとはネオリアリズムの体調次第ですね。


堀さんは、不利を受けた直後なので慎重に来週明けまで様子をみて体勢が整わないならキャンセルするとの事なので、
堀さんの手腕に期待します。



さて、騎手はだれなのだろうか?




そこは未定のようです。


  1. 2016/11/23(水) 11:56:49|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディアデルレイの錦秋ステークスとサンディークスとネオリアリズムの事。

掲示板



今日は3頭の愛馬の出走がありました。
今月は今年の出資馬の請求があり、来月はお馬さんの保険料も請求が来るので是が非でも頑張って欲しいなと経済的事情も含めて思っていました。


先週のゼーヴィントが福島記念を勝ってくれていたらそんな事は思わなくても良かったのですが、
2着という何ともホッとして良いのか悔しがって良いのか解らないような結果でしたので、今日のディアデルレイには勝って欲しかったというのは偽らざる気持ちでした。





パドック2


福島の500万下にでるサンディークスはもう、間違って勝ち上がったとしか思えない戦績で、
去勢もしてみましたが、どうもあまり変わりません。

いつ肩叩きがくるのか戦々恐々としていますが、
今日も、12着という残念な結果。

ヤバイです。




パドック1


ネオリアリズムは、出走するレースがG1なので惨敗しても仕方ない。
どうしても、このディアデルレイに期待する事が多くなります。



騎手は、戸崎騎手から内田騎手にスイッチしました。
エージェントが同じなので妥当なところです。
正直、いくら勢いがあるといっても木幡巧騎手で挑むよりは、内田騎手の方が信頼と実績があるので僕は安心して任せられます。


ひょっとしたらレッドレイヴンのダービー以来、久しぶりの内田騎手による愛馬騎乗ではないでしょうか。




パドック3



馬体重は、+2キロ。
発汗が目立ち、最初は1人で曳いていましたが、途中から助手さんとの2人曳きとなりました。

500キロを超える馬体なのにシャープに写す馬体は、あまりダート向きには見えないのだけれど、
芝よりダートの方が上手なレースが出来る不思議なお馬さんです。(僕的に・・・)




そういえば、そんなディアデルレイに雰囲気が似ていると思って今年はアートプリンセズの仔に出資を決めています(笑)
奇しくも、募集価格と父キンカメという共通点があります。(笑)




パドック4




デビュー戦から何度もパドックでこの仔の姿を観ていますが、歯を噛んで「ギシギシ」する癖・・・
治らないようですね(笑)


今日も、ギシギシ鳴らせながらパドックを廻っていました。





パドック5




母はディアデラノビア。
現役時代好きだった仔に出資するのも一口馬主の楽しみ方のひとつです。




入場



今日の敵は、過去2度対戦をして、後方から強襲してくるクロフネビームスと3歳馬クインズサターンというところでしょうか。
特に、クロフネビームスは前走あわやの所で、抜かれそうだったので、全く油断できません。





返し馬



ディアデルレイは強い調教を課さないと覚醒しないタイプのお馬さんで、
1回使う為には、強い調教が必要らしく、1回1回のレースの間隔がどうしても長くなってしまうお馬さんです。

それでも準オープンまで来れたの僥倖以外なにものでもありません。





錦秋ステークス



ファンファーレはいつも、緊張します。





スタート





レースはあっという間に始まります。






ディアデルレイ直線1




スタートは悪くなく、綺麗なスタートを切る事が出来ました。
4番手くらいを追走しました。



今回は、敢えて砂を被るような位置でレースを進めています。

元々芝を主戦場にしていたので、初めてダートを試して以来、砂をあまり被らないようにレースを組み立てていましたが、
今後の事を考えると、砂を被るレースも必要だったという事なんでしょうね。





ディアデルレイ直線2




直線に入って、逃げるアルタイルを観たときは、前走の秋嶺Sのドリームキラリを思い出しました。
(ドリームキラリはその後武蔵野Sで5着と好走)




「ヤバイ・・・」






ディアデルレイ直線3




そう思いましたが、ダートでのディアデルレイは一味違いました。





ディアデルレイ直線4




グングンと脚を伸ばして、前を捉えにかかり・・・






そして・・・





ディアデルレイ直線5





あっさり、抜き差って優勝してくれました!!





後方から、クロフネビームスとクイーンズサターンが強襲していましたが、2着争いで終わり、
2着は同着という結果になりました。





ウイナーズサークル





これで今年の愛馬の優勝は13勝となりました。

ディアデルレイも通算5勝目を上げる事が出来て、無事オープン馬となりました。



そして実は特別レース初勝利となりました。





ディアデルレイ号は、これまで新馬戦、500万下、500万下、1000万下、と平場の通常のレースでのみ勝利を挙げていましたので、
初めて、主な勝ち鞍「錦秋S」というのがプロフェィールに付くことになりました。







口取り2




本当に嬉しいですね。


この仔も、レース中の心房細動など病気を患いながらここまで来ました。




これで、OP馬がレッドレイヴン、ネオリアリズム、ディアデルレイ、ゼーヴィントと4頭なりました。





内田騎手




さて、これで今日のハイライト。
マイルチャンピオンシップのレースを落ち着いてみることが出来ます。






マイルCS



枠は最悪の15番枠。

それでも、R・ムーアが騎乗するという事であれば期待しないわけには行きません。




どんなレースになっても応援あるのみです!!








スタートはそれほど良いスタートではありませんでしたが、
16番枠のミッキーアイルがハナを切ると、その番手に押し上げてレースをする事になりました。



初めてもマイル戦でしたが、流れに乗って4コーナーまでミッキーアイルについていく事が出来ました。


直線の半ばで、一瞬ミッキーアイルを交わしてしまいそうな勢いがあったので、思わず「ムーア!!」と絶叫してしまいましたが、
ネオリアリズムを苦しくなったのが、少し外へ膨れると、ミッキーアイルが大斜行して来ました。



これで、後ろから来ていたサトノアラジンの勢いは殺され、デザイファにいたってはバランスを崩してあわやの落馬の危険もありました。

ネオリアリズムの不利はこの2頭ほどではありませんでしたが、勢いを殺されました。
(その後のたんたんと騎乗する無表情のムーアさん・・・ちょっと怖かった)



もしかしたら、あの斜行がなかったら、纏めてサトノアラジンやデザイファが交わしていたかも知れません。
結果的になんとも言えない斜行となりました。



ちなみに、ミッキーアイル号の騎手浜中俊は,最後の直線コースで外側に斜行したことについて平成28年11月26日から平成28年12月18日まで騎乗停止。(被害馬:15番・2番・1番・6番)


でした。



G1で初めて愛馬が馬券に絡みました。
とても嬉しいです。



そして、これでお馬さんの保険代も賄う事が出来ました。
ホッとしました。



あ・・・・


この記事を書いていると、サンディークスの引退が発表されました。


サンディークス
20日の福島競馬では中団から後方を追走するが、直線に向いても目立った脚を使えず12着。
中京で勝利を収められた時は上のクラスでもと考えていましたが、その後は気性面の難しさが目立ってしまいました。そのような中、今日は去勢手術明け3戦目でしたし、中間に短期放牧を挟んだとはいえ秋初戦を叩いての前進に期待したものの、見せ場をつくることができませんでした。これまで芝、ダートの短めの距離から中距離まで試して可能性を探っていましたが、去勢後の変わり身を含めて現状を元に協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。



「装鞍所の様子も見ていたのですが、その時はちょっとおとなし過ぎるかなと感じるくらいでした。それでも跨がって返し馬に行った際は気合いが乗っていて良い雰囲気でした。レースでは最内枠で外から馬が寄って来るのであのような位置からになり、進みっぷりはもうひとつではあったものの、勝負どころでもハミを取って、終いまで脚を使おうとしてくれています。それだけにもう少し前目を楽に追走することができていれば良かったのですが、かと言って無理に押していけば気分を損ねかねず、余計に脚の使いどころが難しいですね…。せっかく声をかけていただいたのに、いい走りをお見せできず申し訳ありません」(藤懸騎手)


「馬体は輸送によって減ってしまっていましたが、競馬場に着いてからの雰囲気は悪くなく、レースに行っても極端に集中力を欠くことなく走り切ってくれました。ただし、気持ちを切らさないように運べたとしても、勝負どころで今日のような位置からになると厳しいですね…。去勢を経て良くなってくれた面はあるものの、現状で肝心の走りがガラリと変わるまでには至りませんでした。ここまでお時間をいただいていたのですが、厩舎として力が足りず、本当に申し訳ありませんでした」(羽月師)



残念・・・これも厳しい現実ですね。



サンディークス
14戦1勝
父ヴァーミリアン
母ピンクアリエス




ディアデルレイ
20日の東京競馬ではスタートから押していき好位からの競馬。直線へ向いて追われると鋭く伸び、前を捕らえて優勝。
仕上げるため、そして目覚めさせるためにハードな調教を必要とする馬であり、それには少なからずダメージが伴います。そういった特性を鑑み、使った後にはある程度の心身の回復・充電・成長を図ることが必要で大事に使ってきましたが、その取り組みが実を結び、いよいよオープンまで辿り着いてくれました。今回不安が垣間見られる中で勝ち名乗りをあげるのですから、これまで同様、今後も大事に使っていければさらに楽しみが増えるのではと感じます。ここまでの道程でいろいろ思うところもあるやもしれませんが、これまで陣営が信じて取り組んできたことでここまで来れたことは事実であり、ご理解いただけるとこのうえなく嬉しく思います。今回も発汗、テンション面の変動が目立ち、またいくらかトモの運びに気になるところがあったようなので、今後についてはレース後の状態をよく確認したうえで判断していく予定です。




「ありがとうございました。前回ゲートで少しゴソゴソしていたみたいですし、ここまでのダート戦は比較的砂を被らない形で競馬をしていたことを頭に入れて進めました。ただ、前にいたカッちゃん(田中勝春騎手)が少し外に張り気味だったので、このままずっと外を回されるのは避けたいと思い、またいつかは砂をかぶせておく必要もあると思って馬の後ろに少し入れてみました。心配をよそに我慢が利いていましたね。やや外に張るところはあるのですけれど、直線へ向くとしっかりと伸びてくれました。今日の経験でまたひとつ競馬がしやすくなったと思いますし、この後も楽しみですね」(内田騎手)


「おめでとうございました。今回はちょっと不安な部分もなかったわけではないのですが、それでもキッチリ結果を出すのですから馬がよく応えてくれたと思います。今回は直前の追い切りが少しジリッとしたものだったこと、そしてレースへ向かう過程で歩様を見ているといくらか左トモの運びが本物ではないかなと思えるところが出てきたんです。仕上げるのにハードに動かしていく必要もある馬で、今回も長めからしっかり動かしました。遅れは前の馬との距離がだいぶあったことによるものだろうとは思っていましたが、もしかすると重いのかもしれないとも思えたので実戦を見なければと考えましたが、結果からもやはり前との距離の問題だったのかなと思います。あと、その歩様は負荷をかけるようにビッシリ追った分、少しだけ疲れも表面化してきたのでしょう。それでも勝ち切るのだから大したものですが、今日は発汗もありましたし、そういった肉体面のこともありますから、レース後の状態をよく確認してから今後どうしていくか改めて相談させてください。応援くださいましてありがとうございました」(牧師)




ネオリアリズム
20日の京都競馬ではスタートを決めて道中は2番手でレースを進める。直線半ばではいったん先頭に立とうかという勢いだったが、そこから思うように伸び切れず3着。
初めてのG1挑戦がこれまでに経験のないマイル戦と条件自体は決して楽なものではありませんでしたが、馬体減りも見られず、課題でもあった関西圏への輸送もクリアしてくれていい状態で競馬に臨むことができました。ゴール前で伸び切れず3着に敗れはしたものの、改めて能力の高さを示してくれたレースだったのではないでしょうか。今後のプランについては、まずしっかりと馬体を確認した上で検討していきます。


「スタートしてからうまく流れに乗ることができましたし、最後までよく頑張って走ってくれたと思います。直線での出来事については、他の馬たちの方が影響が大きかったようですし、こちらにはそこまで影響はありませんでした。決してマイラーというわけではないのかもしれませんが、初めての距離でもしっかりと対応してくれたように、やはり能力の高い馬ですね」(ムーア騎手)


「ゴール前で寄られたこと自体よりも、不利によって後ろから馬が伸びてこなかったことが残念でした。もしもう少し早めに外から併せてくる馬がいたら、こちらももうひと伸びできたはずですからね…。ただ、輸送で体を減らさずにレースに臨めましたし、久々でもきちんと態勢を整えられましたから、収穫も多いレースだったと思います。この後については、まずはしっかり馬の状態を確認してから考えていきます」(堀師)



なるほど、後ろから競ってくる馬がいなくて伸び切れなかったという分析もあるのか・・・

しかし、確かに収穫の多いレースでした。
マイル戦が始めてだったにも関わらずG1を3着に粘った事は、素直に喜びたいと思います。




サンディークスは引退してしまいましたが、今日は概ね良い結果だったと思います。
頑張ってくれました。



ひとまずは良しとします。





馬券








  1. 2016/11/20(日) 19:04:38|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11/20は3頭の愛馬が出走します。

ネオリアリズム口取り


ネオリアリズムが、マイルチャンピオンシップに出走します。
6番人気で、単勝は10倍前後でしょうか。

鞍上は、札幌記念はルメール騎手でしたが、今回はムーア騎手で出走します。


本当に楽しみです。



G1に出走するという事は、一口馬主を10年やっていてもまだ新鮮で嬉しいものがあります。

また、記念の出走ではなく多少の色気を持って出走するとなると、
楽しさは何ともいえないものがあります。


ネオリアリズムは決して順風満帆な競走馬ではありませんでした。
OCDの手術が出資決定から数日で決まった時は蒼ざめました。



デビュー戦は感冒で取り消しになりました。


再デビュー戦は落馬の影響を受けラチにぶつけてしまい13着という結果のデビュー。


津村騎手と戸崎騎手叩き合いで負けた中山の未勝利戦は、騎手の重要性を再確認しました。
個人的には藤田伸二騎手の、騎手の腕は関係ないなんていう意見は僕は否定します。
かなり重要です。




そして、今回はライアン・ムーア騎手が騎乗してくれます。



これほど心強いものはありません。


明日は、単勝と複勝のみを買って応援します。








また、福島の500万下でサンディークスが藤懸騎手、東京ではディアデルレイが内田騎手で出走します。


サンディークスは、もう走ってくれるだけで嬉しいので期待はあまりしていません。

ディアデルレイは可能性はある馬なので、何とか・・・何とか勝って欲しいですね。


ディアデルレイとネオリアリズムは同期です。



2頭とも頑張って欲しい。



  1. 2016/11/19(土) 20:03:30|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト