お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、東京サラブレッドクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
152位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

出資馬

2011年出資馬
レッドレイヴン (牡)
2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
ネオリアリズム(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
サンディークス(牡)
グリューヴァイン(牝)
ブライトエンブレム(牡)
モルジアナ(牝)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
ゼーヴィント(牡)
2015年出資馬
ヴェリタブル(牝)
ゴレアーダ(牝)
マルムーティエ(牝)
レクセル(牝)
インペリオアスール(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
※中央のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

セントライト記念・・・ゼーヴィントは2着。グリューヴァインは500万下突破!!


ゼーヴィント1

ゼーヴィントがセントライト記念に出走しました。


セントライト記念には、結構思い入れがありまして、初めて重賞に愛馬が出走したのもセントライト記念です。
あの時は、ナカヤマフェスタが勝った第63回のセントライト記念で、パラディーゾというダンスインザダーク産駒が挑戦しました。
14番人気で12着というホロ苦い経験でしたが、とても興奮した事を昨日のように思い出します。


しかし、その後、パラディーゾは屈腱炎で引退・・・。



ゼーヴィント2


2回目は、昨年のブライトエンブレム。


今回と同じ2番人気で挑みましたが、結果は10着でした。
皐月賞後に爪を傷めて、その復帰戦でした。

今思えば、この大敗からこのお馬さんの歯車が狂ってしまいました。
そのまま菊にいって不利を受けてまた大敗し、中山金杯でも大敗・・・そして、新味を出そうとブリリアントSでダートに挑戦して屈腱炎・・・



僕にとっては、あまり相性が良いとは言えないレースですが、僕以外の推定499人の他のオーナーの運に賭けるように祈りました(笑)







ゼーヴィント3




ディーマジェスティは貫禄ある姿で周回していましたが、ゼーヴィントは相変わらず煩い仕草でパドックを周回。
発汗も目立ちます。

ディーマジェスティに比べてトモが薄い作りになっているゼーヴィントですが、
プリンシパルSに比べても、遜色はない感じでした。






ゼーヴィント4



名手・戸崎騎手を背に、第70回セントライト記念に挑みます。

スタートは出遅れる事無く、良いスタートでした。






ゼーヴィント41




ゆったりと、気持ち良さそうに走っています。


この時点で、昨年のブライトエンブレムよりは良い結果になると確信。



レース前に、予想家や競馬評論家から危険な人気馬の烙印を押されていましたが、
何とか頑張ってくれそうです。







ゼーヴィント5



道中は4番手を追走して、直線に入りました。



後方から、皐月賞馬のディーマジェスティとプロディガルサンが猛然と追い上げて来ました。





ゼーヴィント7



一時は、先頭に踊りでましたが、流石G1馬のディーマジェスティがあっさり抜き去って行きました・・・



しかし・・・


そこから、ゼーヴィントが喰らいつきます。





ゼーヴィント8





突き放される事なく、内から戸崎騎手の激に応えて粘ります。




この時の僕の思いは本当に何とも言えない感動と激情がぐちゃぐちゃになって、カメラどころではなく、
「戸崎!!戸崎!!」


と、絶叫するばかり。








結果は、そのまま2着でしたが、本当に頑張ってくれました。





3回目の挑戦にして、初めて馬券に絡みました。



菊花賞の権利は取りましたが、木村調教師としては、3000mへの適正は疑問を持っていて、
白紙との事。





盾に行くのか、菊にいくのか・・・それともひとまずは重賞を取りにいくのか全く解りませんが、
よくぞここまで頑張ってくれました。



余りものに福がある・・・




しばらく様子見ができたゼーヴィント。





本当にありがとう!!












9/17、グリューヴァインが500万下を突破してくれました。
今後は1000万下での戦いになります。


力をつけて、4勝目に向けて頑張って欲しいですね。







スポンサーサイト
  1. 2016/09/18(日) 21:34:30|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016年、キャロットクラブの出資馬決定

ピンクアリエス15-4

まずは、抽選の対象にすらならなかったピンクアリエスの2015。
これは、一般でもとれましたね。
・・・というか、愛馬の仔でなければ出資の対象にもならなかったと思います。

馬体重:396kg 体高:153.0cm 胸囲:176.0cm 管囲:19.1cm 
予定育成牧場:NF空港

ツアーの段階では馬体重は406キロ。父はディープブリランテ。荒川厩舎へ預託予定。
募集金額は1200万円ですから、1口3万円。


強調できる材料は、母の血からキングカメハメハ。父からディープの血を引いています。
なんとか血統にニックスが起きないか願っています(笑)




マルティンスターク15-2

そして、マルティンスタークの2015ですね。母優先だけのカードで問題なく当選していた模様。
来年の参考にしようと思いますが、母優先+最優先カードという過剰に投票していた為、問題なく当選。
しかし、今回はこの仔への出資が最大のミッションと思っていたので後悔はしていません。
他のお馬さんへの一般投票は死票になってしまったのですが、全力で良いでしょう。
しかし、シルクへの予算が余ってしまいました。
あっちは、実績はないと同様なので、残りの200口を争うようですが、新規にやさしそうなのでちょっと厳しいですね。
シルクでは抽選に1度も1頭も通った事はありません(笑)
ただ、あそこはまだ残り物に福があるクラブなので微妙ですけれど(笑)


馬体重:459kg 体高:157.5cm 胸囲:176.5cm 管囲:19.9cm 
予定育成牧場:NF空港


9/7に6日にNF空港へ移動しているようです。また、ツアー時には体重は480キロになっていました。
これから成長してもらって、僕をクラシックに連れて行って欲しいなー・・・と妄想が広がります。




以上2頭でキャロットは決定!
今年は、一般への投票は母優先があるところに持っていくの正解だったみたいですね。



  1. 2016/09/14(水) 18:56:13|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モルジアナを応援してきました。inながつきステークス

モルジアナ1

ひさしぶりに、関東にJRAの競馬が戻って来ました。
土曜日のアドヴェントスのレースにも応援に行きたかったがけれど、残念ながら仕事だったので行けず。
あのレースは惜しいレースでした。
あの状態で、アタマ差まで持っていけるのであれば、リフレッシュして、府中で再度結果を出して欲しいです。




モルジアナ2


さて、モルジアナですが、+2キロで久しぶりに姿をみせてくれました。
少し緩い筋肉に見えましたがモルジアナなりに大丈夫なような雰囲気はありました。







モルジアナ3



鞍上は先週から復帰した北村宏騎手。
まだ少し、レース勘が戻ってないような印象ですが、是非とも頑張って欲しいと思って見ていました。






モルジアナ4



レースは少し、出遅れ気味でしたがするすると内から追走して6番手くらいを確保。
直線に入って、外に上手く出してくれたのていつもならここからぐっと伸びるはずなんだけど、
後方からスマートアヴァロンが物凄い勢いで猛追して来て、捉えられたときには「あれ?」と思いました。
結局、前で逃げていたシャトーウインドも捉えられず3着でフィニッシュ。

伸びてないわけではないのです。
最後はいっぱいいっぱい一生懸命走って3着。
本当に頑張りました。


ブラットストーンSと同じパターンで次こそは勝ってOPに戻ろう!

と思ったのですが、

翌日、肺出血が原因の鼻出血を発症で10/11まで出走停止処分に・・・


症状によっては数多くのお馬さんが引退しているので、引退も覚悟しました。



しかし、どうやらじっくり休ませて、治療をして現役を続行すうようです。
完治をするものかどうかは解りませんが、もう1回走って、悪化しているようですと、覚悟が必要かも知れません。








とても、素晴らしいお馬さんだったので残念。


キャロットですと母優先がありますが、シルクは実績制です。
引退してしまうと、その仔への出資は難しいかも知れません。





もし、叶うならば、元気なモルジアナがまた問題なく走る姿をもう少しみたいものです。







追記
モルジアナに骨折が判明しました。
左前脚・・・左橈側手根骨骨折・・・全治6ヶ月
右前脚・・・右橈骨遠位端にも微妙な影・・・全治3ヶ月



復帰は5歳の初夏でしょうかね・・・。



クラブ規定の引退まで、それほど時間はないことになります。
さて、どうなるのでしょうか・・・。


  1. 2016/09/14(水) 14:08:55|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャロットツアー2016・・・マルティンスターク15とピンクアリエス15

ピンクアリエス15
ピンクアリエス15
荒川義之厩舎
ディープブリランテ産駒の牝馬
体高153.0 胸囲176.0 管囲19.1 体重396
※ツアーの時点では406キロと少し増えていました。
人気にはならないようなのですが、母優先でポチりました。
まあ、1つ勝ってくれたら御の字ですね。




ピンクアリエス15-2
ツアー中は大人しかったですね。





ピンクアリエス15-3
牧場では、瞬発力があるとリップサービスがありました。






ピンクアリエス15-4
移動までに時間はかかると思いますが、1勝を目指して頑張って欲しいですね。







マルティンスターク15-4
マルティンスターク15
木村哲也厩舎
オルフェーヴル産駒の牡馬
体高157.5 胸囲176.5 管囲19.9 体重459
※ツアー時では480キロほどになっていました。
近く移動して馴致を始めるようです。
票が割れているので、母優先だけで大丈夫な気もしましたが、最優先+母優先のカードを切って万全の体制でポチりました。
この仔でクラシックに出てみたいですね。




マルティンスターク15-3
木村厩舎とも、相性は悪くありませんがやはり騎手の起用は堀厩舎に比べるとレベルは落ちるし、馬の判断も甘いです。
天栄の場長さんも「普通に良い馬」と言っていました。
・・・クルソラは化け物の可能性があると絶賛してましたが・・・。





マルティンスターク15-2
他にも一般で申込みをしましたが、この2頭が取れたら充分。
後は、シルクで補強・・・できたらいいなー。


シルクはもう欲しいお馬さんとれなかったらこの2頭だけで良いかなとも思っています。




お疲れ様でした。
  1. 2016/09/07(水) 14:45:28|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャロットツアー2016その4

ヴァンドノワール15
ヴァンドノワール15
手塚貴久厩舎
ダイワメジャー産駒の牝馬
体高156.0 体高181.0 管囲20.2 体重478
※母高齢でしが、父、馬体よし。





イルーシヴウェーヴ15
イルーシヴウェーヴ15
堀宣行厩舎
ディープインパクト産駒の牝馬
体高151.0 胸囲170.5 管囲19.1 体重407
※少し華奢でした。厩舎は最高、しかし予算オーバー。




アドマイヤフッキー15
アドマイヤフッキー15
宗像義忠厩舎
ロードカナロア産駒の牝馬
体高152.5 胸囲170.5 管囲19.4 体重460
※トキオリアリティー一族ですし、父ロードカナロアと実馬をみるまでは興味深々でしたが、あまりにも繋ぎが立ちすぎていて候補から落選。





アドマイヤキラメキ15
アドマイヤキラメキ15
高野友和厩舎
ディープインパクト産駒の牝馬
体高155.5 胸囲175.0 管囲19.7 体重421
※ディープは高いなぁ・・・。






TeddysPromise15
Teddys Promise15
池添学厩舎 
レモン ドロップ キッド産駒の牝馬
体高156.5 胸囲169.5 管囲19.5 体重414
※父は優秀そうだけど、まだ小さい。



カドリーユ15
カドリーユ15
田中剛厩舎
ダノンシャンティ産駒
体高159.0 胸囲182.0 管囲19.4 体重465
※ダノンシャンティは注目しているが・・・






エレンウィルモット15
エレンウィルモット
中川公正成厩舎
ハーツクライ産駒の牝馬
体高148.5 胸囲172.0 管囲18.7 体重403
※管囲が小さい。





オーベルゲイト15
オーベルゲイト15
スズカマンボ産駒の牝馬
体高151.0 胸囲176.5 管囲18.8 体重435
※管囲が小さい。





ヴィートマルシェ15
ヴィートマルシェ15
堀宣行厩舎
ロードカナロア産駒の牝馬
体高155.5 胸囲178.5 管囲19.9 体重444
※おそらく1番人気。





ヴィアンローズ15
ヴィアンローズ15
古賀慎明厩舎
ディープブリランテ産駒の牝馬
体高152.0 胸囲172.5 管囲19.6 体重404
※高い産駒実績を持つ母の仔





シーズンズベスト15
シーンズベスト15
鹿戸雄一厩舎
クロフネ産駒の牝馬
体高154.0 胸囲184.5 管囲19.5 体重449
※バランスは良いね。




シーザリオ15
シーザリオ15
角井勝彦厩舎
ロードカナロア産駒の牝馬
体高155.0 胸囲177.5 管囲19.3 体重453
※写真映りが悪い・・・。まだちょっと背が低いですね。





ココシュニック15
ココシュニック15
藤原英昭厩舎
ディープインパクト産駒の牝馬
体高154.5 胸囲171.0 管囲19.5 体重391
※まだ小さい。





クロストウショウ15
クロストウショウ15
奥平雅士厩舎
ヘニーヒューズ産駒の牝馬
体高151.0 胸囲177.0 管囲19.4 体重464
※安いが・・・





クリソプレーズ
クリソプレーズ15
久保田貴志厩舎
ディープインパクト産駒の牝馬
体高157.5 胸囲176.0 管囲20.0 体重406
※キャロの看板繁殖牝馬の仔





ビアンカシェボシ15
ビアンカシェボン15
浜田多美雄厩舎
ロードカナロアの牝馬
体高152.0 胸囲175.0 管囲19.5 体重442
※ロードカナロアの仔はいいのだけど・・・





ディアデラノビア15のコピー
ディアデラノビア15
国枝栄厩舎
キングカメハメハ産駒の牝馬
体高152.5 胸囲170.5 管囲19.3 体重403
※ちょっと高くて手がでない。




スウェアトウショウ15
スウェアトウショウ15
牧浦充徳厩舎
ジャングルポケット産駒の牝馬
体高150.5 胸囲164.0管囲18.1 体重388
※小さい。







シャラントレディ15
シャラントレディ15
矢野英一厩舎
ハービンジャー産駒の牝馬
体高153.0 胸囲184.5 管囲19.4 体重421
※馬体は好馬体。





シェルズレイ15
シェルズレイ15
国枝栄厩舎
キンシャサノキセキ産駒の牝馬
体高152.0 胸囲171.5 管囲19.9 体重444
※厩舎が・・・




ベネヴェント15
ベネヴェント15
渡辺薫彦厩舎
キンシャサノキセキ産駒の牝馬
体高150.5 胸囲173.0 管囲19.1 体重452
※あまり印象なし。





ブルーメンブラッド15
ブルーメンブラット15
石坂正厩舎
キングカメハメハ産駒の牝馬
体高152.0 胸囲175.5 管囲19.0 体重444
※そろそろ活躍馬が出て良い母ですが・・・





フェルミオン15
フェルミオン15
黒岩陽一厩舎
ノヴェリスト産駒おメス
体高150.0 胸囲170.0 管囲18.6 体重420
※特に興味なし




ファーストチェア15
ファーストチェア15
小島茂之厩舎
ホワイトマズルの牝馬
体高159.0 胸囲182.0 管囲19.4 体重463
※ホワイトマズル産駒は興味ある。




ピンクパピヨン15
ピンクパピヨン15
木村哲也厩舎
キングカメハメハ産駒の牝馬
体高153.5 胸囲174.5 管囲19.7 体重445
※貴重なキンカメ産駒





レースウイング15
レースウイング15
牧田和弥厩舎
ヘニーヒューズ産駒の牝馬
体高153.5 胸囲174.5 管囲19.7 体重445
※誕生日が同じ




リーチコンセンサス15
リーチコンセンサス15
友道康夫厩舎
キングカメハメハ産駒の牝馬
体高155.5 胸囲172.0 管囲20.0 体重452
※よさそうだけど・・・





ミスティークⅡ15
ミスティークⅡ15
伊藤大士厩舎
マンハンタンカフェ産駒
体高157.5 胸囲186.0 管囲19.4 体重457
※マンカフェ産駒は早い時期から使えそう。





マイティースルー15
マイティスルー15
大和田成厩舎
ヴィクトワールピサ産駒
体高164.5 胸囲178.0 管囲21.5 体重462
※今年はピサ産駒は少ないね。






ペルレンケッテ15
ペルレンケッテ15
尾形和幸厩舎
ノヴェリスト産駒の牝馬
体高148.5 胸囲173.5 管囲19.0 体重404
※母父ディープ







これで打ち止め。
マルティンとピンクアリエスは別スレで。



























  1. 2016/09/07(水) 14:29:44|
  2. 1口馬主
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト