FC2ブログ
         

お馬さんがいっぱい

キャロットクラブ、シルクホースクラブで一口馬主を楽しんでます。愛馬の応援とイラストを中心としたブログです。

お馬さんのカウンター

プロフィール

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

販売してます!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
154位
アクセスランキングを見る>>

「ROUNDERS」(ラウンダーズ)

もんぺ

Author:もんぺ
キャロットクラブと東京サラブレットクラブそしてシルクホースクラブで一口馬主を楽しんでいます。

※ブログ中のイラストは、営利目的でなければモンペが描いている事を明記してくれるのであれば、2次使用を許可しています。メールでの一報でもかまいません。

「ROUNDERS」(ラウンダーズ) という新しい競馬雑誌で、少しだけですが、イラストを描かせていただきました。

本文中の「キャロットクラブの画像、文言」、「東京サラブレットクラブの画像、文言」「シルクホースクラブの画像、文言」は全て許可を頂き転載させていただてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

出資馬

2012年出資馬
ディアデルレイ(牡)
2013年出資馬
レアリスタ(牡)
2014年出資馬
アドヴェントス(牝)
2015年出資馬
インペリオアスール(牡)
2016年出資馬
ショーンガウアー(牡)
メサルティム(牝)
キングスバリュー(牡)
2017年出資馬
シハーブ(牡)
ウィクトーリア(牝)
エンクレーバー(牡)
アディクション(牝)
プラネットエー(牝)
2018年出資馬
マルティンスターク17(牡)
引退馬
マルティンスターク29戦4勝
アーリーレナ(未出走)
セレスチャルローブ2戦0勝
インデゴライト14戦0勝
パラディーソ4戦1勝
レティセラ14戦0勝
ベッロカリーノ10戦0勝
グロッタアズーラ6戦0勝(ドンフォルテスの母)
ピンクアリエス6戦0勝
アパレシーダ2戦0勝
エポキシ8戦0勝
チャイナキッス8戦0勝
インパクトゲーム12戦1勝
ミニョネット13戦0勝
レッドウォーリア8戦0勝
ジェイポップ10戦0勝
レッドディヴェル4戦0勝
サンディークス14戦1勝
マルムーティエ8戦0勝
ヴェリタブル5戦0勝
ゴレアーダ5戦0勝
レクセル6戦0勝
ウルトラブレント16(募集取下)
グリューヴァイン23戦3勝
モルジアナ17戦4勝
レッドレイヴン28戦6勝
ブライトエンブレム14戦2勝
札幌2歳S優勝(G3)
ゼーヴィント13戦4勝
ラジオNIKKI賞優勝(G3)
七夕賞優勝(G3)
ネオリアリズム22戦8勝
札幌記念(G2)
中山記念(G2)
クイーンエリザベス2世C(香港・G1)
※中央所属のみの戦績です

お馬さんのブログジャンキー

お馬さんについて、まったりと語ったり、熱く語ったりしてます。時々競馬の予想をしています。中央・地方問いません。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

気になる商品です!

ディアデルレイが走った!!

ディアデルレイ2
写真ははるか昔のディアデルレイ。


今日は、船橋競馬場で報知グランプリカップにディアデルレイが出走しました。
約1年も中々勝てず、大敗を続けていましたが、
今日のレースでは的場騎手のシュテルングランツのハナ争いに勝ち、果敢にハナを主張。
直線向いても、手応えをしっかり残していて・・・

もしかしたら、勝つかも・・・と思わせてくれると思いましたが、最内からダービランスが突き抜けて優勝。

しかし、ディアデルレイもハセノパイロとの壮絶な2着争いを制して2着と健闘してくれました。


最後まで、走りきったディアデルレイは久しぶりでした。


個人的にかなり追い詰められていたので、本当に救われました。



がんばりました。ディアデルレイ。
スポンサーサイト
  1. 2019/02/20(水) 21:33:15|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キングスバリューは5着でした。

キングスバリュー1

1月6日は、キングスバリューが中山ダ1800mに出走しました。
O.マーフィー効果なのか前走14着にもかかわらず2番人気。

パドックではやっぱりグビグビ言っていて、これはディアデルレイもそうでしたが、脆いときは本当に脆いので大敗もするお馬さんと認識しています。

今回、大敗するとちょっと長引くかな・・・
と覚悟していましたが、なんとか5着を確保してくれました。
前々走も5着だったので、1000万下でも戦える下地はできつつあるとは思います。

ディアデルレイという父が同じお馬さんで似たような特徴がでているお馬さんを経験しているので、
悲観はしてません。


覚醒してくれるまで気長に待ちたいと思います。

きっと、オープンまで行ってくれるはず。
充実の4歳で成長して欲しいと思います。


  1. 2019/01/10(木) 12:58:45|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年初戦でエンクレーバーが優勝してくれました。

エングレーバー

栗東所属のエングレーバーが中山競馬場に遠征してきてくれました。
福寿草特別も少数頭のレースでしたが、確実に勝ちにいけるレースとして中山の芝2000mの平場のレースを司令官である中内田先生が決断しました。
一口仲間の間ではわざわざ遠征する必要があるのか?
と囁かれましたが、中内田先生のジャッジでは確実にこちらの方がレベルが低いと決断。
この時期の2勝目はクラシックへのキップへと直結するので慎重に選んだようです。



エングレーバー01


ただし、こちらにもラストヌードルという新馬戦を後ろからゴボウ抜きして優勝した素質馬や、未勝利戦を快勝してきたプランドラーやエスポワールといった骨っぽいお馬さんとの対戦となり、楽観は出来ません。

+6キロでしたが毛艶は良く、お尻も丸みを帯びていても筋肉はしっかち纏っていて、なかなか良い仕上がりに見えました。



エングレーバー02



人気は5番人気。
後に、藤岡騎手がこんなに人気が無いんだ・・・
と思ったそうです。

藤岡騎手と言えば、姉のグリューヴァインで3勝を挙げてくれた功労者。
この弟でも結果を出して欲しいと思っていました。



エングレーバー03


マルティンスタークの仔として、ツアーでみた時は覇気がない仔だな・・・
と思っていましたが、なかなかイケメンに育って凛々しくなったものです。
ツアーで、兄のショーンガウアーの方が良く見えるとキャロットの社員さんに言われたのは良い思いでです。
ちなみに兄ショーンガウアーはダートで2勝しています。


エングレーバー07


1月5日の中山競馬場は満員の状態で、なかなかパドックでも良い位置が取れませんでした。
また、光のあたりが難しくて、ちょっと黒く写り気味で自分の腕のなさを嘆く写真ばかり・・・



エングレーバー05


そんな中のお気に入りの1枚。
まーまーイケメンに撮れたと思います。


エングレーバー09


レースは、前走では出遅れ気味でしたが、超スローペースだった事に助けられて優勝できましたが、今回は出遅れると厳しい競馬になりそうなメンバーでしたが、ゲート練習はしっかりやってきたみたいで、好スタートを切ってハナも切れそうなポジションから4番手に控えて競馬をしました。


4コーナーで、先頭に並びかけて直線で加速してそのまま押し切って優勝してくれました。




エングレーバー08



ものすごく、声が出てしまいました。



エングレーバー11


この写真も好きです。



エングレーバー12


藤岡騎手、スタッフさん、本当にありがとうございます。
そして、エングレーバーも良く頑張ってくれました。




エングレーバー14


春の時期に2勝・・・無事に行けばクラシックトライアルに向かう事でしょう。
弥生賞は・・・化け物がいるので厳しいと思いますが、
何とか・・・何とか・・・クラシックに連れて行ってください!
お願いします!!



でも、今日は、お疲れ様でした。







  1. 2019/01/05(土) 23:34:38|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネオリアリズム引退、そして豪州で種牡馬に・・・

ネオリアリズム初勝利


ネオリアリズムが引退しました。
夢を見て、夢をかなえてくれたお馬さんでした。


最優先をディアデルレイにして、ワンチャンで一般で応募して見事当選して出資したお馬さんでしたが、
出資確定後の三日後に、OCDで手術という報が発表されておもわずクラブに初めて電話をしてのは本当に良い思いででした。
もんぺ「デビューは出来ますよね?」
スタッフ「一般的には大丈夫です」
という回答だったような気がします。


しかし、体調とか腰の疲れなどウィークポイントは各時期に現れ、思ったところで使えない事が何度もあり、
結局、国内の最後のレース目標だったマイルチャンピオンシップも使う事が出来ませんでした。



デビュー戦は熱発で取り消し、最デビュー戦はノーブルキャロルの故障のあおりを受けて13着に敗退したときは青ざめたものです。


日高特別

それでも、未勝利戦、夏木立賞と連勝して、翌年には500万下のレースと日高特別、ウエルカムSと3勝、
2016年には、最強場モーリスを倒して札幌記念を優勝するという快挙を見せてくれました。



中山記念

そして、2017年。
ネオリアリズムはその競走馬としてのポテンシャルをピークに達します。

中山記念のネオリアリズムは本当に強かった。
現地で応援してましたが、
信じられないものを観たと思いました。





クイーンエリザベス2世C
※写真はキャロットクラブHPより


そして、4月・・・キタサンブラックが天皇賞春を勝った日、
僕は、ネオリアリズムの出走する香港のクイーンエリザベス2世Cに釘付けになっていました。
グリーンチャンネルでも放送してくれました。


そして、その録画は僕が落ち込んでいたときには必ずみる最高のものになりました。



海外G1優勝・・・・

奮えました。



2018年は、ドバイと札幌記念のみの出走・・・・
体調が整わず、また香港からも招待がなくそのまま引退となりました。

そして、3月のオーストラリア遠征も考えていたとのことですが、
そのオーストラリアから種牡馬のオファーが来て引退が決定されました。


2014年の2月のデビューから、本当に楽しませてくれました。


ありがとう、ネオリアリズム・・・
すばらしい競走馬が、ネオリアリズムの仔から出てくることを祈ってます。







  1. 2018/12/27(木) 19:43:25|
  2. 出資馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショーンガウアーが勝ってくれました。

ショーンガウアー1


先週の土曜日、ショーンガウアーが見事優勝してくれました。
スーパー未勝利を勝って、そのあと1戦して敗戦していたのに、圧倒的1番人気に推されての優勝でした。

府中の2100mに対して好走歴はありますが、結局最後に差されているので、
あまり直線が長くない中山の方が合うのかもしれません。

マルティンスタークの仔の優勝は僕にとって本当にうれしく思います。
まだ20代だった頃に始めた一口馬主ですが、その第1世代目でただ1頭勝ちあがって、4勝もしてくれたマルティンスターク。
今年、ついにロードカナロアと交配しています。無事来年に産まれて欲しいです。
そして、できれば、再来年のキャロットクラブに募集して欲しいですね。


ショーンガウアー2


15番枠という、奇数番号の外枠というのはちょっと嫌でしたがビュイック騎手は上手くスタートを切って、
2番手に身を置いてレースを進めました。

逃げるトーセンゼロスはなかなかしぶとくて、
4コーナーのコーナーリングで2馬身放されたときは負けを覚悟しました。


ショーンガウアー3



けれども、懸命に直線でトーセンゼロスを追いかけて、
追い抜いたら加速をして1馬身程度突き放して優勝できました。



ショーンガウアー5



本当に嬉しかった。



さて、クリボッチをなんとか乗り切ろう・・・
今日は、浦和競馬場にプラネットエーの応援に行ってきます。



あ、そうそう今年初めて種付けした仔のお父さんが判明しました。

2018年種付け
マルティンスターク×ロードカナロア
エポキシ×ハービンジャー
ピンクアリエス×トーセンラー
グリューヴァイン×ヘニーヒューズ New
ヴェリタブル×リオンディーズ New
モルジアナ×ダイワメジャー New

もうノーザンFにはいないお馬さん
ミニョネット×ドレフォン
ベッロカリーノ×ノヴェリスト
セレスチャルローブ×ホッコータルマエ
グロッタアズーラ×ヘニーヒューズ


ヴェリタヴルとリオンディーズは是非キャロットクラブで募集して欲しいです。
モルジアナはシルクでしょうから、出資は難しいかな。
グリューヴァインも無事にお母さんになれました。マルティンスターク→グリューヴァインと続くサイアーラインで出資できたら本当に嬉しいな。結局、マルティンスタークは、グリューヴァイン、マルムイーティエ以来すっと男の子が続いていて、マルムーティエは地方で走っているので繁殖にもし上がってもキャロットにはもどってこないからグリューヴァインからまた後継牝馬が出て欲しいです。









  1. 2018/12/24(月) 04:30:06|
  2. 競馬観戦日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト